エンジンオイル点検と交換時期について元整備士が徹底解説

エンジンオイルの点検・交換はメーカーや販売店からその必要性を伝えられながらも「少々過ぎても大丈夫」と放置されることが多いように思います。

しかし、エンジンオイルは走れば走るほど汚れあまり走らなくても水分過多のオイルとなり或いは短距離走行を繰り返すことも高速走行を続けることもオイルの性能を低下させます。そうしたオイルが車の内部を循環することにより不純物だらけのエンジンを生み出し寿命を短くさせていきます。

さらに古いオイルは潤滑性・冷却性などの低下によりエンジンの稼動に負担が増え燃費に悪影響を及ぼすと言われています。エンジンオイルは出来る限り綺麗な状態に保たれていたほうがいいのです。

綺麗な状態を保つにはどのくらいの時期に交換するのが適切か、正しい点検方法をエンジンオイルの仕組み・種類と共に長年、自動車整備士をしていた筆者が分かりやすく説明していきます。

エンジンオイルとは何か?

エンジンオイルの役割は次の5つがあります。

  • 潤滑
  • 密封
  • 冷却
  • 洗浄
  • 防錆

潤滑

エンジンオイルはエンジン下部のオイルパンに入っていてエンジンを始動するとオイルポンプという機械で汲み上げられエンジン内部に流れていきます。

エンジンはピストンの上下動によって各パーツが連動していき動力を得る装置です。

エンジンオイルにはこのピストンや各パーツをスムーズに動かす潤滑の役割があります。エンジンオイルが流れていなければ1秒間に数百~数千回転を行うエンジンの各パーツは金属同士が擦れ磨耗や焼き付けを起こします。

密封

上下動を繰り返すピストンは完全にエンジンに密着している訳ではなくエンジンオイルが間に入り潤滑と共にピストンとエンジン内部にある隙間を密封しています。

エンジンオイルが十分でなければ密封されず隙間から必要な空気が排出されていくことになります。エンジンが古くなればなるほど隙間は広がっているので、とくにエンジンオイルでのケアが必要です。

冷却

さらにエンジンオイルは回転を続けることで高温となった各パーツを冷却する役割を持っています。エンジンオイルは各パーツを流れる際に熱を吸収していきオイルパンに戻り冷却します。

洗浄と防錆

回転を続ける各パーツからは燃焼や磨耗によってスラッジと呼ばれる汚れが発生します。

エンジンオイルはスラッジを吸収し各パーツに留まり固着をしたり動作を阻害するのを防ぐ役割があります。また高温のエンジン内は外気との差によって水分が発生しやすく錆の原因になります。エンジンオイルはこの水分も吸収し錆を防ぐ役割も担っています。

広告

オイル警告灯では手遅れ ― 日常点検の重要性

このように綺麗なエンジンオイルが十分に流れていなければエンジンは磨耗・焼き付け・燃焼不良・錆などを起こしエンジンを破壊していきます。

しかし、走れば走るほどスラッジによりエンジンオイルは汚れていき十分な効果を得ることが出来なくなります。オイルが行き渡っていなければスラッジなどによってエンジンの各パーツが磨耗しそこに隙間が出来ます。

それが原因で燃料とオイルが一緒に燃えてしまう「オイル上がり」が発生しオイル量不足になることもあります。

さらには『あまり走らなければ』内部に水分が溜まり安くエンジンオイルは水分を吸収し不純なオイルとなっていきます。汚れや水分を含んで不純となったエンジンオイルは人間でいうところのドロドロ血液と同じでエンジンの寿命を縮めて行くことになります。

エンジンの寿命を長持ちさせるためには、エンジンオイルの交換は早ければ早いほどいいのです。もし交換時期が遅れるとその時には気付きませんがエンジンは確実に傷みいずれ故障することになるでしょう。

愛車を長持ちさせるにはエンジンオイルを綺麗な状態で且つ適量が入っているか日々チェックすることが重要です。

エンジンオイルが少なくなったことを知らせるオイル警告灯がありますが警告灯が点灯するのはエンジンにエンジンオイルが行き渡らなくなっている時です。その時には確実にエンジンは損傷を受けています。

毎日とはいかなくてもせめて1週間に1度、エンジンオイルの状態を確認しておきましょう。点検は至って簡単です。日頃からボンネットを開くことでマイカーへの愛情も上がりますよ。

正しい点検方法 ― 点検はお出掛け前の15秒で出来る

点検は非常に面倒に感じます。車を見ることに慣れていない方はタイヤの磨耗をチェックするのも億劫に感じますよね?

