自動車税を滞納してしまったらどうなる

jidousilya15

自動車税の納期は毎年5月末です
自動車税は都道府県税事務所から課税される地方税です。課税時期は毎年5月と決まっていて、その納期限は5月末日に決まっています。

ただし、この5月末日が土曜日や日曜日などの場合には、6月1日等のようにずれる場合もあります。自動車税は車検時に納税するという人もいますが、5月末日などの納期を過ぎれば延滞料の計算がスタートしてしまいます。

地方税法上、納期限を過ぎたら延滞料の計算がスタートしていき、その金額が千円を超えた時には、元々の税額つまり本税以外にも延滞料も納税しなければならなくなります。

この延滞料も完納しないと、自動車税納税証明は発行されないので、車検時において運輸支局で車検が受けられない事態になってきます。都道府県税事務所ごとで延滞後の対応は多少異なるとされていますが、通常は「督促状」を発送し、その督促上でも納税しない場合には、「催促状」が発送されることになります。

その催促状では文面がかなり厳しい内容になっており、差し押さえなどを行うといった厳しい文言が並んでいることが一般的です。しかもこの催促状が届くころには、延滞料も発生しているために、余計に税金を払わなければならなくなります。

滞納時の行政処分は厳しい

自動車税に限ったことでもありませんが、税金、延滞金も含めて滞納をしている場合の行政の処分は厳しい場合があります。督促状の段階でも最近では差し押さえを行う旨が記載されるようになり、行政側の意図が見え隠れします。

滞納をしてしまった場合でも、それが納期を過ぎてすぐの場合には、延滞金が千円を超えていない場合も多く、最初に送られてきた納税通知書でも納税が出来る場合が大半です。

その一方で、納税証明書は期限が決められているため、別途取り寄せなければならないという手間が出来ることもあります。

督促状が発送される時期には、サラリーマンなどの人の場合にはボーナスが支給されていることもあり、それですでに納税が完了していることもあり得ます。行き違いになることがあるのですが、その点はやむを得ないこととして、納税者側も納得するしかないでしょう。

滞納しないように可能な限り早めに納税をする意識が必要です。督促状の発送、郵送代にも税金が使われていますので、納税者側も意識をしっかりと持って、納期限内に納税する意識を常に持つことも大切でしょう。督促状は都道府県でも異なりますが、大抵が7月中旬ごろに送られてきます

自動車税の納税意識をしっかりと持つこと

jidousilya14自動車税も決して安いものではありません。そのため、毎年5月に発送されてくるのが分かっているわけですから、事前に納税するために必要なお金は用意しておいて、速やかに納税する意識を持つことが重要です。

延滞金がかからないとは言っても、督促状や催促状などの文書の作成や発送料金は税金です。無駄な税金を行政が使わなくてもいいように、納税する側も決められているものは速やかに納税して、税金の無駄遣いを少しでも排除するべきでしょう。

万が一、滞納をしてしまった場合は、連絡等をしなければ銀行預金などの調査を税務当局が行ってきます。そこで預金があることが分かれば、かなり早い段階でも最近では差し押さえを行ってきます。差し押さえになると銀行通帳が使用できないといった問題が生じますし、銀行預金が差し押さえられなくても、現物を差し押さえて、インターネットオークションで公売にかけるところも増えています。

それだけ滞納について行政が本腰を入れているわけですので、もし事情があって滞納をしてしまう場合には、事情の説明といつごろ納税をするのでという話はしておくことが必要です。連絡などがなければ、ただ単に横着をしているとして差し押さえられるだけです。

自動車税が払えない場合の対処方

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*