自動車ローン組める人と組めない人の違い

ginnkouro-nn

銀行系の自動車ローンとは
自動車をローンで買おうとして、ローンを申し込んだのに、審査で落ちてしまってローンが組めないことがあります。

そうなったら、もう車を買うことは諦めるしかないのでしょうか?!

いいえ、そんなことはありません。自動車ローンには、いくつか種類があるので、違う系統のローンを申し込めば、ローンを組める可能性があるので、自動車購入を諦める必要はないのです。

まずは、銀行系のローンですが、一般的なマイカーローンとして利用する人も多いです。

メリットは、銀行という安心感と、給与振込先に指定している銀行や、マイホームローンで利用している銀行なら、審査も通りやすいでしょう。また、金利の優遇などの措置も利用できる可能性もあります。

しかし、給与振込先でない銀行の場合や、取引実績のあまりない銀行の場合には、審査が厳しいのがデメリットでもあります。しかも、担保価値という点から、中古車は貸付額が少なかったり、不可である可能性があります。

新車でも、フルローンでは貸してくれないこともあるでしょう。頭金をそれなりに用意している人なら、銀行系マイカーローンは、クレジット系のマイカーローンより低金利に借りられることがあるので、メリットがあると言えるでしょう。

自動車ローンが組めない組みにくいと思っている方は、低金利で貸付をしてくれる銀行の返済シュミレーションを利用して融資後の支払い計画を立ててみてはいかがでしょうか!
貸付利率や月々に支払う額の予測ができるので、無理のない借入額で審査の申込みをすれば融資をしてもらえる可能性もありますよ>> 銀行マイカーローン

クレジット系、信販会社の自動車ローンとは

creditkei銀行系の自動車ローンと違い、信販会社の場合はほとんどの人がローンが組めるのがメリットです。

組めない可能性があるのは、ブラックリストに載っているようなカードの事故歴がある人ぐらいです。

《ブラックリスト》
「事故情報」、「異動情報」、「ネガティブ情報」のこと

しかし、誰でもローンが組める一方で、デメリットとしては金利が高いという点があります。その代わり、頭金なしのフルローンが組めたり、長期貸付も可能であったりするので、様々なニーズに応えてくれるため、便利であると言えるでしょう。

ブラックリストに載っているという不安がある人でも、一定期間が過ぎたらまたローンを組めるので、最初から組めないと諦めないで、問い合わせてみるといいかも知れません。

銀行系ローンは、ブラック歴のある人はローンは組めない可能性が高いので、必然的にクレジット系を申し込まなければならないので、いくつかの会社でローンを組めるか組めないか問い合わせる必要がありますから、自動車販売会社が仲介している信販会社以外も探してみましょう。

ですが、金利や貸付額などを考えるとネットなどから利用できる銀行になると思いますので低金利マイカーローンの返済シュミレーションを利用して各社の違いを比較検討してみることをお勧めします。

ディーラー信販会社以外でお勧めする信販会社

  • オリコ

来店不要で車の購入のローン!契約書一枚で申込みに審査までスピーディーいでき納車までも素早く出来る。

  • ジャックス

車の購入(新車・中古車)に利用でき、借り換えにも利用できる。また二種類のオートローンから選べるのでライフスタイルにあった返済が可能。

  • アプラス

アプラスのオートローンプランは新車・中古車がある。内容や条件は変わらない!新生銀行グループなので安心して利用できる

  • セディナ

セディナには二種類のプランがあり、オートローンは車購入から車検や整備などに必要な費用などい利用できる。マイカーローンは車購入は勿論、バイク購入も利用可能で自動車パーツやアクセサリーなどにも利用できる。

  • 日本海信販株式会社

目的型ローンとして暮らしにあったプランで利用できるローンなおでマイカーの購入から旅行費用からリフォームまで利用可能。

  • イオンプロダクトファイナンス

カーライフ・マイカーローンとして新車から中古車まで利用可能。取扱い車種も国産車から輸入車など全てのメーカーに対応している。

  • 損保ジャパン日本興亜クレジット株式会社

自動車ローンのプランで利用額が3つ分かれており、来店不要お簡単申込みでスピーディーな融資で可能!中古車購入のプランは別にある。

ブラック歴があっても、リストから抹消される期限を過ぎていれば、ブラック歴は関係なくなりますから、できるだけ条件の良い会社でローンを組めると、最終的な総支払額がかなり違います。

信用情報を確認はこちら!

ディーラー系自動車ローンとは

dealerkei銀行系ローンやクレジット系ローンとは違い、自動車販売会社が独自のローン会社を持っている場合があります。

これはディーラー系のローンで、大手の自動車会社の子会社としてローン会社があるので、そのメーカーの新車を買う時にディーラーで申し込めるローンです。

自動車メーカー独自のローンなので、かなりの低金利でローンを組めるのが最大のメリットです。

特に、キャンペーン時期や決算時期には、金利を下げて売り上げを伸ばそうとしてくるので、そういう時期にローンを組めると、金利を含めたローン支払い総額の違いから結果的に安く買ったと言えるでしょう。

ディーラー系ローンの場合は、比較的ローンの審査も厳しくありません。なぜかと言うと、ローン会社自体がメーカーの傘下であるので、ローンを組んでもらってでも、たくさんの車を売りたいと考えるのは当然でしょう。

また、ディーラー系ローンの特長的なことは、残価設定ローンに対応していることです。残価設定ローンとは、数年後の下取り額を最初から引いた金額分だけをローンとして組むことですが、このような特異なローンは他では扱いがなく、自社ローンだからこそできることなのです。

この場合、かなり低額でローンを組めるので、新車に手が届かないと考えている人にもお勧めなローンとなっています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*