ETCカード

ガソリン割引があるお得なetcカード

waribikietc

etcカード選びで悩んだらコレがおすすめ
etcカードは本当に様々な種類のカードがあるのでどれにするのか悩むことがありますが、そのような場合に誰にとっても使い勝手が良いetcカードがあります。それはカード内容としてガソリン割引を使えるというものです。基本的にetcカードを使うということは普段の生活の中で少なからず車に乗るわけです。

車の維持費の中でもガソリン代は大きな出費ですし、これをetcカードのガソリン割引で少しでも安くすることができると助かります。しかも、このカードの良いところは誰にとっても使い勝手よいところであり、無駄になることはまずありません。必ずガソリンは補給することになりますし、適当にポイントをいろんなことに使えるカードを選ぶよりも確実に実用性があります。

車に乗り続ける限りはずっとガソリンを購入することになるので、ガソリン割引があるカードを長期的に使い続けるほど、それだけメリットが高くなってきます。カード内容を見ながらどのようなタイプのカードにするのか迷うことがあるなら、このガソリン割引可能なタイプがおすすめです。年会費など他の項目をすべて見たときにこれといって決め手にかけるカードが多いならガソリン割引を選んでみましょう。

提携しているガソリンスタンドをチェックしよう

standteikeiガソリン割引を活用することができるetcカードを持つ場合は一つだけしっかりと確認しておきたいところがあります。それはどのような会社のガソリンスタンドで割引を受けることができるのかをチェックすることです。カードによって提携しているガソリンスタンドが異なることがあります。

そのため、選び方としては自分が普段から利用しているガソリンスタンドが提携先となっているタイプを選びましょう。仕事で毎日車の乗る場合など、一般的には自分が車で頻繁に通るルートにあるガソリンスタンドを利用することが多いですが、もしこの点をチェックせずにガソリン割引可能なカードを選んでしまう。

いつも使っているガソリンスタンドでは割引が適用されないことがあるので、その場合はわざわざ利用できるところまで行かなければならないという手間が発生してしまいます。そうならないためにもしっかりと提携先を確認してから入会するようにしましょう。提携先を確認する方法はそれぞれのカード会社へ連絡すればよいですし、いつも利用しているガソリンスタンドでこうしたタイプのカードが発行されているかどうかを質問するのも一つの便利な方法となります。

etcカードのサービス内容の使い道

standserviceetcカードは基本的にどのようなカード内容になっているタイプでも、使えば使うほどお得になるように作られていることが多いですが、それでも利用者にとってはサービス内容の使い道があまりないということもあります。

結局、ポイントを貯めることができても、そのポイントを使う機会がないとメリットがほとんどなく、単なるetcカードとなってしまいます。やはりどちらにしてもカードを利用するのであれば、お得なサービスを得ることができるほうがよいに決まっています。

しかも、カードを割と頻繁に使う人や長期的に車に乗り続けることが多い人にとって、カード内容にメリットがないのに使い続けると、それだけメリットを取りこぼすと表現することもできます。色々とカードの種類を調べると本当に多くの種類があることが分かりますが、その中から自分が利用しやすいタイプを見つけることができない場合は確実にメリットを得ることができるガソリン割引は選びやすいカードだと言えます。このタイプに的を絞って同じジャンルのカードでも、もっとメリットが高いカードも見つけることができるので比較をしてみると良いです。どれだけメリットがあるのかを追及してみましょう。

ポイント還元率が高いETCカード

ETCカードは費用対効果を考えること
ETCカードは自分にとって使いやすい内容になっているカードを見つけたいものです。本当にカードによって特徴が異なるので、適当に選んで入会するのではなく自分にメリットのあるカードを探すようにしましょう。どのような内容にメリットを見出すのかは人によってかなり違うものがあるので、自分の生活の状況などから使い勝手の良いカードを探していくと上手に選ぶことができます。

ETCカードの内容を色々と見ていくと分かりますが、どのようなカードでも「ポイント」の内容に大きな違いがあることが分かります。一般的には費用を気にして「年会費」がいくらなのかなど、出費に関する情報を優先してカードを選ぶ人が多いですが、本当にお得なカードかどうかは費用対効果を見る必要があります。

