パート主婦でも組める自動車ローン

patoshufu2

パート主婦の自動車ローンの組み方は2つ
主婦がパートをしていて自動車ローンを組む場合、これは2つの方法があります。

  1. 自分名義で自動車ローンを組む方法です。
  2. 連帯保証人をつけてローンを組む方法です。

先に後者の方法を説明しますが、これは一般的にパート主婦が自動車ローンを組む場合に審査において申込者の返済能力が低いと判断される場合に連帯保証人が必要になることがあり、その場合は夫が「 連帯保証人 」となって契約することが主流です。

別に夫でなくても…

「 両親」 や 「 兄弟」 など連帯保証人を了承してくれる人なら 誰でも良い ですが、連帯保証人を見つけることはそれほど簡単ではなく、信頼できる身近な存在でなければなかなか連帯保証人になってくれないので、自然と夫がその役割を担うことになるものです。

パート主婦は自分名義からでも自動車ローンを組むことが出来ます。

これは要するにローンというのはパートでもアルバイトでも、又は派遣社員の人でも、絶対に正規雇用で仕事をしていなければならないということではなく、非正規雇用で仕事をしている人でもローン内容や収入の内容次第では自分の名義から自動車ローンを組むことが可能というわけです。

一度、申込をしてみると良いです。

日々忙しい生活を送りパートのお仕事をされてる主婦の方でも、申し込みできる自動車ローンはあります。車を購入したいと思われても、窓口でお金をの相談するのも時間がかかるし大変です。かと言ってディーラーなどの車販売店でのローンは金利が高くなり月々の返済を心配しないといけません。それなら全てインターネットで車に必要なお金を低金利で借りれて、忙しい日々の合間に必要な手続きができるネット完結のマイカーローンが利用しやすいです。

パート主婦が自分名義で申し込む時の目安の収入

パート主婦が連帯保証人有で申込をする時は審査の合否は自分の情報よりも保証人となる人の情報の方が重要であり、その人の返済能力が重要視されます。

自分名義で申込をする時にパートの収入としてどのくらいの収入があると審査に合格することが出来るのか、これは明確な金額は絶対に公開されることが無いので推測から判断するしかありません。

まず、自分の収入がいくらあるかよりも カードローンなどで借金を持っているかどうかが結構重要です。

借金を持っているほど返済能力が低く見られてしまうので、なるべく借金を持たないようにする、借金を先に完済しておくほうが良いです。

次にローンを組む際の借入額も重要であり、基本的にこの金額はなるべく小さな金額を希望すると良いです。金額が大きくなると高い返済能力を求められることになるので、金額次第ではパートの収入では返済が難しいと判断されます。

自動車ローンは不合格になってもローンを組めないだけでデメリットは特にないため、一度申し込みをして合否を確認してみるのが手っ取り早い方法となります。

もし、合格が難しいという連絡がきた場合、そこから連帯保証人有ならどうなのかを交渉してみると良いです。

家庭として返済額を考えるなら

パート主婦が車を購入する場合にその車は個人が保有するにしても家庭としては夫が利用することもありえるものです。

つまり、自動車ローンは夫婦として家庭として考えれば良いと言えます。

特別な理由がある場合は別として、特に何も問題がないのであればローンの申込から返済まで、夫と一緒に最善策を考える方がスムーズです。

そうすると、審査に合格しやすくなってきますし、返済額についても家計に収支から返済額を考えやすくなります。

返済能力が高い方が審査に挑戦すれば合格しやすく、返済額についても返済能力が高い方の収入を考慮して計画を立てる 方がしっかりと完済を目指しやすくなります。

返済額を決める場合は毎月の家計の収支をしっかりと把握して、どのくらいの返済額なら問題なく継続して返済を続けることが出来るのかを考えていきましょう。

パート主婦でも自動車ローンを組むことが出来ますが、独身者と異なる点は夫の協力を得ることで簡単にローンを組むことができ、返済に関しても家庭といて考えると返済計画はかなり立てやすくなってきます。

まずは夫にしっかりと相談をしながら、どのような計画にするのかを考えて好ましい方法を探してみましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*