車両保険は入るべき?車両保険のメリットまとめ

sharyohokennihairubeki

車両保険に入るべきかどうかの判断
車の保険の時期になると車両保険に入るのが必要かどうか迷うものです。人身や対物、搭乗者の任意保険は、誰でも必ず入るものです。人様を怪我させたら、自分で保障などは、無理な話ですからね。では、車両保険はどうかというと、これもまた同じなのです。あなたの愛車は、当然お金を払って購入され、維持費を払ってますね。その愛車が事故により破損した場合には、当然、直すのにお金がかかります。

走行するうえで、直さなければ、車が動かない場合は、なおのこと直さなくてはいけません。車両保険とは、あなたの愛車を守るべきの為の保険でもあるのです。車で事故をしたら自腹で払えばいいと思って入らない人もいます。しかし、実際に自分の車が全損した場合のことを想像してください。今の車はハイテクで少しの事故でも、時には高額の金額がかかります。

そういうときになって、その時にその金額が払えるかどうかです。払えなければ、あなたの愛車は、動いてはくれないし、特に通勤やレジャーで車を頻繁に使う人は困りますよね。入る前は、そこまで考えていない人が多いです。対人にしろ対物にしろ、車両保険にしても事故を起こした時のことを考えてください。入ることのメリットが必要だと解るはずです。

車両保険の意外な盲点

sharyohokemmoten 車両保険を入るときは、事故を起こして車を直すということをまず第一のメリットとして考えますね。しかし、車両保険は、そういう場合にのみ金額が支払われるものではありません。車を駐車しておいたら盗難の被害だってあります。

今は、色んな盗難防止装置が販売され、盗難防止の為につけていますが、盗難する側もハイテク装置に熟知しているので車の盗難は後を絶ちません。

車が盗難にあうということは、車が全損したということと同じなのです。お金を盗まれたり、詐欺にあったりするのと同じなのです。お金や詐欺は自分の注意しだいでどうにかなる場合が多いですが車の盗難は、就寝中に起ることが多いのです。盗難する側は、最初からあなたの行動パターンを調査してから盗難することが多いです。

勿論、警察に届けはしますが、ほとんどの場合は泣き寝入りで車が戻ってくることはありません。もし、運よく戻ってきても、あなたの愛車は、もとの姿をしていないことが多いです。犯人が捕まったとしても責任能力がなければ、自腹を切って直すことになります。そのことを考えてみてください。車両保険に入るメリットのほうが大きいと気が付きます。前述でも書きましたが、今の車はハイテクです。ちょっとしたことでも多額の金額修理費がかかるということを考えてみてください。

車両保険のメリット、必要性

sharyohokemmeritto 車両保険に入ることが必要だという話をもう一点あげますといわゆるもらい事故というものがあります。例えば、実例をあげますと、車が急に出てきてかわそうとしてあなたの愛車が事故をしたときです。この場合は相手が100%悪くなることは、少ないです。

あなたの愛車を直すのに多額の金額を払う必要がある場合があります。このような不慮の事態に備えてるためにも車両保険に入るメリットは大きいはずです。誰だって、将来におこることは、予想できないものです。車両保険に加入していない人でこういうことを想像してない人が多いです。車を運転しているとありとあらゆることが起るものだと考えるのが車を運転する人にとっては必要なのです。

車は、ほんの数秒で何十メートルも進む便利なものであるとともに走る凶器だと認識することが必要です。対人や対物と同じように車両保険は、重要であり必要なものなのです。保険というものは、車を運転するうえでのまさにあなたの味方というわけです。車は、事故や盗難、そして不慮の事態に備えて加入するべきものなのです。保険に入っているいると車の運転にもゆとりがでてきます。つまり事故も減って安全運転にもつながるということなのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*