この費用対効果も当然ながら同じカードでも費用対効果をしっかりと得ることができるかどうかは異なるので、やはり自分なりの費用対効果を考えながらしっかりとカード選びをしていく必要があります。一つの注目点としてカードポイントのポイント還元率に注目するとよいです。このポイント還元率が高いカードほど、基本的には費用対効果が高くなってくるので覚えておきましょう。

ETCカードの年会費は有効期限とセットで見よう

etcyukokigen
ETCカードによっては年会費が必要となるカードがあります。基本的にETCカードへ入会するときに年会費が必要となるカードというのは「有効期限」とセットで見ておきましょう。カードを作成してから有効期限を確認していつまで使えるカードなのかを把握することが大事です。

有効期限が長いカードはそれだけ年会費が必要となる回数が多いので、有効期限をしっかりとみてトータルの年会費を先に計算しておきたいものです。また、費用対効果からETCカードを選ぶ際にも有効期限と年会費をセットで考えるようにして、そこからどのようなメリットがあるのかを見出していくことが大事です。

こうしてカード内容を細かく見ていくと、出費に対して自分が得ることができるメリットを調べることができるため、本当にメリットが高いカードを見つけ出すことができます。また、そこにポイント還元率が高いカードを求めることで、費用に対する効果は確実に高くなってくるわけです。

意外とポイント還元率というのは単なる言葉だけであり、本当に効果があるかどうかを具体的にリサーチしてカード選びをする人は少ないです。これをしっかりとやるとカードの違いをしっかりと把握できます。

ポイント還元率は重視すべき内容の一つ

etcpointkanngenn
ETCカードは元々ETCを使うためのカードであり、その機能をしっかりと使うことができるならどんなカードを選んでもよいと言えます。この考え方からカード選びをしますと、やはり費用ができる限り安くなるカードを選ぶことにメリットが出てくるわけですが、いろんなカードの種類が存在する現代においてはこの根本的な意味合い以上にメリットが高いカードがたくさん存在しているので、しっかりとカード内容を比較することに力を入れましょう。

お勧めETCカードのご紹介!

  • オリコETCカード 年会費無料!「スマイルポイント」
  • 楽天ETCカード 年会費無料!「楽天スーパーポイント」
  • 出光ETCカード 年会費無料!「プラスポイント」
  • イオンETCカード 年会費無料!「ときめきポイント」
  • エネオスETCカード 年会費無料!「ガソリン代キャッシュバック」

カード内容で「ポイント還元率」という言葉は本当に良く見かける言葉ですが、これはなかなか重要な部分なのでしっかりとどのくらいのポイント還元率があるのかを見ながらカードを選びましょう。ポイント還元率が高いカードの中でも、自分が生活の中で様々な事に対してポイントを使うことができるETCカードを選ぶと良いです。

そうすると、貯まったポイントを上手に活用してお得になります。一番ダメなカードの選び方は貯まったポイントの使い道が特にないというケースです。これは本当に勿体ないですし、そのカードを使っているメリットはほとんどないので、ポイントの使い道や還元率に注目することはとても大事です。

etcカードを別の車で使うとどうなる?

etcカードは別の車でも利用可能
etcカードを持っている場合、自分が複数の車を所持しているなら別の車でもそのetcカードを使いたいと思うものですが、これは可能かどうか分からない人が多いです。基本的にetcカードは自分名義なのであれば、別の車でも使うことが出来ます。

続きを読む

ロードサービス付のetcカードが得する理由は?

cartrouble

トラブルに強いことが魅力
ロードサービス付きのetcカードの魅力はやはりトラブルに強いことです。例えば、車を運転している時に何かのトラブルから運転することが出来なくなった場合にいつでもサポートを受けることが出来ます。車が路上で故障してしまうと、業者を呼んでレッカー車で車をけん引してもらい、自分はバスや電車で移動する事になるわけですが、こうした状況でもロードサービスがあると交通費のサポートや宿泊施設のサポートなども受けることが出来ます。