けれど、習慣になってしまえば煩わしさは感じません。

「今日もチェックして良かった」と達成感を得ることが大事です。そして、エンジンオイルの点検は簡単です。お出かけ前に15秒もあれば終わります。

慣れてしまえば面倒なことなどありません。それでは点検方法を見ていきましょう。

キッチンペーパーを用意して四つ折りにする

ティッシュでもいいですが、手が汚れないためにはキッチンペーパーのほうが良いでしょう。家を出る前に台所から1枚取って行きましょう。

ボンネットを開く

ボンネットの固定方法は車種によって微妙に違いますがしっかりと固定されたか確認して点検に移りましょう。

オイルが垂れないように点検ゲージを抜く

確認するのはエンジンにある黄色の点検ゲージです。

点検ゲージを引き抜くのですがこの時、エンジンオイルが垂れないようにキッチンペーパーで支えながらゆっくりと引き抜きましょう。垂れたら拭けばいいですが油ですので拭いても汚れが目立ってしまいます。もし汚れて気になる人はパーツクリーナーなどで消しましょう。

1度、拭き取る

引き抜いた点検ゲージにはエンジンオイルが付いていますが、1度、拭き取りましょう。

もう一度、差す

エンジンなどに当たらないようにゆっくりと差しましょう。

もう一度抜く

先ほどと同じ手順でもう一度抜きます。抜いた点検ゲージは真っ直ぐ立てたままにしておきましょう。

点検ゲージを確認する

点検ゲージの先端を見てください。写真では解りにくいですが、エンジンオイルが濃く付着している部分があると思います。この付着したオイルがゲージのどの位置にあるかを判断します。

ゲージの一番下の穴(もしくは LOW などと書かれている場合もあります)より下ならオイルが不足しています。

その上の穴(もしくは HI などと書かれている場合もあります)より上では入りすぎです。しかし、これは多少オーバーしていても気にしなくて大丈夫です。かなりオーバーしていたらオイルを抜き取る必要があります。

このように付着しているオイルが穴と穴の間に入っているかをチェックします。

エンジンを始動すると正しい量が解らなくなるので、くれぐれもエンジンを始動していない「お出かけ前」に行いましょう。範囲内に入っていても前回の点検時より極端に量が減っていたら漏れやオイル上がりの可能性もあります。

普段止めている駐車場の車の下側にオイルが垂れていないかも合わせてチェックしてみましょう。

※Xマークが付いているものはマークを手前に向けて差しましょう。

適切な交換時期―メーカー推奨時期ではむしろ遅い!?

ここまでエンジンオイルは綺麗な状態に保つ必要性をお話しました。それではエンジンオイルはどのくらいの時期に交換にいけばいいのでしょうか?

交換時期は車種によって様々でメーカーが推奨する交換時期がそれぞれの車の取り扱い説明書やメンテナンスノートに記載されています。

だいたいの交換時期は次のようになっています。

ガソリン車 1万5,000km または 1年
ガソリンターボ車 5,000km または 6ヶ月
ディーゼル車/ディーゼル(ターボ車) 1万km または 1年

※オイルフィルター(エレメント)はオイル交換2回につき1回交換

しかし、これは「せめてこの時期には変えて欲しい」というもので、これとは別でシビアコンディション(負担の掛かる走り方)での交換時期はこれよりも半分早い時期が推奨されています。

シビアコンディションでは

ガソリン車 7,500km または 6ヶ月
ガソリンターボ車 2,500km または 3ヶ月
ディーゼル車/ディーゼル(ターボ車) 5000km または 6ヶ月

シビアコンディションとは、悪路や坂道の走行が多い場合や短い距離の移動を繰り返したりアイドリングが多いなどです。

しかし、自分がシビアコンディションで走行しているか分かりませんよね。

ですが、なかなか急ブレーキ急加速のない安全運転をしていると自信を持って言える人も少ないと思います(私はそうです)。通常は1万5,000km走った車のエンジンオイルは真っ黒です。つまり、シビアコンディションでの交換時期を目安に考えたほうが車には最適と言えます

エンジンオイルの種類 ― 車種や使用環境での選択

エンジンオイルにはそれぞれ性能の違いがあり「規格」と「粘度」によって分類されています。

高速走行の多い車、エコカーなど車種による違いや寒冷地など気候による違いに合わせて適した性能のオイルを入れなければなりません。これもメーカーによって推奨されたものがあります。

オイルの種類は下の写真のように「5W-40 SN」などと缶に記載されています。

「5W」とは低温時の硬さ=粘度のことで低ければ低いほど柔らかく燃費が良く寒冷地の走行にも耐えられます。「40」は高温時の硬さのことで高ければ高いほど高速走行や高温下に耐えられスポーツカーなどに適しています。

「SN」はベースになっているオイルと規格が表されていて、それぞれに特徴があります。

ハイブリットカーでは「0W-16 SN」のような超低粘度の100%化学合成油などが使われています。

ですが、エコカーであったり寒冷地を中心に走る場合は低い粘度のものがいいですがスポーツカーに低い粘土のものやエコカー向けの規格のものを入れるのはNGです。

ホームセンターなどで購入される際にはあらかじめ行きつけの修理工場やガソリンスタンドあるいは質問サイトなどで自分が普段している運転状況を説明して自分のスタイルに適したエンジンオイルを教えてもらいましょう。

なお、違う種類のエンジンオイルは絶対に混ぜてはいけません。成分の比率が変わり全く別物になって本来の性能を発揮出来なくなるからです。中のオイルを完全に抜いてから新しいオイルを入れましょう。

まとめ

エンジンオイルの管理は煩わしく感じますが、慣れれば愛車を長持ちさせられる簡単なメンテナンスです。

休日に洗車前にでも少しだけエンジンルームを覗いて見てください。するとそこには愛車を自己管理する楽しさが広がっています。

車は決して安くはありません。高価な財産だからこそ愛情を持って接していきたいですね。

広告
ヒロシレス

長年ディーラーで整備士を勤めていたが販売から経営・大手製造現場まで一連の経験を積んだ後フリーライターに転身。現在は自動車・競馬を中心に多方面で執筆活動中