車の廃車手続きに必要なものは?

haisilya11

廃車手続きには一時抹消登録と永久抹消登録の2種類がある
自動車の所有期間が長くなると、パーツの修理代や消耗品の交換費用、税金などといった維持費用が多額になることを理由に、所有している自動車を廃車する人が少なくありません。この廃車にするための手続きは正式には「抹消登録」と呼び、新規登録や移転登録(名義変更)などといった自動車の登録手続きの種類の一つです。

廃車手続きの方法には大きく分けて2種類あります。1つは、一時抹消登録と呼ばれるもので、入院や海外出張などが理由で、所有している自動車を長期間使用しなくなる場合にこちらの手続きを行います。登録の抹消は一時的となるため、再び自動車を使用する必要が生じた場合は、車検(新規検査)に合格して新しい車検証の交付を受け、自賠責保険に加入すれば再び使用できるようになります。

もう1つは、永久抹消登録と呼ばれるもので、世間一般で呼ばれている廃車手続きはこちらの手続きのことを指します。事故や災害などによって自動車が損傷し、修理しても自走可能になる見込みがない場合や、初度登録から年数が相当経過している場合などは、こちらの手続きを行います。

この手続きを行った場合は、日本国内では二度とその自動車を登録して公道上を走らせることができなくなりますが、外国に輸出されればその国の法律によって輸出先の国の公道上を走ることができるようになる場合があります。また、中には一時的に登録を抹消させた後に、事情ができて自動車を廃車にしたい場合もあります。このような場合は、自動車を解体させた後に書いた色どけを行わなければなりません。

一時抹消登録を行うために用意しなければならない書類は何か

haisilya12一時抹消登録を行うためにはいくつかの書類を用意しなければなりません。この書類には、事前に準備する必要があるものと、申請日当日に用意すれば良いものがあります。

事前に準備する必要がある書類のうち必須となっているものが3つあります。

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 所有者の印鑑登録証明書

この他にも、代理人が申請する場合は所有者の実印の押印がおこなわれている委任状が必要となり、車検証の記載事項と印鑑登録証明書の記載事項に異なる部分がある場合は、住所が異なる場合は住民票や戸籍の附票、氏名が異なる場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)が必要となります。

印鑑登録証明書、住民票、戸籍の附票、戸籍全部事項証明書は発行日からの経過期間が3ヶ月以内のものに限り有効となっているので、市区町村役場から書類を取得する際は注意が必要です。

申請日当日に用意すれば良いものは、

  • 登録申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税

これらは運輸支局の窓口で用紙を手に入れることができるので、事前に入手しなくても特に問題はありません。また、業者に廃車の作業を任せている場合は、業者が書類の取得から作成まで行ってくれるので、自分から用意する必要がありません。

永久抹消登録や解体の届出を行うために必要な書類は何か

haisilya13永久抹消登録を行う際に必要となる書類は、基本的には一時抹消登録の場合と一緒です。異なる点は、書いた色どけを伴う手続きになる点と、自動車が既に使用不能になっていることを証明できるものが必要となる点です。

例えば、自動車の解体業者から発行される解体証明書がその書類の一つで、ここに記載されている解体報告の記録が行われた日と移動報告番号(自動車リサイクル番号)が申請に必要となっています。

また、災害によって使用不能となった場合は罹災証明書が使用不能を証明可能なものになります。一方、一時的に抹消した後に書いた色どけを行う場合は、自動車の使用不能を証明可能なものと登録識別情報等通知書と呼ばれるものを予め用意し、申請日に運輸支局の窓口で書いた色どけ用の届出書と手数料納付書を手に入れて必要事項を記入し、所定の窓口に提出します。

全国運輸支局 http://www.mlit.go.jp/

登録識別情報等通知書は、一時的に登録を抹消した車両の所有者に対して交付される、車検証と書式がよく似た書類で、車両を再び登録して使用する場合や、書いた色どけをする必要が生じた場合に提出しなければなりません。この通知書を紛失した場合は理由書が必要となるので、絶対になくさないようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*