単に車のトラブルをサポートしてもらえるだけではなく、それ以外の事に関しても万全な体勢でサポートを受けれるロードサービスもあります。同じロードサービスでもどのetcカードを選ぶのかによって、利用することが出来るサービス内容には違いがあることは覚えておきましょう。

つまり、ロードサービス付きのetcカードとは色々な種類があるわけで、その中から自分が利用しやすいカードを選ぶ必要があります。クレジットカード付帯という点からも、このサービスの内容に注目しつつもクレジットカードの機能性なども同時に考慮していくことが大事です。トータルとして利便性を求めてetcカードを選びましょう。

クレジットカードの機能性は見ておこう

kinoumiruロードサービス付きのetcカードはクレジットカードの機能性にも注目しておく必要があります。本当に今はかなり様々なタイプのetcカード、クレジットカードがあるので、どれを選ぶのか迷うことは必須な状況でもあります。まず、一つの点としてロードサービスの必要性はしっかりと吟味しましょう

基本的にトラブルが起こることがほとんどありえないという人にとってはこのサービスは無くても困ることはありません。しかし、いつどこでトラブルに遭遇するのか分からないのが怖いところであり、備えあれば患いなしという言葉のようにしっかりと対応できるサービスを持っていることはかなり心強いポイントです。

次にクレジットカードの機能性を考えながらも、自分がetcカードの支払い以外においてどのような時にクレジットカードを利用するのか考えておきましょう。当然ながら、カードを使って頻繁に買い物をしたり、お金が足りない時にキャッシングを利用することが多い人などは、機能性によってかなり使い勝手が変わってきます。現代のetcカードはこうした内容までをしっかりと考慮していかなければ本当に自分に最適なカードはなかなか見つかりません。

トラブルへの対策がない人におすすめ

troubletaisakuロードサービス付きのetcカードは緊急時のトラブルに対して対応策を持っていないという人におすすめです。すでに何かのサービスを利用しているなら、困った時にそちらのサービスを活用すればよいだけなので、特にこのサービスを重視してetcカードを選ばなければならないということはありません。

とにかくしっかりと対応できる安心サポートを身に着けておきたいなら、カード選びの際にロードサービスに重点を置きながらカード選びをしてみると良いです。カード選びをする時は様々なカード情報をしっかりと集めておき、比較をしながらカードによる特徴の差を把握したいものですが、この作業はインターネットを活用して行いましょう。

インターネットを利用すれば多くのカード情報をしっかりと集めることが出来ますし、便利な情報サイトになると要点をまとめて比較しているので、本当に簡単に特徴を比較しながらカード選びを進めることが出来ます。万人にとって使い勝手の良いカードというのはない状況だと言えます。本当にどのカードも人によっては大きなメリットを得ることが出来るカードなので、自分がどのような内容のカードを選ぶと恩恵が高いのかを考えましょう。

etcカードはブラックでも作れる??

creditblack

信用不足の人でも簡単に持てるetcカード
クレジットカードを持つには信用が足りていることが必要不可欠となります。信用が足りない人の事を「ブラック」と呼ばれることがありますが、これは例えば債務整理をした場合など、返済に関してトラブルがあった際に大きく信用を失うことになるので、そうした記録を持っている人はブラックになります。

ブラックになっている可能性があると、今持っているクレジットカードの利用停止や今後新たに金融機関へお金に関するサービスの申込をする時に信用ブラックな事から審査に合格することが難しくなってしまいます。そうなると、当然ながらクレジットと連携されているetcカードも持つことが難しくなるわけです。しかし、ブラックの人でも簡単に持つことが出来るetcカードがあります。(自己破産でも持てるETCカード

それがETCパーソナルカードです。このETCパーソナルカードというのはクレジットカードと連携している一般的なetcカードとは使い方が異なります。基本的にクレジットカードで支払いをすることが無いので、クレジットカードを持てない人でも簡単に持つことが出来るカードとなっています。信用不足だけど高速は頻繁に利用するという場合にETCパーソナルカードなら便利です。

