日産ノート e-POWERのメリット・デメリットを元日産ディーラー営業マンがぶっちゃける!

日産が「電気自動車の全く新しいカタチ」をキャッチフレーズに販売し、好調な販売実績を誇るノート e-POWER。

「電気自動車なのにガソリンエンジンを搭載しているし・・・実際なんなの?」と思っている人も多いはず。

この記事では、元日産ディーラーの営業マンだった筆者がe-POWERの仕組みとそのメリットとデメリットを徹底解説します!

e-POWERの仕組み・特徴

 はじめに、e-POWERってなんなの?と思っている方へ、その仕組みを説明します。

電気自動車「リーフ」との違い

まず、日産が出している電気自動車「リーフ」との比較です。リーフは100%電気自動車を謳っていることもありエンジンが搭載されておらず、車本体からは一切のCO2が排出されません。

いわば環境面に配慮された「究極のエコカー」と呼ばれています。

その反面で電気しか使っていないため充電に気を付けなければならず、自宅でフル充電するためには一晩以上の時間がかかったり、充電ステーションのインフラが少ないため後続可能距離に関する不安材料が課題となっています。

これはテレビや新聞等で報道されているためご存じの方も多いはず。

さらに充電用バッテリーの原料のリチウムイオンは非常に高価で、コストが嵩みます。リーフに搭載されているリチウムイオンバッテリーは、家庭用蓄電池並みの要領を搭載していて、車両価格が高価になっています。

ハイブリッドカーとの違い

 一方、ノートのe-POWERはリーフの持つ充電環境の不安を払拭するために「レンジエクステンダー」と呼ばれるシステムを採用したのです。

そのシステムというのがエンジンを走行用バッテリーへの”発電にのみ”使い、その発電した電気をモーターへ給電し駆動する、というものです。このシステムを採用したことで、リーフのような充電に関する不安要素はなくなりました。

それに加え発電用の燃料(=ガソリン)は入手しやすいため、電池残量が少なくなったら発電してすぐに充電できるという状況が実現できました。これにより搭載するリチウムイオンバッテリーは小さいサイズにすることができます。

この結果、車両価格を抑えることに成功しました。

ちなみに、プリウスを代表とするハイブリッドカーは簡単に言うとエンジン+モーターという双方のいいとこ取りのようなシステムを採用しています。

つまりe-POWERは電気自動車とハイブリッドとも違う構造になっている、ということがわかりますね。

広告

e-POWERのメリットについて

さて、ここからe-POWERのメリットについて解説していきます。

元ディーラー営業の私が思う、e-POWER最大のメリットは「モーターならではの走行性能」です。燃費性能でも先進性でもありません。そんなのぶっちゃけ関係ないです。かなりの偏見かもしれませんが、車の性能は走行性能ひとつで決まる、と私は考えています。

最近の車は「燃費がー」「燃費がー」「低燃費でー」ばっかりで走行性能に言及しているものは一部のスポーツタイプのみ。実につまらない世の中になりました。話がちょっと逸れましたが、ノートのe-POWERは「乗ってて楽しい!」と思える車なのではないでしょうか。

なぜそんなに楽しいのか。それは最初でも話しましたが「モーターの走行性能」にあります。

ノートe-POWERに搭載されているモーターは電気自動車「リーフ」と同じタイプが使われています。最高出力は80kW(109馬力)、最大トルクは254N・m(25.9kg-m)を発生します。

このトルクの数値はガソリン車でいう排気量2500cc~3000ccクラスの車と同等レベルです。それにコンパクトカーの特徴とも言える車両サイズの小ささ・車重の軽さが相まってコンパクトカーとは思えない加速性能を発揮します。

これは同クラスのアクアやフィット、デミオに対して大きく勝っている点です。

ちなみにリーフの車重と比較すると、リーフの売れ筋グレードである30Xが1,460kg。それに対してノートのe-POWER の売れ筋グレードのe-POWER・Xは1,210kg。

