スタッドレスタイヤに交換時期と費用!国産メーカー価格比較

studlesstire

雪が降り積もったり路面が凍ると、普段のタイヤでは走行が難しくなります。

安全にクルマを走行させるために必要なクルマのパーツの一つ

雪などの環境に適したタイヤが「スタッドレスタイヤ」になり、

基本的な「走る」・「曲がる」・「止まる」の3つの効果があります。

スタッドレスタイヤとは?

studlesstire2

寒くなる冬場に雪道や凍った道を走行に欠かせないスタットレスタイヤ。

雪が降ると、路面の融雪などとても危険で事故率も普段の数倍になります。

毎年、雪が降る国に住まれていいる方は、冬の季節になるとクルマのタイヤをスタッドレスに交換や購入をして、どのように雪道を走ればよいか自然と身に付いているのもです。

冬場でも住んでいる土地に雪が降らずウィンタースポーツにも関わりのない方だと、スタッドレスタイヤを装着した車の運転をしたことがない人も多いと思います。

普段そのような雪道などの環境で運転をされない人は、購入を検討をしていても、どのようなタイヤの物を選べばよいか、わからないとお思います。

スタッドレスタイヤの性能と機能

ノーマルタイヤとスタットレスタイヤは、柔らか深く刻まれた溝と細かい横溝にあります。普段タイヤを注意して見る機会はほとんどないと思いますので、簡単にポイントを説明すると。

水を吸う・柔らかい・溝が深い・細かい横溝が多い この4点がノーマルタイヤとの違いになります。この性能と構造で雪や濡れた道でも、タイヤがしっかりと車を走らせ・曲がり・止まることが可能になるのです。

では、タイヤを選ぶにもまずスタッドレスを選ぶのですが、タイヤメーカーは沢山あり当然悩みます。

悩んだらまず日本のメーカーを選ぶことが大事

kokusantaiya

海外の有名なタイヤメーカーがダメなわけではありません!仕様が違うので、日本メーカーを推しているのです。

日本の雪は水が多く溶けるのでシャーベット状なりやすく、水がタイヤの表面に膜をはり、滑ったり操作性能を奪います。

国内のスタッドレスタイヤにおいてとても重要な機能が「水を吸う」ことが大切になります。水の膜ができても、日本メーカーのスタットレスタイヤは水を吸いやすい構造で造られています。なので膜をはっても水を吸うことで、滑らないようになっているのです。

これは雪との環境が海外は違うからです、日本とは違い雪が溶けにくい海外で水を吸うようには造られていないのです。

なので日本の雪に適して造られた日本のメーカーを選ぶことがポイントとなります。

タイヤは安価な物を選ぶな!

車がどんなに優れていて最新のテクノロジーを搭載し、安全性能が良くなったと言え、良くも悪くもタイヤ次第で雪道を走行できるかが決まる。

国産のタイヤは、値段も高いイメージがありますが、最近では全体的に安くもなってきています。

ですが、日本の雪に適した構造と性能を兼ね備えているスタッドレスタイヤが、海外メーカーのタイヤより値段が高くても、「走る」「曲がる」「止まる」の安全と信頼が日本メーカーのタイヤにはあります。

スタッドレス タイヤ交換につて

wintertires

スタッドレスタイヤに交換をする場合にタイヤだけを交換をするのか、ホイールも一緒に交換をするのかで、価格もかなり変わってきます。

スタッドレス タイヤのみ交換でかかる工賃

現在、ホイールに装着しているサマータイヤを外し、スタットレスタイヤを装着させることは、素人には無理です。

なのでタイヤを扱うカーショップやタイヤ専門店などに依頼することになります、専門的な作業ですので当然、工賃がかかってきます。

工賃はショップなどで違いがありますので、交換を依頼する前に必ず聞くことをオススメします。

目安として一般的なサイズのタイヤで、一本1000円以上から3000円前後。またホイールが鉄かアルミで少し値段も変わってきます。

スタッドレス タイヤに交換する時期は

taiyakokan結論から言うと、雪が降ってからでは遅いです。

なので、早めに交換をと言ってもまだ暖かいのに交換をして意味がありまん。

例年、寒くなりだす次期は大体一緒なので天気予報などをチェックをすれば交換次期がわかる。

また交換次期になるとショップは混みあったり、在庫がなくなるなども予想されます。

みんなが、交換をはじめだす次期よりも少しだけ早くカーショップやタイヤ専門店などを利用することで、スタッドレスタイヤの価格や工賃が安くなる早割キャンペーンもあるので、上手く利用するとお得になります。

