自動車ローンの審査に落ちてしまった場合は?

年収や勤続年数で落ちてしまったケース
自動車ローンの基準はいろいろありますが、その中で影響の大きいものが仕事に関する部分です。金融機関によって違いがありますが、たいていは年収の規定があります。規定はありますが、それぞれで異なりますから、比較的甘いものもあります。

たとえば銀行の自動車ローンの審査は厳しい傾向があり、年収が低いことが原因で落ちてしまったケースもあります。このような場合には、ディーラー系のローンを利用するのは良い方法です。ディーラー系のローンは銀行よりもやや審査が甘い傾向があります。

また、カードローンなどで不足している資金を補うのも良い方法です。カードローンなら割と柔軟に対応してくれます。借り入れできる金額があまり大きくありませんから自己資金はある程度は必要となります。勤続年数もネックになることがあります。

勤続年数がネックになっていることが分かった場合には、ある程度の勤続年数になるまで待つのは良い方法です。

しかし、それでは時間がかかりすぎてしまうというデメリットがありますから、基準の甘いローンを利用するのが良いです。やはり銀行系の自動車ローンは厳しい傾向がありますから、ディーラー系のローンを利用するか、カードローンを利用するのは良い方法です。

住宅ローンが原因で審査に落ちてしまったケース

juutaku
住宅ローンの残滓が多くある場合に、それが原因で審査に落ちてしまったというケースもあります。

この場合、住宅ローンを減らすのは良い方法だと言えるでしょう。この際に問題となるのは月々の返済金額です。

残っている金額が大きいことが問題なのではなくて、毎月支払わなければならない金額が大きすぎると自動車ローンの返済に充てられる金額が小さくなるということから落ちやすくなると考えられます。

このような場合に、月々の返済金額を小さくできるような借り換えをすると効果的です。住宅ローンの返済が遅れてしまったことがある人の場合、それによって審査では不利になります。

これは言うまでもないことですが、その逆で、きちんと返済をしていた人の場合には有利になることもあります。繰り上げ返済をしたことがある人などの場合には、さらに有利になることも考えられるでしょう。

その状況は住宅ローンを組んでいる銀行が把握しているはずです。現在、住宅ローンを組んでいる銀行に相談してみると、その銀行で自動車ローンを組むことができる場合があります。

それだけではなくて、同時に複数のローンを利用することによって金利が引き下げられることもありますから、調べてみる価値はあるでしょう。

延滞などが原因で落ちてしまった場合

shoruiローンに関しては、その種類とは関係なく、借り入れの状況を金融機関が共有しています。

過去に借り入れをして、そして滞納したことがあると、その情報は信用情報として登録されることになります。

クレジットカードの支払いが遅れてしまった場合も同様です。信用情報でこのような滞納が登録されている場合には、自動車ローンの審査に落ちてしまうことになるでしょう。

このようになった場合には、情報が抹消されるまで待つしか方法はありません。

滞納した情報については、それを完済してから5年間は登録されると考えられます。ですから、その時期から5年は待たなければなりません。もしもその可能性があるのなら、過去の取引を確認してみましょう。

いつ滞納したのかを把握すれば、後どれだけ待たなければならないのかが分かるはずです。完全に記憶にないというのであれば、信用情報を確認してみるのは良い方法です。

信用情報を確認するならこちら!

信用情報機関に問い合わせれば本人に限ってその情報を教えてくれます。

そのためには実費として1,000円くらいかかることもありますが、今後の借り入れについて考えた場合には、念のために確認しておくのは良い方法だと言えるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*