車酔い対策に有効な5つの方法

cardrunk

車酔いになってしまう原因
車酔いは「車の揺れ」「急発進」「急ブレーキ」「急カーブ」などんの遠心力が体にかかる等の理由で、「三半規管」が刺激され、自律神経が乱れる事によって起こります。症状は気持ちが悪くなってくる、「顔色が悪く」なる「生あくび」「吐き気」「冷や汗」「めまい」「手足の冷え」などになってくる、酷く酔った時は「嘔吐」します。胃腸の弱い人は「お腹の張り」、酔いから「下痢」を起こす事もあります。

子供は特に酔いやすく、成長するにつれて治まっていくのが一般的です。大人でも酔う人はいますが、これは車などの乗り物を避けた事、経験不足が原因と言われています。しかし、大人になってから酔い出した・酔いが悪化し出した場合は注意が必要です。耳や脳に疾患があり、酔いを引き起こしているケースもありますので、あまりに酷い場合は医者に相談しましょう。

また、普段は酔わなくても体調不良時には酔いやすくなりますので、車に乗るときは万全の体調に整えておくことが大切です。過去に酷い車酔いをし、吐いてしまった経験がある人や苦しい思いをした人は「また酔うかもしれない」「また吐いたらどうしよう」と不安になります。それも車酔いを起こす大きな原因ですので、あまり考えすぎないようにしましょう。

運転手側が気を付けたい5つの車酔い防止対策

yoitaisaku2運転する側が乗る人の為に配慮したい車酔い防止の方法です。

  • 急発進・急ブレーキを頻繁に掛ける等、乱暴な運転をしない

予期せぬ急発進、急ブレーキは乗っている人の三半規管に負担を与え、車酔いを起こす原因となります。なるべく滑らかな運転を心掛けましょう。

  • ミントの飴やチョコレート等を用意しておく

ミントの飴は胃をさっぱりとさせる作用があります。また、低血糖状態から酔う場合もありますので、その場合はチョコレートや甘い物が有効です。

  • 車内の換気をしておく

ガソリンの臭いや車内のこもった臭いで酔ってしまう場合も多いので、車内の換気、消臭をしっかりと行っておくことで酔いを防止できます。芳香剤も有効ですが、バニラやココナッツ系の甘い匂いのする物は避けましょう。酔いに効果のあるペパーミントや柑橘系の匂いがおすすめです。

  • 会話をする、ラジオや音楽を掛ける

酔いやすい人を乗せている時は積極的に会話をしてみてください。会話をする事で気が紛れるので、酔いやすい人には有効です。

  • 走るルート、目的地をあらかじめ伝えておく

目的地が分かっていると、乗っている側も走る方向を予測し、車酔いを起こしにくくなります。誰かを乗せる時は行き先、ルートを伝えるようにしましょう。

乗車する側が気を付けたい5つの車酔い防止対策

joushasuruhito乗車する側が車酔いを防止するためには対策としては、以下の対策があります。

  • 睡眠不足の状態で車に乗らない

睡眠不足で脳が疲れている時は血圧が低下し、自律神経が乱れ、車酔いの原因になります。しっかりと睡眠をとることが酔い防止になります。

  • 空腹状態で車に乗らない

空腹時に起きる低血糖でも酔いやすくなる場合があります。食べ物を軽くお腹に入れた状態で乗るようにしましょう。

  • 車酔いするかもしれないと考えすぎない、酔ったらどうしようと必要以上に不安にならない

車酔いの原因は精神的な部分も大きいので、考えすぎない事も有効な対策の一つです。車酔いをするかもしれないと意識を逸らすには、好きな音楽を聴く、一緒に乗っている人と会話する等も効果的です。

  • 事前に酔い止めを服用しておく。ミントタブレットやキャンディ、冷たい水や炭酸水を携帯しておく

車酔いには梅干も有効です。梅干を食べた時に出る唾液が乱れた三半規管のバランスを正常に整えてくれます。すりおろした生姜をスポーツドリンクに入れた飲み物も胃の不快感を和らげる作用がありますので、準備してから乗ると良いでしょう。

  • 車内で読書、パソコン、ゲーム機等を使用しない

車内で細かい字を読んだり、ゲームをして目を疲れさせる事は好ましくありません。目の疲れが酔いを引き起こしますので、なるべく避けましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*