自動車パーツ テールランプ取り付け交換に役立つ情報

priustaillamp3

自動車のエクステリア、パーツとしてテールランプやブレーキランプがあります。

クルマの一番後ろにある赤色のランプになりますが、前方車が存在しながら走行をしている時に必ず視界にはいる部分です、このランプの役割は夜間走行に後続車に存在を知らせ追突をなどの事故を事前に防ぐための役割があり、ブレーキランプはクルマがブレーキペダルを踏んだ時に、後続車にブレーキをかけてますよと知らせる目的があります。

このランプが夜間に点灯しているのとしてないのでは、かなりの見え方に差があり、夜間走行で前方車と後続車にとってとても重要なパーツになります。

では、クルマの最後尾に装備されているランプ類はどれだけあるのかご存知でしょうか。

球の交換・修理やカスタムなどもされやすいパーツの一つなので、覚えておくと何かと役にたつと思います。

テールランプ

taillamp11赤色のランプが点灯します。

画像で確認していただけるように、釣り針みたいな形のテールランプが点灯しているのがわかります。

夜間走行では、テールランプが点灯しているおかげで前方、何十メートル先に車が走っていても存在がわかります。

ブレーキランプ

brakelamp11テールランプと一体化されていて、ブレーキペダルと連動してるのでペダルを踏むとブレーキランプが明るく点灯します。

後続車にブレーキを踏んでい居ることを知らせ、追突などの事故を防ぐことができます。

このランプはエンジンが始動してなくてもブレーキペダルを踏むと点灯します、これはバッテリーで光っているからです。

ストップランプ

stoplmap11ブレーキランプ同じ役割をもつストップランプ。

車種によって設置されている位置が異なります。

▶ リヤスポイラー、中心部分に埋め込まれている

▶ リヤウインドウ、内側の中心上部

▶ トランクルーム、中心部分設置

ハイマウントストップランプは視確認性が高いのでわかりやすいです。

バックランプ

正式には「バックアップランプ」と呼びますが、略してバックランプと呼んでます。

車がバックをする時に点灯するランプになります。

ギアをリバースにチェンジをした時点で光、回りにバックをする事を伝える役目と夜間などでは視野の确保にも役立っています。

バックフォグランプ

ヘッドライトのフォグランプと同じ役目で後ろに取り付けらフォグランプです。霧などの視界が悪い走行時に後続車に知られせるために点灯します。

ヘッドライトのフォグランプ

視界が良い時にバックフォグランプを点灯すると、眩しくてとても迷惑な行為になるので極端に視界が悪くないとき以外は、つけないようにしましょう。

リフレクター

このリフレクターはランプではありませんが、役目としましてはエンジンが始動してない停止状態の時に、他のクルマのヘッドランプに照らされ反射することで、車の存在を知らせます。

このように、クルマの後続部分には何種類かのランプが設置されており、後続車に存在などを知らせるなどの重要な役割を持っています。

テールランプの修理や交換方法について

ランプですので球の寿命を終えると、点灯しなくなり交換が必要となります。

交換は技術的に難しくはありませんが、構造や配線などの問題もありますので技術者にしてもらうことが安全ですので、ディーラーやカー用品店なで交換をしてもらいましょう。

ledcustom

最近ではLEDに交換などのカスタムが多いようです。

明るくする傾向がありますが、良かれと思ってカスタムしたテールランプの点灯が眩しすぎて、他のドライバーに迷惑になっているケースもありますので注意が必要です。

お金をかけて新しく交換をしたランプを元に戻すことになると、とても時間とお金の損になりますし、工賃など費用が必要となり無駄な出費が増えてしまいますので、必ず交換する前に明るさなどの確認することをおすすめします。

車種によってまた、どこまでライトの部分を交換するかによって値段もかわってきますが、数千円から何十万と費用が必要なるパーツです。

数個のバルブ交換なら低価格で可能ですが、テールランプ全体をLEDに交換したいなどでパーツ費用が少し足らないなどで困ったときはPCやスマートフォンなどからインターネットを利用して担保・保証人なしですぐに融資が可能な消費者金融カードローンを使用する方法もあります。

また、お金をかけてブレーキランプなどを交換したいけど費用が高くて悩んでいる方には、低金利で高額融資も望めて収入証明書不要で利用できるサービスもありますので、費用でお悩みの方は銀行カードローン自動車ローンを検討してみてみることをオススメします。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*