自動車パーツヘッドライトの種類と機能説明!交換には注意

Exteriorheadlight

自動車には外観・内観に各部分に名称があります。

この名称によってはオプションでエアロを組めたり、すでにエアロを組んでいるクルマを購入したりの選択ができるのですが、各部分をどのように呼べよいのでしょうか?!

知っている人も多いと思いますが、知らない人のために車の各部のパーツや名称や機能などを知っておけば修理やカスタマイズをする時にスムーズに伝えたり作業を行うなことなどができるほか、なにかと役に立つと思いますので、ご案内していきます。

部分名称 ヘッドライトについて

ヘッドライト

headlightpriusヘッドライトは車のフロン部分に必ず装着されています。

夜間走行や雨などで視界が悪い時にドライバーの視界確保や対向車などに知らせるための役目を果たします。

クルマが安全に走行するためにとても重要なパーツです。

ヘッドライトの形もこの数年で、凄く変わりましたね!とくにトヨタやレクサスなどはとても個性的な形をしてますよね。

フォグランプ

priusledfogヘッドライトの補助的なライトで、フォグは名前の通リ【霧】が発生した時の走行に役立ちます。

霧の中で視界を確保と対向車に走行している視認性もよくなるの視界が悪くなったときに必要となってきます。

ポジショニングランプ

ヘッドライトとウインカーにポジショニングランプが一体化されたものや、独立しているものなど形状は様々です。

車幅灯とも呼ばれていて、対向車になどに目印として知らせる役目があり、ヘッドライトの点灯をするほど暗くない時に使用します。

ライト・ランプの種類

LEDライト
消費電力が少なく小型で長寿命なのが特徴、今ではあらゆる物に使用されています。
とても明るく熱をあまりもたないのと消費電力が抑えられるのバッテリーにも優しいメリットがあるのです!
キセノンライト
その他にHID・ディスチャージとも呼ばれるものがあり方式的に一緒のライトです。
色が太陽光に近く、キセノンガスを注入され放電現象により光をは発します。ハロゲンランプの2倍以上の明るさがあります。
ハロゲンランプ
最もベーシックに使用されているランプがハロゲンランプになります。ランプ寿命も比較ながくキセノンが登場するまではハロゲンが、どのクルマのライトとして使用されたいました。

LED・キセノン・ハロゲン 3種類の明るさは!
lightakrusa

画像元はMINIクーパー専門サイト

クルマの顔ともなるフロント部分で印象を左右する部分のパーツがヘッドライトになるのです。

もちろん視界などの確保に最も重要な役目があるのですが、ヘッドライトが変わるだけでスタイルもかわってみえるので面白いパーツです。

ライトその他の機能や装備の説明

ロービーム

ヘッドライトが下方面を照らしている時がロービームになり基本の走行時に使用することが多いですが、本来は対向車や前走者など走っている場合にロービームを使います。「すれ違い用前照灯」という正式名所になりす。

ロービームは40m、前方を照らすように定められています。

ハイビーム

正式名所は「走行用前照灯」となり、基本的な走行で使用しますが、国内にこれだけのクルマが走行していると、逆にハイビームを使うことの方が少ない場合の人が多いと思います。

ハイビームは100m、前方を照らすように定められています。

※ 道路交通法に安全運転確保義務があり、夜間走行での回りの街灯や建物明るさでロービームでも安全が確保される場合はロービームで問題はありませんが、街灯や建物などの明かりがなく暗い場合はハイビームを使用することの義務があります。

また、ハロゲン・キセノン・LEDとだんだんライトも明るくなりドライバーとしては見えやすくなっている反面、対向車などからは眩しくて見えづらいなどの問題もありますので、こまめなハイ・ローの切替が重要になります。

ヘッドランプレベライザー

ヘッドライトの光軸の上下を調整する。ヘッドライトオートレベリングシステムがあり光軸の上下調整を自動でやってくれます。

オートライトが素晴らしく便利

carpriusautolight

画像元はトヨタ オートマチックハイビーム

オートライトがあり、薄暗くなるとヘッドライトが自動で点灯するようになっています。

またハイやローの切替を手動でしなくても自動でしてくれる装備をしたクルマもあり、このように自動で点灯して自動でハイ・ローをしてくれるライトを装着した自動車がこれから標準になっていくのでしょうね。

トヨタではオートライトの事を、コンライトという呼び名でもあります。

プリウスに限らずですが、ドライバーがまだ外が明るいと感じていてもオートライトが点灯し回りのクルマはライトを点けてなく、点灯が早いのでは?思う方の話を聞きますが遅いよりは早い方がより安全のためにも良いので気にしなくてよいと思います。

どうしても気になるようでしたら、ディーラーに持ち込んで初期設定の変更をしてもらうことも可能ですよ。

車のヘッドライトはお手軽に交換できる

新しく発売されたクルマやグレードによっては、LEDなどやオートライトなどの機能など標準で装備されるようになってきました。

またライトの明るさなども球を変える事で明るさもなどの変更も可能です。黄色いライトから白いライトに変えることが一時期流行りましたよね昔。

ディーラーなどで購入の時もヘッドランプのオプションなども用意されていますの、自分の好みに選択できたりカー用品販売店など交換も可能です。

現在乗っているクルマが、ハロゲンライトを使用していて明るいキセノンライトに交換をしたり、お金をかけてLEDなどにカスタムをすることも可能です。

※ ハロゲン(バルブ)の交換で注意する点は、寿命です。明るさを重視すると寿命が短くなり、寿命を重視すると明るさが失われますので、交換をする場合はディーラーやカー用品店でしっかりと相談してからの交換が大切です。

ヘッドライトの交換費用に困ったときは、お手軽ですぐに利用できるカードローンがおすすめ!

時間に余裕があり、金利などを抑えて借りたい場合は、銀行の自動車ローンは部品やオプションなどにも使用可能なのでお得に借り入れが可能です。

netginncoucardloan

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*