エンジンに異変?早めに修理したいけど費用の相場は?

engineihenn

何の予兆もなく切れてしまうタイミングベルト交換の相場
エンジンに異音が発生したり走りの質が低下するといった異変以上に、愛車を長く乗り続けるうえで覚えておかなければならない修理箇所があります。それは「タイミングベルト」です。

  • 現在ではチェーン製の切れないタイミングベルトを搭載した車が多い
  • 滑らかな駆動を実現するゴム製のタイミングベルトを装着した車はいまだに多いのが特徴

このタイミングベルトは、一般的に10万キロという走行距離をメドに交換することが推奨されていますが、ドライビングスタイルや環境によって耐久性が左右されるため、できるだけ早めの交換が大切です。もし切れてしまうと、突然エンジンが止まってしまうだけでなく、ブレーキに異常をきたすだけでなくハンドルも重くなるため、レッカー移動中ですら事故を発生させる可能性もあります。

ファンベルトやクーラーベルトのように目視することができないだけでなく、タイミングベルトが切れてしまうとピストン等が破損するため、ほとんどのケースでエンジンを交換しなければなりません。もしタイミングベルト交換だけで済むなら、部品代と工賃込みで費用は数万円から10万円ぐらいまでで収まるものの、エンジンを交換するとなれば工賃だけでも10万円以上が相場となってきます。

パワーが伝わらないときに疑うミッション交換の費用

enginepawafusoku エンジンそのものに異音や異変そして異臭を感じないものの、アクセルを踏んでも加速してくれなかったり、変速のタイミングが以前よりも遅く燃費が悪くなってきた。、

オートマチック車であれマニュアル車であれ変速時に不快な振動が発生したり車体が揺れるといったトラブルが発生した場合、摩耗したり損傷しているトランスミッションのクラッチをオーバーホールあるいは交換しなければなりません。

おおよその相場については、ミッションオーバーホールの場合、メンテナンスに要する費用は5万円から50万円が相場となります。一般的にマニュアル車よりもオートマチック車のほうが費用はかさみます。かつては摩耗したり損傷したパーツを交換するオーバーホールが主流でしたが、昨今ではリビルドパーツと呼ばれる中古のトランスミッションが充実しているため、修理の費用を抑えたい場合はリビルドパーツとの交換が推奨されています。

ミッションの交換については車種にもよりますが10万円ぐらいからが相場となっています。タイミングベルトと同様に、トランスミッションも故障箇所を放置したまま運転を続けると自走できなくなってしまうだけでなく、ダメージが広がってしまい修理費用も膨らんでしまうため、異変を感じたらできるだけ早めに自動車整備工場へ持ち込み相談することが大切です。

エンジンが全く動かなくなったときの交換にかかる費用と相場

enjinkakaranai エンジンが全く動かなくなる原因は、先にあげたタイミングベルトが寿命によって切れてしまうといった理由の他に、「エンジンオイル」の交換を怠ったり、オイルの量が減ってしまうことで燃焼機関内部が摩耗したり焼き付いてしまうことが原因となるケースも少なくありません。

一般的に5000キロごとに交換するのが良いとされるオイル交換ですが、その費用は3000円から高価なオイルを使用しても数万円程度とリーズナブルであるため、良好な燃費性能と長期間にわたって性能を維持するためにも、オイルの定期的な交換を励行することがのぞまれます。

こうした作業を怠り長期間にわたって整備することなく車を運転し続けると、高い確率でピストン等が損傷し、場合によっては焼け付くなどして自走できなくなる程のダメージを被ってしまいます。昨今ではリビルドパーツが充実してきたため、地道な整備を要するオーバーホールよりも、エンジンそのものの全交換が推奨されます。

ただ、交換作業は労力を要するため、工賃だけでも費用は10万円からとなっており、それにプラスしてリビルドパーツ代が加算されます。交換するエンジンについては、その程度や在庫状況によっても相場が変動するため、工賃をプラスすれば十数万円から車種やリビルドパーツによっては百万円近くの出費も覚悟しておかなければなりません。

リビルドパーツとはなにか

中古車から取り出された、利用できる部品を更に分解して消耗する部分を新品に交換して新たに利用できるパーツにした物

リビルド部品

エンジン ミッション セルモーター
ダイナモ 噴射ポンプ キャブレター
ラジエーター コンデンサー パワーステアリング

パーツがリビルドされる物は、上記意外にもあります。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*