パドルシフトとは!後付けはできる?搭載車種を一挙紹介!

パドルシフトは、少し前まではスポーツ走行を楽しむ高級車に装備されることが多かったですが、近年、ミニバンや軽自動車にも装備されるようになって、普及が加速しています。

果たしてパドルシフトとはどんな装備なのでしょうか?この記事ではパドルシフトについて紹介します。

目次

パドルシフトとは?

マニュアルモードが付いたオートマチックトランスミッション車は通常、自動的に変速が行われますが、マニュアルモードにすると、運転手の意のままに変速を行うことができます。

パドルシフトは、マニュアルモードにおいてシフトを操作するための装備。

パドルシフトはどこに付いているの?操作する方法は?

パドルシフトは、ステアリングハンドルのスポーク周辺に装着されていることが多いです。ここではスバルのある車種のパドルシフトを例にとって操作方法について紹介します。

通常はセレクトレバーをDからMへ移動させ、まずマニュアルモードにします。

ステアリングホイールのスポーク周辺に2つ付いているパドルシフトのうち、右側のパドルシフトはシフトをアップさせる機能があります。一方、左側のパドルシフトはシフトをダウンさせる機能があります。

実際の操作方法は、右側のパドルシフトを手前に引くと1速上のギヤに変速することができます。
左側のパドルシフトを手前に引くと、1速下のギヤに変速することができます。

ただ、エンジンの回転数がレッドゾーン付近ではシフトダウンの操作はできなかったり、自動でシフトアップしてしまったりすることがあります。また、車速が低い場合にシフトアップできなかったり、停車すると1速になってしまったりします。

Dで走行していても、パドルシフトを使い変速すると、一時的ではありますが、マニュアルモードになり、少し経つとDに復帰する機能があります。

更にマニュアルモードでブレーキを踏んだ状態のまま、パドルシフトレバーで2速にすると、滑りやすい道路でも安心して発進することができます。

市街地走行で役立つパドルシフトの操作方法について

当たり前ですが、市街地を走行していると、右折や左折する自動車や道路を横断する人などに進路を塞がれて、ブレーキペダルを踏んで減速しなければならないことは、日常茶飯事。

そんな時に、パドルシフトを操作しシフトダウンすることで、エンジンブレーキを使って減速すれば、ブレーキペダルを踏む頻度が少なくなります。

セレクトレバーがフロアにあると、瞬時に変わる道路の状況に対応することが難しいことがありますので、手元で簡単にシフトチェンジできるバドルシフトがとても便利。

ちなみに走行中、ブレーキを踏まなくてもアクセルを戻しただけで車が減速する現象を体験してことがあるとは思いますが、それがエンジンブレーキ。場合にもよりますが、エンジンブレーキをしっかり効かせるためには、走行しているギヤより、ギヤを落とす必要があります。

また、混雑するバイパスを走行中に、車間距離を一定に保つためにブレーキペダルをこまめに踏んでしまうと、後続車に不安を与えることがあります。

そんな時にフットブレーキを使わずに、パドルシフトを操作してエンジンブレーキを使うことにより微妙に速度を変えて、車間距離を一定に保つこともできるので、簡単で便利です。

高速道路で役立つパドルシフトの操作方法について

高速道路で走行していると遭遇することがあるのは、だらだらと続く下り坂。

そういった下り坂を平坦路と同様に走行していると、前走車との車間距離が縮まってしまい、あわててフットブレーキを踏んで減速することがあるかもしれません。

ご存じだとは思いますが、フットブレーキを使い過ぎると、ペーパーロックやフェード現象が発生して、ブレーキの効きが悪くなり危険。フェード現象は、フットブレーキを使い過ぎてブレーキパッドか過熱して、摩擦係数が下がってしまい、ブレーキの効きが悪くなってしまうことです。

一方、自動車のブレーキは、液体のブレーキフルードを介して作動しますので、このフェード現象が発生することで、その熱がブレーキフルードにまで伝わって沸騰してしまうと気泡が発生することがあります。

この気泡によってフットブレーキを踏んでもブレーキパッドに力が上手く伝わらなくなってしまう現象がベーパ―ロックといわれています。

こういったことにならないように、だらだら続く下り道はエンジンブレーキを使って、速度を落とすのがセオリーですが、フロアにあるセレクトレバーを使ってシフトダウンするより、パドルシフトを使ったほうが、ハンドルから手を離さなくて済むので、簡単で便利。

ただ、急激に速度を落すことは、後続車にとっては非常に危険なので、あくまで前走者車との車間距離を保ったり、速度超過の恐れがあったりする時にだけ使用してください。

ワインディングロードで楽しむパドルシフトの操作方法について

ワインディングロードでは、アクセル、ブレーキ、ステアリングホイールを頻繁に操作するため、オートマッチックトランスミッション車なら、Dなどに入れたまま走行したほうが楽に走行することができます。

