ナンバープレートの変更手続きと費用【希望のナンバープレート】

nambapureto

ナンバープレートの役割について
自動車にはフロントとリヤ部分にそれぞれ同じナンバープレートが設置されていることになり、所定の位置に取り付けなければ公道を走行させることができない規則になっています。その役割としては記載されているナンバーに関しては「使用する本拠」となる「管轄の地名」や「登録自動車の分類」に関する番号、用途の表示として「1文字の平仮名」、「一連指定番号」と呼ばれる1桁から4桁までの数字が使用されることになり、全く同一のナンバープレートは存在しないことになります。

その意義の中には納税を済ませていることを明確にする方法や、所有者を即座に確定する内容を持っていることになり、有名な場面としては交通違反などをしてしまった場合にも即座に身元が分かる仕組みを持っていることになります。利用者側についても駐車場などで本人の自動車を判断することに役立つことになり、欠かすことのできないものとして扱われています。

フロントナンバーに関しては上部の左右にネジ止めされている状態になりますが、普通自動車の場合ではリヤナンバーについては左側のネジの上には封印が施されていることも一般的になり、管轄している陸運支局によって施工されることも一般的になります。

ナンバープレートの近年での取り扱いについて

nambapureto2自動車のナンバープレートに関しては、購入した際に手続きを行うことになり、通常ではディーラーなどによって、手続きを代行してもらうことが一般的です。車検証や車庫証明、印鑑や必要書類などを提出する場面もありますが、手続きに関しては比較的簡単に行うことができます。

近年では取り扱いについて変更された部分があり、いわゆる希望ナンバーを取得できる環境を持っていることになります。希望ナンバーに変更する際にも、自動車を購入したディーラーなどに依頼をすることによって、スムーズに手続きを行ってもらうことは可能とされていますが、希望ナンバーの場合では指定する番号についても少しの条件というものがあります。

例えば1桁の番号や、同じ番号が並んでいる状態の場合では、抽選が行われることが一般的になり、抽選漏れとなった場合では、基本的には翌週へと持越しになるケースが見られます。多くのケースで問題無く取得することができますが、希望ナンバーならば、一般的なナンバープレートと異なって、費用がかかる一面を持っています。普通自動車の場合では、変更するために4000円程度の費用がかかることになり、字光式ナンバーの場合では5000円程度の出費になります。

抽選が行なわれやすいナンバー

「1」「2」「3」のような一行ナンバーや「1111」同じ番号「1234」順番「1001」挟み番号などが考えられます。

ナンバープレートを変更する条件等に関して

nambapureto3ナンバープレートに関しては、自動車の所有者が引越しなどを行った場合では、異なる陸運支局の管轄になった際にはプレートの変更手続きを行うことが必要とされています。管轄が変わらないケースでも原則として住所変更の手続きを行うことが必要になり、常に住所とナンバー情報を一致させることが必要になります。

同じ場所に居住を続けている方であっても、プレートが大きく破損してしまったり、希望ナンバーの取得を望む方のケースでは、新しいナンバーの取得が可能とされています。現在ではインターネット上に便利なサイトが用意されていて、24時間いつでも希望ナンバーの受付を行っています。サイト上で番号を指定することができ、後に必要とされている費用を振り込むことによって、発行されることになります。

取り付けに関しては古いナンバープレートを返納することも必要とされており、管轄の陸運支局に自動車を持ち込んで、取り付け作業を行うことも原則としては基本的な項目とされています。特に普通自動車の場合では、封印作業が欠かせないものとされており、正しく取り付けを行うことが義務化されていることになります。現在では希望ナンバーの他にご当地ナンバーと呼ばれるものも用意されており、注目されている内容を持っていることになります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*