派遣社員が自動車ローンを組む時に気をつけたいこと

2015年7月17日

hakencarloan

派遣社員でも自動車ローンは組める
派遣社員でも自動車ローンを組むことが出来ます。やはり車はそれなりに高い値段ですし、自動車ローンを組むとなれば安定している収入が重要となってきます。

その為、正社員として固定給を貰っていなければ審査に合格することが難しいと考える人は多いです。

しかしながら、実際は派遣社員でも自動車ローンを組んで車を購入することが出来るので利用してみると良いです。

審査が不安て思うなら、ローンに申し込む時に借り入れの額を小さくするのがおすすめです。そうすれば、さほど審査が不安て思う必要はなくなります。

何故なら、自動車ローンは金額が大きくなるほど合格することが難しくなり、逆に金額が小さくなるほど合格しやすくなるからです。

派遣社員の場合、収入が不安ていなことが一つのデメリットになってくるので、どうしても審査が不安て思う人はこのような対策を講じて自動車ローンへ申し込みましょう。

また、収入が不安ていなデメリットを解消するポイントとして他社で借金を持っている人はその借金を先に清算しておくようにしましょう。

他社借入を持っていると、それによって合格することが難しくなることがあるので、なるべく借金はない方が良いです。

派遣会社へ連絡をしておくことを忘れずに

hakenrenraku
派遣社員は派遣会社に登録をして仕事をすることになります。

自分の雇用先は派遣会社であり、自動車ローンの申込をする時はローンの申込をしたことを派遣会社に連絡しておくようにしましょう。

どうしてその必要があるのかと言うと、ローンの申込をすると在籍確認があるので、このローン会社からの連絡をしっかりと受けることが出来るように前もって派遣会社にローン会社から連絡があるかもしれないと伝えておきたいところです。

派遣会社というのは本当にいろんな会社があります。

基本的には事務所を構えてそこで電話の受付をしたり登録スタッフの管理をしているわけですが、あまりにもたくさんの登録スタッフがいる場合は担当者によって管理しているスタッフが異なることがありますし、いろんな意味において先に自分の担当者へローンの在籍確認の連絡がありえることを伝えておくに越したことはありません。

もし、ローン会社からの連絡を何かのミスで受けることが出来なくても、その時点ですぐにローン審査が不合格となってしまうわけではないので、なかなか連絡がない場合は自分からローン会社に連絡をして在籍確認はどうなっているのか状況を確認してみると良いです。

広告

派遣社員でも勤続年数は多少重要である

hakennensu勤続年数とはどれだけ勤務先で仕事をしているのかという情報ですが、自動車ローンを組む際に自分の勤続年数が考慮されることがあります。

これは正社員として仕事をしている人だけではなく派遣社員の場合も多少は重要な項目となってくるので覚えておきましょう。

派遣としてどのくらい収入を稼いでいるのかにもよりますが、実際のところは勤続年数よりも重要視されるべき項目が他にたくさんあるので、あまり派遣で自動車ローンを組む時に勤続年数は重要視されません

その理由として一般的に派遣による収入は金額がいくらであろうと契約が終わると仕事がなくなってしまうので収入の安定性は低いとみられています。つまり、勤続年数は若干考慮されますが、それよりも年収や借金の有無などの方が重要と見られることがあるというわけです。

派遣はどんな仕事でも契約期間がありますが、こちらの方が重要だと言えます。長期的な契約で仕事をしている場合、その期間に関しては収入がある程度安定するわけであり、なるべく長期の仕事の契約をしている間に自動車ローンを申し込むようにしましょう。

単発や短期の仕事ではなかなかローン審査に合格することが難しいことがあります。

広告