ただ、路面のアップダウンが激しかったりすると、どうしてもDに入れっぱなしだと、自分のフィーリングと合わないシーンに遭遇することはあります。

そんな時は、ステアリングホイールから手を離さずにシフトチェンジができるパドルシフトを使うと便利です。

マニュアルシフトと同様にパドルシフトでシフトの選択をミスするとDにいれたまで走るより、遅くなってしまうことがあるので、腕の見せ所であることは確かです。

パドルシフトのメリットについて

パドルシフトのメリットについて紹介します。

  • パドルシフトがあると、ステアリングホイールから手を離さずにシフトの操作が可能になりますので、運転手がハンドル操作に集中できたり、楽に運転できたりします
  • エンジンブレーキを使うと、エンジン回転数によっては燃料がカットされます。このため、パドルシフトを使い、頻繁にエンジンブレーキを使うことにより燃費の向上が期待されます
  • エンジンブレーキを有効に使うことによってフットブレーキを踏む頻度が減れば、ブレーキパッドの摩耗が減って長持ちすると同時に、ブレーキパッドのダストが減って、ホイールの汚れも少なくなります

パドルシフトのデメリットについて

パドルシフトのデメリットについて紹介します。

  • パドルシフトの取り付け位置の調整はできない場合が多いので、パドルシフトを頻繁に使おうとすると、ステアリングホイールの握る位置が限られてしまいます。ハンドルを握る位置が限られていると、人によっては無理な姿勢になることがあり、違和感があるかもしれません
  • 運転手の手の大きさや指の長さによっては、パドルシフトが扱いづらいと感じることもあります

パドルシフトを搭載する車種を一気に公開

スバルのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • BRZ
  • WRX S4
  • インプレッサ
  • XV
  • フォレスター
  • EXIGA CROSSOVER 7
  • レヴォーグ

トヨタのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • ピクシス ジョイ
  • 86
  • ヴィッツ
  • クラウンアスリート
  • アベンシス
  • マークX

レクサスのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • LCシリーズ
  • ISシリーズ
  • RCシリーズ
  • RXシリーズ
  • LSシリーズ
  • NXシリーズ
  • GSシリーズ
  • LXシリーズ
  • CTシリーズ

ホンダのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • ジェイド
  • シビック
  • グレイス
  • フィット
  • レジェンド
  • N-ONE
  • S660
  • ステップワゴン
  • N-WGN
  • N-BOX
  • オデッセイ
  • NSX
  • ヴェゼル
  • シャトル

三菱のパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • RVR
  • エクリプス クロス
  • デリカD:5
  • アウトランダー

スズキのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • エスクード
  • クロスビー
  • スイフト
  • ハスラー
  • バレーノ
  • イグニス
  • ワゴンRスティングレー
  • スペーシア
  • アルト
  • SX4 S-CROSS

ダイハツのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • キャストスポーツ
  • コペン

メルセデスベンツのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • A-CLASS
  • B-CLASS
  • CLA
  • CLA Shooting Brake
  • GLA
  • C-CLASS Sedan
  • C-CLASS Wagon
  • C-CLASS Coupé
  • C-CLASS Cabriolet
  • E-CLASS Sedan
  • E-CLASS Wagon
  • E-CLASS Coupé
  • E-CLASS CABRIOLET
  • CLS
  • CLS Shooting Brake
  • S-CLASS
  • S-CLASS Coupé
  • S-CLASS Cabriolet
  • SLC
  • SL
  • GLC
  • GLC Coupé
  • GLE Coupé
  • GLE
  • GLS
  • V-CLASS
  • GT

BMWのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • 1シリーズ
  • 2シリーズ
  • 3シリーズ
  • 4シリーズ
  • 5シリーズ
  • 6シリーズ
  • 7シリーズ
  • Xモデル
  • Mモデル
  • i8

アウディのパドルシフト搭載車(タイプ別設定またオプション設定の場合あり)

  • A1
  • A3
  • A4
  • A5
  • A6
  • A7
  • A8
  • TT
  • RS
  • e-tron

パドルシフトの後付けについて

ご紹介したように、様々な車種にパドルシフトは装備されていますが、パドルシフトが装備されていない車種にもパドルシフトを後付けできます。

ただ、パドルシフトの後付けは、オートマチックトランスミッション車の中でもマニュアルモードが付いた車種のみとなっています。 後付けのパドルシフトのメリットは、色々な形状のパドルシフトが選べる事でしょう。

例えば、レクサスIS-FタイプやAMGメルセデスタイプといったパドルシフトもあります。 後付けのパドルシフトは、カーショップやカー用品店などで購入してお店のスタッフさんに取り付けてもらうことが一般的です。

パドルシフト単体は4万円程度から販売されており、ステアリングホイールとセットだと6万円程度から販売されているケースがあり、別途工賃が必要な場合もあります。

ご自分で、通販などで後付けのパドルシフトを購入して取り付けることも可能ですが、ステアリングホイールの脱着が必要な場合は、ステアリングホイールの取り付けナットを適正なトルクで締め付けないとナットがゆるんで危険な場合があったり、エアバックの脱着が必要な場合は、特殊な工具が必要な場合があったりするので、工具や整備に自信がない人はお店のスタッフさんに任せたほうが安心です。

まとめ

これまでパドルシフトについて紹介してきました。

パドルシフトは、オートマチックトランスミッション車であっても、マニュアルトランスミッションに似た走りが楽しめると同時に、ステアリングホイールから手を離さなくもシフト操作ができるので、楽しくて便利な装備。

パドルシフトを使うことによって燃費の向上も期待できるので嬉しいですね。この記事がお役に立てば幸いです。