自動車保険を安いところに変更したい

保険ショップという新しいタイプの店舗
自動車を所有していると任意の自動車保険に入っている人がほとんどですが、車を購入した時にかけた自動車保険を見直すと、意外と使わない部分に保険をかけていたりします。そこで、自動車保険をできるだけ安いものにすることが必要です。この場合、現在加入してる自動車保険会社と他社の違いを明確にするために「保険ショップという店舗」で自動車保険の見直し・変更をすることが出来ます。

保険ショップは特定の保険会社のみの商品を扱うのではなく大小さまざまな保険を比較し違いを明らかにするために20~35社以上の保険の商品を扱っているのが普通です。この保険ショップができた背景には、それまでの保険のセールスの仕方に限界が出てきたからです。かつて保険は、セールスマンが家に来て保険の加入を勧めるモノでした。自動車保険も生命保険も加入率は今よりも低かったため、訪問型の保険ビジネスが成立したのです。

ですが、現代のように自動車保険も生命保険もすでに加入をしている場合は、新しく加入させることよりも、すでに入っている保険と比較してより安い自社の保険に変更させる方法しかありません。新規で加入する可能性が減少したため、各社ともに伸び悩みがみられたのです。

違いを見つけて安い保険を選びたい場合は保険ショップがよい

hokenshop
訪問型セールスが衰退してきたのは、保険の勧誘セールス活動が防犯セキュリティーのせいでやりにくくなったという理由もあります。分譲マンションでは、防犯カメラや管理人がいるため、安易になかに入ることができないという問題があるのです。

また、一戸建てでもインターフォンにカメラが付いている家がほとんどですので、対面する前に断られてしまうといういわゆる門前払いが増え、かつてのように保険加入者を伸ばすのが難しくなったのです。

そこで、最近は保険セールスではなく、保険ショップという店舗を設けて、各保険会社は保険ショップと契約をしてそこで新規の保険加入者を採るようにしています。自動車保険をより安いものに変更して、負担のない保険を選びたい場合に保険ショップを利用する人が年々増えています。保険ショップでは相談員が各保険の違いを説明してくれるため、より自分に合った安い保険を選び変更することができます。

実際に保険ショップに行ってその違いを説明してもらい、より自分に合った安い保険を選び変更した人は、実に保険ショップに訪れた人の6割にも及ぶというデータもあります。もちろん、相談員が選ぶ保険が必ずしも自分が納得した商品かどうかはわかりませんので、相談員に任せきりにせずに自分でもよく比較検討をする必要があります。

インターネットでの比較サイトや一括見積を利用する場合

ikkatsumitsumori
保険ショップ以外にもインターネットでの比較サイトがあります。各社の保険を比較することで、より自分のプランに合った安い自動車保険を見つけることが可能になります。そういう意味では、比較サイトはとても便利でラクですが、比較サイトの欠点は自分で判断して自分で決めなくてはいけないことです。

中には比較サイトを作っている人(いわゆる比較サイトの管理人)に相談をして返事が来ることもありますが、管理人はそもそも保険のプロでないことが多いため、どこまでそのアドバイスが参考になるかは疑問です。また、たいていのサイトは管理人に質問をしてもまともな返事が返ってこないことが多いため、そもそも参考にすらならないかもしれません。

比較サイトを運営している人は、保険の素人で、そのサイトから保険の加入者が出るとそのサイトの管理人は契約している保険会社(子会社)から一定の報酬がもらえるためにサイトを作っているだけです。この仕組みは、保険の一括見積りでも同様になります。

保険の一括見積は、複数の保険会社から同時に見積もりをすることできるため、より安い自動車保険を選び、見つけることが可能になりますが、自分の電話番号も入力するため10分以内に保険会社から営業電話がかかってくることもあります。この点を気にしなければ、手軽に保険の比較ができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*