自動車保険の等級を引き継ぎたい!

hokentokyu

自動車保険の等級とは
自動車保険には、自動車を使用する際に法律で契約が義務付けられている「自賠責保険」と、自賠責保険では補償されない部分を保管できる「任意保険」があります。自賠責保険と異なり、任意保険は強制性はありませんが、いざというときのために車を運転する多くの人が加入している保険です。

任意保険は補償も手厚くなっていますので、車を運転するのであれば自分の安心のためにも、万が一、被害者が出た場合のためにも、加入するのをおすすめします。任意で加入する自動車保険には、「ノンフリート等級制度」と呼ばれる、契約者の事故歴に応じて保険料の割引、もしくは割増を適用する制度を導入しています。等級制度は20段階に区分されていて、初めて自動車保険を契約する場合は、一般的に6等級から開始します。

自動車保険を契約してから1年間、保険を使った事故がなければ、次年度の保険を更新する際に、等級が1つ上がります。等級の数字が大きければ大きいほど、割引率が高くなるので、保険料が安くなります。しかし事故などにより自動車保険の保障を使った場合は、次年度は1~3段階下がってしまうので、割引率が低くなってしまい保険料が高くなってしまいます。

等級は家族間で引き継ぎできる

tokyuhikitsugi 任意の自動車保険では、家族間で等級の引き継ぎをすることができます。子供が初めて車を購入したと同時に、親が車を運転をしないことになったという場合には親の等級をそのまま引き継ぎをすることができるので、子供さんが支払う自動車保険料は安く抑えることができます。

ただ家族であっても引き継ぎするためには条件があり、契約者の配偶者、契約者の同居の親族、配偶者の同居の親族など、同居が条件になっています。別居をしている場合は、契約者の親族であっても引き継ぎをすることができません。

ですから将来、子供が独り立ちをする予定があるのであれば、同居をしている間に引き継ぎをすませておくと良いでしょう。引き継ぎをする手順はとても簡単で、自動車保険には通販型と代理店型などがありますが、どちらも家族間で引き継ぎをしたいと担当者に伝えるだけで、手続きは保険会社が行ってくれますので、全く手間がかかりません。

初めて自動車保険を契約するときは6等級から始まると値引き率も低いですから、同居してる家族や親族に現在自動車保険に加入していてもう車に乗らないという人がいるのならば、譲り受けて引き継ぎを行うことのほうが保険料がお得になります。

自動車保険の保険料は会社によって異なる

hokenryokotonaru 任意の自動車保険は、保険会社によって保険料が異なります。契約者の年齢や用途、年間走行距離や車種などの条件が異なっていれば保険料が異なってくるのは当然ですが、実は同じ条件の契約者が保険を申し込んだ場合、保険会社によって保険料が異なってきます。

自動車保険を提供している保険会社には、「通販型」と「代理店型」の2つの種類があります。通販型は店舗を持たずにインターネットなどで保険商品の販売をしています。代理店型は日本全国各地に代理店を構えて販売しています。

補償内容は同じでも、通販型の方が保険料が安く抑えられている傾向にあります。それは、店舗を持たないので家賃や維持費、人件費を削減することができるので、その分、契約者が支払う保険料を安く抑えられることができます。相談や見積り、契約も全て電話やメールでやり取りができるので、店舗に出向いたりする必要がありませんから、忙しい方でも契約しやすいというメリットがあります。

契約書類も簡易になっていて、ペーパーレス化している保険会社もあります。一方の代理店型は、保険について豊富な知識を持つ担当者と対面で相談することができるので、ライフスタイルにあった保険を選ぶアドバイスをしてくれるという魅力があります。通販型と代理店型、どちらもそれぞれメリットがありますから、自分に合った自動車保険を選ぶといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*