縦列駐車が上手になるためのポイント

juuretsuchuusha

縦列駐車はコツを押さえて落ち着いて
しかし、縦列駐車は教習所の卒業検定で方向転換などの項目で必ず行わないといけないものです。苦手意識を持たずに、教習中に得意になっておけば大丈夫です。縦列駐車を上手に行うには、いくつかのコツがあります。そのコツさえ守れば、かんたんにクリアすることができます。

教習所の縦列駐車の場所には、いくつかの柱やポールが設置してあります。実際の道路にはそのようなものはありませんが、それを目印にして縦列駐車を行います。目印にするポールは2つです。運転席から見て、進行方向(前方)から左手に車庫に見立てた場所があります。

車庫に見立てた場所の前方(車庫に入ったと仮定して、その時に運転席側にあたる場所)の角にある1本と、バックするときに自分の目線から見て奥の右角にあるポールの2本です。これを目標にしながら落ち着いてハンドルを切ることが大切です。

実際の運転では、バックをしながらハンドルを操作するというように、いくつもの動作を同時にしないといけないと思ってしまいますので難しく感じるものですが、同時に急いで行う必要はありません。バックをして一旦停止してハンドルを切り返すというように、動作を1つ1つ分けて落ち着いて行えば、誰でも上手に攻略することができます。

教習所で実際に縦列駐車をやってみる

juuretsuchuusha2教習所で実際に縦列駐車を行う時には、落ち着いて目標物を目視しながら行います。縦列駐車を行う場所まで運転していくと、前方の角(車庫に車が入ったと仮定したときに運転席側に見える角)にポールが見えますので、その角がリアウィンドウ(後方のガラス)から見える位置までゆっくりと前進します。

見えたら停止して、いよいよ縦列駐車に入ります。まず、左右を確認します。次に後ろを見て、リアウィンドウの右側のピラー(車のボディの柱)に最初の目標物のポールが隠れるまでゆっくりとバックします。ポールが隠れたら停止して、ハンドルを左へ切ります。ハンドルを切ったら、右のドアミラーを見ながら再度バックします。右のドアミラーで確認することは、後方奥にあるポールが見えるかどうかということです。

後方奥に見える目標物が全部見えたら、停止してハンドルをまっすぐに戻します。その次に、最初に目標にしたポールと教習車の前方角が、ポール前方の壁の延長線上に並ぶ位置にくるまでゆっくりとバックします。その位置まできたら停止して、ハンドルを右に切ります。

ここまでできたら、あとは車庫に入れるだけです。後ろのポールに当たらないように気を付けながらゆっくりとバックすれば、上手に駐車することができます。縦列駐車が終わったときは、ハンドルは戻さなくても構いません。サイドブレーキを引いて、MT車はニュートラルに、AT車はPにギアを入れて駐車完了の旨を報告します。

教習所の難易度からみて苦手とされる実技

  • 縦列駐車
  • 坂道発進
  • クランク
  • S字カーブ
  • バック

目標物から車がずれてしまった時には

juuretsuchuusha3縦列駐車をしている途中で、上手にやろうと慎重になりすぎて目標物よりハンドルを切りすぎたと思ったときには、慌てずに修正すれば大丈夫です。しかし、実際の試験で切り返しを行うときには、規定回数を越えたら失格になってしまいますので、注意が必要です。

そうならないためにも、しっかりとコツをつかんで上手になるまで教習所で練習するように心がけます。まず、バックしているときに、後方の奥の目標物よりも左にハンドルを切りすぎてしまったときに修正をしたい場合は、前方へ進んで再度ハンドルを切り直す方法があります。

しかし、前方に進んで切り直した場合は「切り返し1回」とカウントされてしまいますので、できる限り切り返しの回数は減らしたいものです。そこで、切り返しの回数を少なく抑えるコツは、失敗したと思ったら前進せずに右にハンドルを切ってゆっくりとバックすれば修正できます。この場合は、後ろに進行しながらハンドル操作を行ったということになりますので、切り返しとは判断されません。

また、前方の目標物の壁の延長線上に教習車の左角を平行に並ぶようにバックしたいところで、それよりも後方まで下がりすぎたときには、ゆっくりと延長線上に並ぶ位置まで前進します。そのまま縦列駐車を続けたならば、後方の左角を壁や縁石に当ててしまう可能性があるからです。

この場合の前進は「切り返し1回」と見なされますが、落ち着いて行えは1回ですむことですので、失格にはなりません。

netginncoucardloan

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*