デポジットを知っておこう

画像ETCパーソナルカードの申し込みは郵送からの方法となります。申込用紙はインターネットから取り寄せることが出来ますし、高速の料金所でも入手することが出来ます。

このetcカードを利用する場合はデポジットという仕組みをしっかりと理解しておく必要があります。デポジットというのは保証金であり、分かりやすく言うと賃貸を借りる際などに頭金を支払うことがありますが、それと似たようなものです。

このetcカードのデポジットの為に支払った金額は解約時に戻ってくるので安心しましょう。デポジットをしっかりと支払わなければこのカードを使うことが出来ません。また、このカードを使った際の支払いは預金口座からの引き落としとなります。預金口座からの引き落としなので、クレジットカードとは異なる使い方となります。

デポジットを支払っている状態でも、その金額は支払いで使うことが出来ないのでここは注意をしておく必要があります。このデポジットの仕組みをしっかりと理解しておき、基本的に預金口座にしっかりと使った分の金額を用意しておけばトラブルなく利用することが出来ます。分からない事は事前にしっかりと把握しておきたいところです。

デジポットについて

デポジット (deposit) = 保証金 ETCの利用のために先に交通料を前払いして支払った額内で高速道路のETCを利用できる。
もし支払いをしている金額以上の高速道路料金を利用していた場合、デジポットの追加料金を要求される。
このようにETCはクレジットカードだけのものではなく、高速道路6社が発行しているETCパーソナルカードを利用すれば加入審査もなく、預託金による保証なのでブラックの人でも、信用情報機関などの利用や登録もなく発行できます。

デジポットで必要なお金

デジポット年会費
「カード発行費用」「利用明細発行費用」「カード・明細書の郵送費」「カード運営に必要な費用」の内訳
1,234円

デジポットの計算例

平均利用額が4,500円(1)、年間最高利用額が42,000円(2)の場合
(1)4,500円→10,000円✕4=40,000円
(2)42,000円→60,000円
この場合は預託していただくデポジット額は60,000円となります 。

年会費が必要だが金額は安い

nenkaihiETCパーソナルカードを持つためには年会費が必要となります。しかし、その年会費の金額は1500円ほどなのでそれほど高い金額ではありません。

ETCパーソナルカードを持つ際に「年会費」に加えて「デポジット」の金額、そして高速料金に関しては預金口座に用意しておくこと、こうした内容を理解しておくことが大事です。

預金口座にお金がない場合は利用停止になることがあるので注意をしましょう。通常のクレジットカード付帯のetcカードの場合、こちらは年会費が無料で入会することが出来るカードもたくさんあります。ETCパーソナルカードはあくまでもクレジットカードとは切り離した使い方が出来る事にメリットがあり、そのメリットによって信用が足りない人でも持てることが特徴です。

クレジットカード付帯のetcカードに比べて特段に大きなメリットがあるのかというと、信用等に問題がなくクレジットカードを利用することも可能なのであれば、どちらかと言えばクレジットカード付帯のetcカードを利用する方が特典などにおいてメリットは大きくなることが多いです。自分が持つことが出来るカードの中でも一番メリットが得やすいものを選びましょう。

etcカードだけ作りたい場合はどうすればいい?

parsonalctocredit

etcカードとクレジット機能を切り離すことが出来るカード
基本的にetcカードを持つのであればほとんどのカードはクレジット機能があるので自然とクレジットカードを使うことになります。人によってはクレジットカードは使わずにetcカードだけを利用したいと思うものですが、それが出来るカードは「パーソナルカード」になります。

このパーソナルカードの場合はクレジットカードから引き落としで支払いをすることがありません。どうやって支払いをするのか言うと、先にパーソナルカードで使える金額を入れておきます。そして、カードを使うとその金額から引き落とされることになります。要するに通常のetcカードはクレジットカードによる後払いとなりますが、パーソナルカードの場合は使える金額をチャージするので、先払いの感覚に近いです。

