自動車ローンで保証人不要はあるの?

hoshonin2

自動車ローンは必要だけど保証人が
自動車を買うのは、とても大きな買い物なのでローンを組むというのもさほど珍しいことではありません。自動車ローンを利用している人は多く、お金がなくても車が買えるのはとても便利なものです。ですが、だいたいの自動車ローンは申し込みの際に審査があり、その時に保証人が必要になっている場合がほとんどです。保証人とは、借金が支払えなくなった際に自動車ローンサービスを行っている銀行や消費者金融などが返済を請求する人です。

請求する借りる人と比較的近い立場にある人である程度経済力があるひとがなることが多くなっています。もし車を購入してローンを組んだ人が支払えなくなった時、銀行や消費者金融などはその人に返済を求めることができるのです。また、そのような請求をされた場合、保証人は支払いを行う義務があります。

ただしこの時にはローンを組んだ人の返済義務が無くなるというわけではありません。ちなみにこの制度にもまた審査があります。審査を行い、ローンを行っている銀行などが自動車ローンの保証人として相応しいと判断すれば大丈夫ですし、ふさわしくないとすれば別の人にお願いする必要があります。また、あなたにある程度経済力があれば申し込みの際に不要でも申し込みできる場合もあります。

保証人が必要な理由とは?

hitsuyonariyu
このような人が必要な理由のひとつは、やはり返済ができなくなった時のため、ということがあるでしょう。銀行や消費者金融などは審査の段階で様々な可能性を考え、きちんと支払えそうな人か、借入可能額は適切か、というようなことを判断し、借入可能額や返済についてのプランを設定します。

ただ、経験豊富な銀行がいくらしっかりと決めても、実際には返済ができなくなる人もいるのです。そのような人に対して銀行が借入の残りを請求するために必要になっているのです。ただ、あまりここまで行くことはありません。これは自動車ローンの場合は購入した自動車そのものを担保にすることが出来る、ということがあります。

自動車ローンの場合、返済ができなければ最悪その車を差し押さえることもできます。支払いができない人の中には車を銀行に持って行かれたという人もいますが、その多くの理由は支払いをきちんとしていなかったことやその後の対象方法が悪かったことが原因です。もちろん最初の1回支払いを忘れたらすぐに引き取る、というようなものではなく、ある程度段階を踏んで請求されます。でも、もしそれでもダメなら差し押さえ、ということになってくるのです。

もし保証人が利用できなかったら不要のローンか協会を

loankyokai
こういったことを誰にもお願いできない場合、いくつかの方法があります。ひとつは保証人不要のローンを使うということです。このローンは「自動車ローン」という形にかぎらず、「フリーローン」や「カードローン」というような名前のローンです。

フリーローンやカードローンはその人の経済状況や金融情報などをもとに借入金額を設定しますので、この借入金額内であれば自由に使うことが出来ます。ただ、一般的な自動車ローンよりもだいぶ金利が高い傾向があります。また、一部のローンはこういった保証人が不要です。誰かに頼まなくても自分の経済力でローンが組めます。

ただ、ある程度経済力があることが条件としているところもあり、審査も比較的厳しくなっています。もうひとつは「保証人協会」を利用するものです。これはローンの申し込みの際に協会から名義貸しの人を紹介してもらえるという場合や、協会そのものが保証するというものです。

こちらは申し込みが必要になりますし、協会を利用しても必ず自動車ローンが通るとは限りません。審査の際に続柄を確認されて戸惑ったり、紹介されたその人の経済力などに問題があり、ローンが通らないこともあります。銀行がこのような協会を教えてくれることもありますので、利用すれば頼む相手も不要です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*