車の傷を目立たなくする方法!

kizuhoshu

車の傷の補修で下地処理を行うことについて
車の傷に関しては、目立たなくするための方法が用意されています。自分で補修を行う方法で最も簡単なものとしては、小傷の場合ではコンパウンドによって消すことができる可能性を持っています。コンパウンドには粗目や細目など各種用意されていて、傷の状態に合わせて利用することが良い方法になります。塗装面がはがれてしまっている状態の補修を自分で行う場合では、下地処理をしっかりと行うことが必要になります。

最初にへこみを確認することになり、目立ったへこみが無い場合では、傷の周辺を耐水ペーパーなどでヤスリがけを行うことが良い方法です。塗装前の下地処理は大切な項目とされており、余計な油分などを除去することや、ワックスやコーティング剤を取り除くこと、さらに傷の周囲をなだらかにすることによって、ボディの状態を調整することができます。

耐水ペーパーは最終的には1000番以上のものを利用することも良い方法になり、いわゆる鏡面仕上げに近い状態に施すことによって、下地を良好にすることができます。その後は水洗いを行って、十分に乾燥させることも大切な作業になり、ボディの表面が高温にならないように配慮することも必要な部分になります。

車の補修として自分で塗装を行う方法について

cartosou下地処理をしっかりと行ったボディの上に、補修として自分で塗装を行うことは可能になります。その方法としては下地用の塗料を購入することと、車のボディカラーに適合している塗料を購入すること、そしてカラーによってはクリアラッカーも用意することも基本になります。

車のカラーに関しては色番号というものが指定されているために、車のエンジンルーム内などのプレートに記載されていることが一般的なので、事前にチェックすることが必要です。

塗装を自分で行う手順としては、最初に下地用のスプレーを塗布します。2回から3回程度に分けて塗ることも良い方法になり、最終的には目の細かいサンドペーパーで仕上げることもおすすめです。乾燥させた後にはボディカラーの塗料を塗布することになり、同じように複数回に分けて塗ることが基本になります。

この時点で周囲との色の違いが発生してしまっている場合では、ボカシ剤を利用することも一つの解決策になります。問題が無い状態ではクリアラッカーを吹き掛けることになり、最後は乾燥後にコンパウンドで磨くことによって完成させることができます。利用するコンパウンドは液体状ものが良い効果を発揮することになり、輝きを出すことができます。

車のへこみがある場合の補修方法について

hekominaosu車のボディにへこみができてしまっている場合では、傷とは異なる方法で補修を行うことになります。へこみの大きさや状態によって異なりますが、小さなものの場合では、パテを利用することで解決できる場合があります。パテにも種類があり、薄付け用のタイプもあるために、へこみの深さに合わせて選択することが必要になります。

大きなへこみの場合でもパテを用いて補修することは可能ですが、状態次第では穴を開けてピンなどでへこみを戻す方法も用意されています。この方法は素人では難しい一面を持っているために、厚付け用のパテで対応することでも問題無く修復することはできます。パテの性質によっては乾燥後に肉痩せを起こしてしまうものがあるために、説明書などを確認した上で、ものによっては少し多めに盛ることも必要なケースがあります。

肝心なこととしては、乾燥後にヤスリがけを行うことになり、主に耐水ペーパーを利用して、粗目から中目、細目へと移行していき、最終的には鏡面状態に近くなるまで磨き上げることによって、下地を調整することができます。その後は一般的な傷補修と同様に、塗料を塗り重ねていく方法によって綺麗に仕上げることができ、目立たなくすることができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*