未成年でも組める自動車ローン!

miseinencarloan

未成年でも自動車ローンは組める!
あまり知られていませんが、実は自動車ローンは未成年でも組めるのです。これは自動車ローンを使う際に未成年者でも使うことがあるため、このような設定がされています。実際、バイクなどの二輪車は16歳からでも免許が取れます。また、一般的な自動車の場合は18歳からでも免許が取れるのです。

このため、免許取得直後に車に乗りたいという人のために車の免許をとっている人や、車の種類を限定すれば取れるのです。このため、高校生でもすでに免許を持っていて自分の車を持ちたいという人ならば車を購入することが出来るのです。この費用は自分で出すこともあるでしょうし、高校から進学したり就職する際に車をプレゼントしてもらいそのカーアクセサリーのために自動車ローンを、という人もいるでしょう。

また、通勤・通学の際に自分で車を買う必要があり、そのために自動車ローンを組むこともあります。また、あまり知られていませんが、自動車免許取得のためのローンとして自動車ローンを使うことも出来るのです。これは自動車ローン申込先の銀行が許す用途に入っているのなら、もちろん利用は可能です。とはいえ、このような場合でもいくつかのルールがあります。

自動車ローン利用の条件は?

miseinenjoken
とはいえ、自動車ローンを組む際には成人している人よりもローンを組むのにいくつかの制限があります。このような条件を満たしていないと、例えば親名義でのローンになってしまったりということもあります。この場合、準備するのは一定の収入条件、連帯保証人、法定代理人の設定です。まずは「一定の収入」です。

これは、高校生ならばアルバイトをしている人もいるでしょうから、そのようなアルバイトの費用をそのまま自動車ローンの返済に充てることも出来るでしょう。ただ、この場合は月に数万円程度のアルバイト収入ならば、それを基準としたローンの借入になります。どちらかといえば中古車程度の借入額になることもあるでしょう。

また、高校生が就職を決定したので自動車ローンを組みたい、というのであれば、いくつかの条件があります。内定通知書を添付したり、就職先に内定のしたかどうかの確認の電話が行くようになっています。このようないくつかのチェック事項をクリアした後に、はじめて借り入れが可能になります。また、大学に進学する時に必要ならば大学に入学する時にそのアルバイト収入を目安にして借入金額が設定されることもあります。この場合は毎月の収入などを考慮してローンの審査がなされます。

連帯保証人・法定代理人とは?

hoshonin
ところで、これは自分で準備する必要があり、また自分で準備できる範囲のものです。高校生でも大学生でも自分で収入があることを証明できればいいのです。一方、「連帯保証人法定代理人」は他の人をお願いする必要があるのです。

連帯保証人とは、もし借入をした人が返済を滞納するようなことがあれば、その人の借入を代理として返済を行う人ということになります。ある程度安定した収入があり、定期的に毎月の収入がある人や貯蓄が高い人が「連帯保証人として連帯」されます。

また、連帯保証人を立ててもしっかりとした収入や貯蓄があると保証できるのならば、そのような人であれば十分連帯保証人となるのです。また、法定代理人とは未成年者が様々な契約をする際に法律でさまざまな問題が起きた際に代理人となるような人です。未成年者の場合はだいたい親か、もしくは法律・弁護士が定めた人を設定していればその人になります。

その人の同意がないと、未成年者の場合は契約ができないのです。もちろん法定代理人の同意がないと契約にはなりません。また、同意した時に嘘の内容があったりすると、ローンの一括返済などを求められてしまいます。この二人の同意は必ず必要になります。また、この同意がある上で銀行のローン審査を行うことになります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*