日立キャピタルの審査は意外と緩い

hitachi-capital

日立キャピタルは金利が低い
自動車ローンとしては金利が他に比べて低い部類となっているのが特徴です。

まずは利用するための条件、つまり申込条件をしっかりと抑えておきましょう。年齢から年収に関する情報まで、申込条件を満たしていなければ利用することが出来ません。

自動車ローンと言えば金利がいくらなのかが非常に気になるポイントであり、これによってメリットが大きく変化します。

出来る限り利息が安くなる内容の自動車ローンを組みたいものですが、基本的に利息を抑えることが出来る自動車ローンというのは審査基準が高いことが多いです。

審査基準が高く設定されているとやはり年収などで高評価を得ることが出来なければなかなか合格することが出来ません。

その点、比較的金利が低い設定となっている日立キャピタルはある意味狙い目な自動車ローンでもあります。

正社員として仕事をしており、しっかりと安定した所得を持っている人なら特に心配する必要もなく審査に突破出来ます。

審査期間中はなるべく他のローンなどへ申し込むことは避けましょう。審査は割とすぐに結果が出るので数日はじっと我慢して待つことが大事です。利息を抑えられるローンはかなり助かるものです。

日立キャピタルの審査期間は短い

shinsakikan
日立キャピタルへ自動車ローンの申込をしますと数日もあれば審査結果が出ます。割と審査期間は短い方だと言えます。

どのような自動車ローンへ申し込むにしても審査期間の間は結果が出るまで待たなければなりません。

合格できるかどうか分からないので、人によっては審査期間の間に別のローンへ同時に申し込みをしようと考えることがあると思いますが、これは基本的にやめておく方が良いです。

何故なら、同時に他社のローンへ申し込む場合、仮に自分が申込をしたローンすべてにおいて合格することが出来てしまうと、合格を出したローン会社にとっては申込時の情報とは異なる情報となるので大きなリスクを抱えます。

そのため、同時申し込みをしていることが分かった時点で審査に不合格となってしまうことがあるので、必ず審査期間の間は結果が出るまで待つようにしましょう。

また、基本情報として審査基準は絶対に教えてもらうことが出来ません。

もし不合格になってしまった場合でもどのような審査基準になっているのか教えてほしいところですが、これだけは日立キャピタルも含めてどのような自動車ローンでも絶対に審査基準を公開してくれることは無いので覚えておきましょう。

銀行カードローンも視野に入れておこう

ginkoshiya
日立キャピタルの自動車ローンは低金利からローンを組める割には審査が緩いと評判のローンでもあります。

しかしながら、誰もが合格できるというわけではないので、どうしても審査に通ることが出来ないという人は銀行カードローンも視野に入れておくと良いです。

今の銀行カードローンはかなり金利が低くなっているので、お金を借りやすい状況です。どちらかと言うと、銀行カードローンの方が審査に合格しやすいです。

もちろん、金額が高額になってくると自動車ローンと同じようにしっかりと収入状況が考慮されますが、車を購入する際に半額ほどは貯金で出すとして、足りない金額を借りたいという場合は限度額を小さくすることができるので金額によっては収入証明書も必要ないことがあります。

銀行カードローンの金利は基本的に限度額を大きく持つほど、どのような銀行を利用するにしても利率は低くなってくるので、しっかりと自動車ローンを利用する際の利息と比較しながら、どのくらいの限度額が好ましいのかを考えると良いです。

足りない金額を銀行カードローンで借りるのは、まさに物は考えようであり、なるべく貯金から購入を検討するなら借金が減るメリットがあります。

現在、日立キャピタルの自動車を購入する際のローンは残念ながら取扱いをしてにません。

日立キャピタルの現在の取扱いサービス

  • オートリース
  • メンテナンスサービス
  • リースバック
  • メンテナンス受託サービス
  • HAL-NET
  • ETCカードサービス
  • ガソリンカード提供サービス
  • ロードサービス
  • 安全運転講習サービス
  • 車両買取サービス
  • HitachiCard(日立カード)
netginncoucardloan

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*