自動車学校のローンは未成年でも可能?

loankumitainayami

自動車学校のローンを組みたい、そんな時の方法

高校生になれば、自動車学校に通うことが出来ます。

特に地方の場合なら、自動車は高校卒業後就職する際すぐに必要になるため、 高校卒業までに免許を取得しておく必要がある人もいる でしょう。

また、 専門・短大・大学生で運転免許を取りたいという人 もいるでしょう。

もちろん未成年でも、高校生でも免許を取得することは出来るものです。とはいえ、最近は 高校生でも自動車学校のローンを使いたいという人 もいます。

これは自分では払えないので卒業後に就職やアルバイトなどで返済していくというものです。

自動車学校で取扱いしているローン

このローンは主に自動車学校で取り扱っており、運転免許取得のための費用ということで教習所で申し込みをし、審査を行ってローンを組むというものです。

このローンにはいくつかの借入先があります。

いろいろなローンの会社が行っているものですが、大体の場合は教習所が紹介する提携ローンを組むことが多いのではないでしょうか。

このような場合、未成年でも利用することが出来るのか、またもし利用できるとしたらどのようにすればいいのか、出来ないとすればその理由は一体なんなのでしょうか。

また、ローンが利用できる人と利用できない人の違いは何でしょう。

未成年でローンを組むより、親御さんがローンを組むことのほうが書類などの手間も省けスムーズにできます。自動車学校の費用にバイクの費用など車関連のお金に幅広く使用できるのが銀行の自動車ローンです。子供のためとは言えお金を借りるのは、それなりの労力が必要です。また借りる前に返済額はどのくらいになるか心配なると思います?!それなら返済シュミレーションを利用して計画を立てれるマイカーローンのネット完結が利用しやすいです。

未成年でも可能な場合と不可能な場合がある

miseinenloan実は、免許取得のためのローンは未成年でも利用することは出来るのですが、いろいろな方法があります。

ひとつは、それなりに アルバイトなどの収入があって申し込み をする場合です。

これは 大学・短大・専門生でもアルバイトをして自分で収入を得ている のなら、学生でも組めるローン申し込みをすることが出来るということです。

とはいえ、だいたいの場合は自分の名前と一緒に親の名義になることが多いでしょう。未成年の場合は親権者という人の許可がなくてはそういった借金などは出来ないのです。

この場合は金融に関する様々な法律が関係してくるのですが、こういった法律によって親名義での借入になるということを覚えておきましょう。このため、実際に借りるときには親の同意が必要になります。

また、中には親権者の同意だけでは無理で、さらに保証人となる人が必要になる場合が多くなっています。

保証人として頼める人とは

保証人となる人ならば色々なケースがありますが、大体は三親等以内となっていますので、経済力のある伯父さんや伯母さん、あるいは祖母や祖父の保証が必要になります。

また、経済力があれば兄弟でも可能です。

一応覚えておくべきこととしては、成年しているわけではないので、個人での申し込みは難しいということでしょう。

書類を揃えても審査に通らない場合の対策は?

shinsataisaku実は、このような申し込みをしっかりとしても、運転免許取得のためにお金を借りることができない場合もあります。

理由としては、やはり 親の同意が得られていない ということもありますし、また保証人となる人の経済力などに問題があり信頼性が低く、会社の審査に通らないということがあるでしょう。

自動車学校が提携しているところの場合はそれなりに通りやすい傾向はありますが、教習所が紹介していてもダメならいくつかの方法を考えましょう。

保証人について

連帯保証人となるのを他の人にしたり、あるいは保証会社を利用するのも方法です。

これは保証人がいない人向けのもので、企業が保証してくれるのです。このため、保証会社を利用して運転免許を取る事も出来る場合もあります。

詳しくは教習所に問い合わせてみましょう。

また、親権者の同意がなければ運転免許のために費用を借りることが出来ない場合は、成人するまで待ちましょう。20歳になれば親権者の同意は不要なので、教習所でも申し込みを受け付けることが出来ます。

また、親名義での借入でも審査が通らない場合は、もう一人の親名義で申し込んでもらうか、もしくはやはり成人するまで待つという方法もあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*