給油ランプが点灯してからどのくらい走れるの?

kyuuyurannpu

車が走るためにはガソリンが必要です。
最近、販売が開始されている電気自動車を除き、車が走行するためには燃料が必ず必要となります。

その大きさや、エンジンの種類によって必要となる燃料は違いますが、一般的にはガソリンが燃料として使用される場合が最も多く、実際に 道路を走行している多くがこの燃料を燃焼させる事によって動いています。

では、もし走行中にこの燃料が無くなってしまった場合、どのような事態となってしまうでしょうか。

道路上で 走行不可能 となってしまい、直線道路であっても他の車の走行に大きな障害となり、渋滞の原因となるばかりか、万が一、交差点内で停まってしまった場合は、 大きな事故の要因となってしまうことも考えられる のです。

更に深刻な事態となることが予想されるのが、 高速道路上で停まってしまった場合 です。

一般の道路より遥かに速い速度で走行している高速道路の本線上で停まってしまえば、それだけで大きな事故に繋がる事となってしまうため、高速道路を使用する場合には、 普段以上に燃料の残量に注意を払う必要が有る のです。

程度に関わらず、事故の原因となることを避ける為にも、また、原因となってしまったために賠償問題などに発展しまうことを避けるためにも、燃料切れとなってしまうことは避けなければならないのです。

ガソリンの残量を知らせる給油ランプの意味

kyuuyurannpu2車を運転した経験がある人ならば、運転席の正面に幾つもの計器が並んでいるのを目にしたことが有るはずです。

スピードメーターや回転計など、走行に直接必要なデータを知らせる計器や、水温計や燃料計など、車の状態を知らせ、故障やアクシデントを回避するためのデータを知らせる計器類と共に、重要なデータを教えてくれるものの一つが、「 給油ランプ 」です。

これは、おおよその 残量を知らせる燃料計 だけでは 不充分な燃料の残量 を、 点滅によって危険区域に入った事を知らせる もので、一般的には燃料タンクに残されたガソリンが、 10リットル以下 になった場合に点滅する事により、給油の必要性を運転者に知らせるものとなっています。

燃料計が知らせる残量が少なくなってきたとしても、街中で走行しているのであれば、差し迫った給油の必要性は無いと考えても問題の無い場合が殆どでしょう。

高速道路を走行中は得に注意

gasorinhyoshikiしかし、ガソリンスタンドまでの距離が遠くなってしまいがちな高速道路であれば少し状況が変わってきます。

一般的に高速道路を走行している場合、燃費は向上する場合が多く、長い距離を走る事が可能となりますが、次のガソリンスタンドに辿り着くまでのことを考えると 早めの給油を考える 事は、安全走行の基本と言えるでしょう。

高速道路を走行中の場合は、給油メーターを確認を標識を確認しましょう。標識にはサービスエリアまでのキロ数にエリア内に設置されているガソリンスタンドなどのアイコンが表示されていますので、走行しながらも事前にガソリンスタンドありなしが分かります。

またカーナビなどでも表示され、検索をすれば近辺のガソリンスタンドを探すことも出来ます。

給油ランプが点滅してから走行できる距離とは

kyuuyurannpu3では、最も肝心な部分となる給油ランプが点滅してから、どのくらいの距離が走行できるものなのでしょうか。

これは、給油ランプがどのタイミングで点滅するのか、そして、運転している 車が1リットルのガソリンでどの程度の距離を走行する ことが可能なのかを、あらかじめ知っておく事が必要となります。

これらの情報か無ければ、給油ランプが点滅し、給油する必要を知らされたとしても意味が無くなってしまうのです。

殆どの車は燃料タンクの残量が10リットル以下となったタイミングで点滅するように設定されています。つまり、給油ランプが点滅してから残り10リットルのガソリンで辿り着くことの出来るスタンドで給油する必要があるということです。

勿論、 1リットルのガソリンで走行が可能な距離は、一台一台の車によって違いが有ります 。

また、運転方法や速度、更には走っている道路が信号機などが多く、停車する事を余儀なくされる道路であるかどうかによっても走行が可能な距離、つまり燃費は変化してくるものですが、普段の走行ではじき出された燃費を知っておく事により、給油ランプが点滅をしたタイミングからどの程度の距離の走行が可能かどうかを知る事が出来るのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*