学生でも組めるよ!自動車ローン

gakuseiloan

自動車ローンは学生でも組めるの?

自動車ローンについては、実は様々な人が組めるようになっています。

一般的なローンの場合、年齢制限としては18歳からとなっているところもありますが、自動車ローンに限ってはこの限りではありません。

収入がなくても、それなりに借り入れができてしまうのです。この理由は自動車免許を持てる年齢があるから、ということがあります。

自動車免許を持てるのは18歳から

高校3年生ならば自動車免許を取りに行く人もいる でしょう。

また、高校生になったらバイクの免許を取るという人もいますね。別に年齢が低くても、車を運転したりバイクに乗ることは出来るのです。

年齢にはいろいろな制限がある場合もありますが、 ローンは未成年でも可能?!

高校3年生が車の免許を取りに行くとか、高校生がバイクの免許を取りに行くのに自動車ローン を使うこともあります。

この場合は自動車ローンを提供している側が用途の中に『 運転免許取得 』というところを作ってある場合に適用されます。また、ローンの借入可能額はその時によっても違います。

その時に 高校生でもアルバイトをしているのであればローンの対称 となることもあります。

大学生・専門学校生・短大生ならなおのこと対象 となるでしょう。

学生が自動車ローンを組む時には保護者の許可が必要

gakuseihogosha学生でも自動車ローンを組むときには、いくつか気をつけないといけないことがあります。

その一つは、保護者の許可です。

未成年者・学生の場合に適用されることなのですが、その時に保護者などからの許可・承諾が必要になります。

これは銀行などでローンを組む際にも明確に必要となっており、特に後見人としての保護者の役割は非常に重要です。

大体の場合は父親か母親かどちらかの署名・捺印があればいいのですが、 自動車ローンの場合は保護者の許可が必要 です。

ローンの取扱い金融機関によって違う

もちろん自動車ローンのサービスを提供している銀行によっては、20歳を超え成人となっている人にはこのような許可は不要としているところがありますが、やはり 経済力が弱く収入も安定していない学生が借り入れをするのならば、親である保護者の許可は必要 です。

また、若いうちに両親のどちらも亡くしているという場合は後見人となる人の許可があれば大丈夫です。

例えば生活全般の面倒を見てもらっている 親戚の許可 だったり、親が残してくれた遺産の管理をしている 法的に認められた後見人の許可 になります。

ただし、この時は 続柄を証明する書類が必要 となることもあります。

ところで自動車ローンの保証人は誰?

hoshoninhadareまた、この際に 自動車ローンの保証人が必要 となることもあります。

自動車ローンの保証人とは、借入をしたあなたが様々な理由で返済ができなくなった時にかわりに返済したり保証したりする人のことです。

この場合は一定の収入条件があったり様々な形での連帯保証人として必要になります。

もちろん、これは保護者でも構いません。

親が一定の収入があり、自動車ローンを貸す側が認めてくれる人ならばそれで構わないのです。保護者がなることが多く、保護者も保証人も親だということも少なくありません。もちろんどちらかが父親でどちらかが母親でも、どちらも母親でも父親でも構いません。

また、全くの第三者を立てることも出来ます。

この場合は続柄の面を考える必要がありますが、数十万円から数百万円程度のローンならばある程度それでも構いません。

もし 銀行側がOKしてくれるのなら、保証人ではなく保証会社を立てることも出来ます 。

保証会社とは会社が保証人の代わりをしてくれるというものですが、利用の際にはいくらか費用がかかりますので、少しでも早く返済したいなら保証人を立てて 毎月の収入からしっかりと返済していくのが一番安い方法 になります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*