リーフと比べるとノートの方が250kg軽い。リーフを試乗したことがある人ならわかると思いますが、リーフでも十分に感じる力強い加速が、リーフよりも軽いノートe-POWERでは一層鋭く感じることができます。

もちろん、加速性能以外にもノートe-POWERには魅力的なポイントがあります。それはボディとサスペンションの補強による走行性能の高さです。

e-POWERのシステムはモーターとバッテリー。これらを積んでいるため重量が増しています。いくらリーフよりも容量の小さい軽いバッテリーを積んでいたとしても車重が重くなり、ノートの標準的なガソリングレードのXの車重が1040kgなので、比較すると170kgも重い。

これは裏話になりますが、ノートはもともとe-POWERを搭載する前提での設計ではありませんでした。

開発時に通常のノートの足回りでe-POWERを搭載したものでテストを重ねていく段階で、に足回りが壊れてしまって常用できるレベルではなかったのだというのです。

そのためそれに合わせたシャシーの補強や足回り部品の補強が必要になり、強化されたサスペンションが搭載されました。それに加えてバッテリーをシート下にレイアウトしたことにより重心が安定。1クラス上と言っても過言ではないくらいの走行性能を実現できたのです。

e-POWERのデメリットについて

ここまでメリットを説明しましたが、この車にはデメリットももちろん存在します。いったい何がデメリットなのか気になる人も多いはずです。

私が思うノートe-POWER最大のデメリット、それはズバリ「価格」です。e-POWERの売れ筋グレードのX e-POWERの車両価格が約196万円。これにナビやETC等を付けて諸費用が入ると250~270万円くらいになります。

それでも燃費がいいから・・・とスーパーチャージャーモデル(以下SCモデル、26.2km/l)ではなくe-POWER(34km/l)を買う方がいます。

カタログ値の燃費差が約8km/L。車両価格の差額が約20万円。それをもとに年間のガソリン代を計算し、何年でガソリン代で車両価格をペイすることができるかを計算してみましょう。

仮に年間1万km走行する方がいたとします。

ガソリン代をリッター140円で計算をしてみると、SCモデルのガソリン代が年間で約53000円、e-POWERのガソリン代が年間で約41000円。差額が約12000円。

これで車両大の差額をペイしようとすると16.6年もかかる計算になるんです。そんなに長い年数車を大事に乗るなら別ですが、実際10年くらいで買い換えると思うんです。それを考慮すると非常にコスパが悪いと思います。燃費を考慮した費用対効果を全く考えないのであれば別ですが・・・。

それと、この話は購入を考えているお客様には絶対に話さないです。

これを話してしまったら売れるものも売れなくなってしまうので。逆にプリウスやアクアなどと競合している場合は非常に有効ですね。コンパクトカーの中では高価な部類に入りますが、それを上回る走行性能とコストパフォーマンスは実現しているので。

でも、もし私がノートを買うのなら、e-POWERではなく多少高くてもスーパーチャージャーモデルのNISMOを買います。

完全に私の好みですが、こっちの方が走行性能高い上にデザインも格好いいですし。実は女性が「普通のノートよりもデザインがかわいい」といってNISMOを購入されるパターンも営業マン時代に多々ありましたね。どうやらNISMOの赤いドアミラーやエアロの赤いラインが女性にウケるようです。

また話が逸れてしまいました。

総括するとノートe-POWERはコンパクトカーというジャンルの中では高価な部類になりますが、それを上回る加速性能やしっかりとした乗り味を実現しています。

内装のチープさやコストカットによる作り込みの荒さもありますが「非常にいい車」だと断言できます。それは2017年の販売台数がものを言っていると思います。元日産の人間が言うのもおかしいですが、いい車です。

このシステムは近日中にミニバンのセレナに搭載され発売されるとのことですので、販売台数がどのように伸びるか、ミニバンのシェアをどのように変えていくか楽しみですね。

広告