もちろん、金額をチャージしておかなければ使うことが出来ません。メリットとしてはクレジットカードの後払いによって返済が難しくなるということは起こらないので、安心して使いやすいカードだと言えます。クレジットカードは便利ですが収入等の関係によっては後から引き落としがやってくるときに非常に困ることがあります。しっかりと返済の管理をしなければなりません。

パーソナルカードにも割引がある

parsonalctocreditetcカードと言えば単に高速の支払いが簡単になるというだけではなく、カード内容によって様々な恩恵を受けることが出来るのがメリットです。パーソナルカードはクレジット機能がないので通常のカードのようにポイントをいろんな事に活用して様々な恩恵を得ることが出来るという内容ではありません。

しかし、カード割引というサービスがあるので、これは一つのメリットです。有料道路を利用する時間帯によって、その時間帯にパーソナルカードを使えば通常よりも安い金額となるという内容です。このカード割引はとてもメリットが高いというわけではありませんが、クレジット機能がないetcカードを持ちたい人にとっては少なからずカード割引から高速料金が安くなるのは嬉しいポイントだと言えます。

パーソナルカードのメリットをフルに活かすのであれば、カード割引が適用されるタイミングをしっかりと把握しておきましょう。このカード割引が使える時間帯などはインターネットからいつでも調べることが出来るので、もし分からなくなった場合はリサーチしておきましょう。頻繁に有料道路を利用するのであれば、積極的にカード割引は活用していきたいものです。

パーソナルカードは人を選ぶカード

parsonalcardパーソナルカードは通常のetcカードとは区別して覚えておきましょう。このカードは人を選ぶカードだと言えます。クレジットカードを持つことが出来ない人やクレジット機能を使いたくない人など、何かの理由がある人にとっては大きなメリットを得ることができ便利に活用することが出来るカードとなります。

そうでなければ通常のetcカードを利用する方が様々なカード内容からメリットを追求しやすくなる事は間違いありません。例えば、このカードの場合だと高速料金をカード割引から安くすることが出来ますが、通常のetcカードの場合も同様に様々な割引サービスやお得な特典があるわけです。

クレジットカードの種類によってはそのカードの利用状況次第でポイントを合算して貯めることが出来ますし、メリットの幅の広さという点から考えるとクレジット機能があるタイプの方がメリットは多いです。まずはいろんなカード内容を見ていき、どのようなメリットがあるのかを調べてみましょう。どちらのタイプにもメリットは存在するわけですが、結局は自分にとってどのくらい使い勝手が良く、多くのメリットを得ることが出来るのかが大事な部分となります。

パーソナルカードは利用者を選ばない http://car-money.jp/etcjikohasan/

etcカードを複数発行する場合の注意点

etccardninki

様々な種類があるetcカード
現在の日本中の車のetcのセットアップ率は50%強と言われています。これだけ聞くと普及してないように思われがちですが高速道路を利用する人の9割がetcを利用しているので高速道路を利用する必要がある人は殆どがetcをつけていると言っても過言出はありません。

そのため発行されているetcカードの枚数も年々増えておりサービスや割引も様々なものがあります。自分のライフスタイルや利用状況によって最適なものを選ぶのがベストです。etcカードにはクレジットカードの発行会社がクレジットカードの付帯するカードとして発行するものとクレジットカードを使わないデポジットを預託し発行される高速道路6社が共同発行する「etcパーソナルカード」、 NEXCO各社が発行する大口、多頻度割引のある「ETCコーポレートカード」が主なものです。

クレジットカードの付帯するetcカードが圧倒的に普及率は高いようです。

クレジットカードに付帯するETCカードの人気があるものは

  • ETC楽天カード
  • JCBスルーカード/ETCスルーカードN
  • セゾンETCカード
  • ライフETCカード
  • 出光ETCカード
  • イオンETC専用カード

その中でもここ数年で人気がでた楽天カードに付帯している楽天etcカードやがあり、他にも上記のカードが根強い人気があり様々な特典やキャッシュバックで各社差別化をはかっています。

