自動車購入時に進められる自動車保険の裏事情

自動車購入時に保険をすすめられることがある
自動車を購入する際、よくあることのひとつにディーラーからの自動車保険の紹介があるのです。この自動車保険はいろいろな保険をおすすめされますし、一緒に入ったほうがいいというようなこともあります。良くテレビCMやネット広告で見るような比較や見積もりがあるものではなく、だいたいこのくらい、というような保険料の概算までしてくれるところもあるようです。

特にディーラーは車関係のことまでしっかりしてくれるので、車のことは全てプロに任せると安心でしょう。実際、この時におすすめされるままに申し込みをし、車を手放すまでずっと同じ保険に入り続けている、というようなこともあるようです。もちろん自動車保険のCMなどを見たり、いろいろな機会に見直す人もいますが、やはりプロがおすすめしてくれたということもあり、見直しなんか定期的にすることすらない、というような人も少なくありません。

でも、冷静に考えて見れば、少し不思議なことではないでしょうか。自動車を購入して自動車保険に入るのは当たり前のことですが、自動車保険の会社でもないのにどうして保険についてすすめてきたりするのでしょうか。ここには、いろいろな理由があったのです。

理由はすぐ乗る人とインセンティブ

insentekubu親切なディーラーの場合は納車後すぐに車に乗ることを想定して、いろいろなメンテナンスを行います。例えば追加で購入したアクセサリの場合はすぐに使えるように設定してくれていたりもあるでしょう。そんな状態ならすぐに乗ることができますし、車を購入してすぐは自動車事故も起こりやすくなっています。

このため、納車の時点ですでに自動車保険に加入しておくことが望ましいのです。これは特に自動車に乗る人ならば必ず受けておきたい配慮といえるでしょう。もうひとつはこういったディーラーが紹介する自動車保険に加入すると、ディーラーに「インセンティブ」が入るのです。

これは自動車を購入した人が紹介した自動車保険に加入してくれると、ディーラーや営業の人に紹介してくれたお礼として保険会社からいくらかメリットがあるということです。この内容は様々ですが、ディーラーからすれば良い利益になることが多いようです。また、営業の人にもいろいろな利益になるものです。このため、それなりに良い保険だったりしますし、また車両保険がついて保険料が高めになることも珍しくありません。保証内容は充実していますが、やはり比較すると高めの傾向があります。

もし入り直すならどこがいい?

hairinaosuこういったことは珍しいことではないので、特に自動車保険は別の保険に見直すと「節約効果」が高くなります。この節約効果ですが、なるだけ安く条件のいいところに入るのなら、やはり見積もりや比較してみるといいでしょう。

もちろん複数のパンフレットなどを見比べて比較するのも方法ですが、一番いいのは見積もりを取ることです。特に複数の会社から見積もりを取り、その見積もりを見比べることでだいたいここがいい、というようなことが分かってくるでしょう。

見積もりに関しては、その会社によっても書式や金額は違います。また欲しいサービスや車両の種類などによっても金額は変わってきますし、「加入年齢」や「免許の色」などでも保険料額は違います。ただ、全体的な傾向としては、やはりディーラーの保険と比較すると、いくらかの節約効果があるようです。

特に最近はインターネット上で全て済んでしまう安価な保険もたくさんありますので、一度見直すだけでもだいぶ金額は変わってきます。安価でも保証内容がしっかりしている保険が多く、やってみると意外とあっさり申し込みが済んでしまうようなものも少なくありません。もし車関連の出費を抑えたいのなら、一度試してみるといいでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*