燃費を向上させる方法

untennempi

運転方法に気を配って燃費を向上
燃費を向上する為の運転テクニックがありますが、 基本は車の負担になるような運転をしない事が大切 です。

ガソリンの消費を促進してしまう原因として、「 急発進 」「 急加速 」「 急ブレーキ 」がありますが、急が付く行為はエネルギーを大きく消耗させる事になります。

急発進などをする事が多いようですと、必要以上にガソリンを消費させてしまう事になりますので、極力控えるように意識しなければいけません。

優しい運転を心掛ける事によってガソリンの消費を抑える事ができます。

※例えば発進する際にはブレーキを離し、車が動き出したのを確認してから、それに合わせるようにアクセルを優しく踏むようにする事が大切です。そして無用な急加速は控えるように意識したり、急ブレーキを踏まずに済むよう、しっかりと 車間距離を空けて走るようにする のがポイントです。

気持ちにもゆとりを持つ事によって、安定した運転を行えるようになりますので、例えばイライラしている時には優しい運転を意識するようにしたり、時には運転を控えるなどの対策も大切になるのです。

燃費を良くする為には一定速度をキープするのもポイントの一つです。 速度が乱れるとガソリンの消耗を大きくします ので、アクセルをしっかりと固定するように心掛けると良いでしょう。

車の状態にも気を配ってみよう

cartirejilyoutai燃費を向上させる為には車の性能を発揮できるようにしておく事も大切です。

本来の性能を発揮させる為には、まず 車に余計な荷物を積まない ようにした方が良いと言えます。

荷物が多ければ当然負担が大きくなりますので、ガソリンの消費も大きくなります。

できる限り荷物は少ない方が燃費が良くなりますので、すぐに使う予定が無い荷物以外は全て降ろしておくのが理想的です 、またタイヤの空気圧をきちんと管理 する事も欠かせません。

タイヤの空気圧が低い状態の場合、路面とタイヤとの接地面積が大きくなってしまいますが、それによって摩擦が強く掛かるようになってしまうのです。 摩擦が大きければ前に進む力の支障 になりますし、 即ち燃費を悪くする 事に繋がってしまうのです。

空気がきちんと入っており、摩擦抵抗が小さいほど燃費も良くなりますので、定期的にタイヤの空気圧をチェックし、適宜調整するように心掛ける事をお勧めします。

ただ空気の入れ過ぎには注意しなければいけません。空気が入り過ぎてしまうと摩擦抵抗が小さくなり過ぎてしまいますので、ブレーキを踏んだ時の効きも悪くなるからです。

安全性が犠牲になってしまいますので、必ず適切な空気圧にしなければいけません。

これは燃費のよい車でも、普通のガソリン車でも同じことですので、正しいエコの運転が大切になってきます。

燃費を向上させるグッズもある

nempikojo燃費のアップに役立つと言われているグッズは色々ありますが、人気のグッズとしてまずエコタイヤが挙げられます。

エコタイヤというのは極限まで転がり抵抗、つまり燃費を悪くする摩擦を軽減させているタイヤの事ですが、 エコタイヤにするだけでガソリンの消費を抑える事ができる と言われています。

摩擦抵抗が小さくなるという事はグリップ力が減少してブレーキの効きめが悪くなるという事でもありますが、しかしながら エコタイヤは摩擦抵抗を抑えつつ、しっかりとグリップ力も備えているという優れたタイヤ なのです。

エコタイヤ交換おすすめメーカー

グッドイヤー ダンロップ ブリジストン
goodyear dunlop bridgestone

タイヤを交換するだけで燃費性能がアップするグッズですので、導入し易い存在と言えるのではないでしょうか。

その他に燃費をよくするグッズ

定番の燃費向上グッズとして、 オイル添加剤 もあります。これはエンジンオイルにプラスする事によって、燃費が良くなるというグッズですが、 単に燃費が良くなるだけでなく、エンジン音が小さくなるなどのメリットもある と言われています。

さらにはエンジンを労わる為にも有効とされているようですので、愛車を長持ちさせるという意味で利用するのも良いかもしれません。

他にも燃費の改善に役立つグッズとして、パワーハーネスもあります。イグニッションコイルに安定して電流を伝達させる事ができ、それによって「 ガソリンの節約 」になると言われています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*