少し寒くなったかなと思ったら、国道沿いにあるカーアクセサリシップやガソリンスタンドにタイヤ専門店など、注意してみてみると「スタットレスタイヤ キャンペーンやフェア」などの宣伝の旗が立っていますよ。

※ 住んでる地域にもよりますが、10月11月がもっとも交換を検討・購入される方が多いようです。

ベストはスタッドレスタイヤとホイールをセットで交換

サマータイヤをスタッドレスタイヤに交換するのではなく、タイヤとホイールセットで交換するのがベスト!

タイヤとホイールのセットだとまず交換の手間が減りますし、工賃も安くなります。

慣れた方は冬場になると自分で交換をする人もいます。一度タイヤとホイールのセットを購入すれば次の買い替えまで、お金を掛けずに冬場を過せることになります。

またタイヤに対しても毎年ハメたり外したりの負荷もなくなり、タイヤの寿命も長くなるメリットもあります、スタットレスタイヤの交換次期が来ても新たにホイールを買う必要もありません。

クルマのパーツで、けして安い物ではありませんので、セットで購入しておくことが長い目で観た時に経済的で良いです。

スタッドレスタイヤのおすすめ!メーカー

ブリヂストン 「BRIDGESTONE」

BLIZZAK VRX

ヨコハマタイヤ 「YOKOHAMA」

iceGUARD5 PLUS

 blizzak  iceguard
ダンロップ 「DUNLOP」

WINTERS MAXX

トーヨータイヤ 「TOYO TIRES」

OBSERVE GARIT GIZ

 wintermaxx
 obgrgiz

corollaaxiotireスタッドレスタイヤの価格は、タイヤのサイズなどで1本の値段が変わってきます。

「トヨタ カローラ アクシス」に装着されているタイヤサイズ 175/65R15 で、スタットレスタイヤに交換をした場合、有名なタイヤメーカー各4社のタイヤはどのくらいの価格で購入できるのでしょうか?!

4社の価格を比較してみると

ブリヂストン 「BLIZZAK VRX」 8,700円
ヨコハマタイヤ 「YOKOHAMA」 7,764円
トーヨータイヤ 「TOYO TIRES」 5,690円
ダンロップ 「DUNLOP」 5,780円

各メーカーの商品の種類や価格などを、一覧できる某大手サイトなどで価格を調べてみると、トーヨータイヤのスタッドレスタイヤが一番安く売られているのが解りました。

安く購入して車屋でタイヤ交換をしてもらう工賃代を、安く見積もっても、タイヤ代5690円+4本=22,760円 工賃1本あたり1000円×4=4,000円 合計が26,760円になり送料や消費税を含むと30,000円を超えることになります。

このように、スタットレスタイヤに交換するにも、かなり安く見積もっても3万円以上のお金が必要になります、いざ交換や購入を考えた時に簡単に買えるものではないですね。

ですが冬場の雪道や凍結した道をスタッドレスタイヤに交換せずに、サマータイヤで数ヶ月の冬を運転して過ごすことは無謀としか言いようがありません。

スタットレスタイヤの購入や交換費用で悩んいるという方は、タイヤ取り扱い店ではローンやクレジットカード等の支払いを対応しているお店も多いですよ!

でも、お店でローンを組むのは「恥ずかしい」「面倒くさい」などやクレジットカードを持っていないなどで購入を悩んでいるのなら、パソコンやスマートフォンから簡単に審査・申込みができ、最短即日キャッシングも可能低金利カードローンの利用も選択肢の1つとして考えてみてはいかがでしようか。

時間に余裕がある方は、銀行などの自動車ローンを利用してクルマのパーツを購入するのもよいですが、最初にお伝えしましたが、雪が降ってからでは遅いのでなるべく急ぎたいのもです。

日本の雪にあった国内メーカーのタイヤを少し高くても購入することが安全運転にも繋がります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*