使い分けるのが得する?使い続けて得する?

etctsukaiwake様々な特典やキャッシュバックがあるクレジットカード会社の発行するetcカード。人によっては持っているクレジットカードの数だけとりあえず作って使ってみるという人もいます。確かに使って見ないとわからない事もあるので詳しく知る方法とも言えます。

複数のカードを作る注意点としては年会費がかかるかどうかもチェックしておいた方がいいようです。クレジットカード一体型ではなく付帯してetcカードを作る場合、発行手数料がかかったりクレジットカードとは別に年会費があったりするので予め調べておくことが必要です。

他に 複数のカードを作る注意点としてはETCマイレージがある場合、合算はされないのであまり複数を分けすぎるとマイレージが貯まらないうちに有効期限がきてしまうので注意が必要です。複数とはいいませんがもう一枚くらいカードを持っていると一枚に何かあったときには使えるので予備カードはあった方が便利です。

複数のカードを使い分ければ割引も複数と言われていましたがその様な事はないので惑わされず正しく利用することも注意点のひとつです。使い続けていれば金額によってキャッシュバック 誕生日の月にはポイント5倍など長く使う事でメリットを生むものもあります。

人気のetcカードを比べてみよう

etctshurui今や発行枚数500万枚のetcカードには様々なサービスのあるものがあります。「楽天etcカード」では高速道路の利用でもポイントが溜まります。「ENEOS」や「JOMO」のガソリンスタンドを利用するとポイントが2倍になります。オイル交換等にも適用されます。

注意点は年会費がかかります。ただし楽天を利用する頻度によって上がる会員ランクや一ランク上のカードなら無料になる場合があります。JCBドライバーズプラスカードはキャッシュバックがあります。高速道路利用分やガソリンスタンド利用分等が含まれますが全てのガソリンスタンドが対象になります。

注意点はクレジットカードの利用額が三万円以上が対象になります。出光のガソリンスタンドを利用しているなら「出光まいどプラスカード」があります。年会費も無料でガソリンも常に2円引きと安くなります。ライフカードも年会費無料で誕生月にはポイントが5倍などの特典があります。特典にあわせて新たにクレジットカードを作成してetcカードを作るのもひとつの方法ですが今持っているカードの利用特典を見直してetcカードを付帯させて いく方が無理なくポイントがたまったり新たな特典を得られる事も多いので見直してみる事をお薦めします。

自己破産でも作れるETCカードはあるの?

自己破産すると信用が無くなる
ほとんどの「ETCカード」は基本的に「クレジットカード付帯」となっているので、要するにクレジットカードを利用することが出来なければETCカードを持てないことが多いです。クレジットカードを持つためには審査に合格しなければなりませんが、この際に重要な一つのポイントとして信用があります。

この信用とはクレジットカード以外にもカードローンや住宅ローン、又は自動車ローンなどお金に関するサービスを利用する時は必ずチェックされます。

信用という言葉の意味を考えると、それは人によって相手に対する信頼度というのは感じ方が異なるものですが、金融サービスの審査における信用というのは単純にそれぞれの会社の好き嫌いのようなニュアンスで決まるのではなく、信用を落とす行為があったかどうか記録を見られることになります。

一般的に大きな負債を抱えると返済することが出来なくなるので自己破産することがありますが、自己破産をするとその記録が残るので、それによって新たにクレジットカード等へ申し込みをする場合は信用がないと判断されて不合格になる確率が格段にアップします。つまり「自己破産」をするとETCカードも持つことが難しくなります。

自己破産でもパーソナルカードなら安心

parsonalcardクレジット機能がないETCカードであれば信用はさほど関係がないので、自己破産をして信用を落としている人でも簡単にETCカードを作ることが出来ます。「パーソナルカード」というETCカードはクレジット機能がありません。そのため、誰でも簡単に持つことが出来るETCカードです。

自己破産をしたことでクレジット機能がある一般的なETCカードを持つことが出来ないという人はパーソナルカードを選んで申し込んでみましょう。これはインターネットからパーソナルカードを検索すれば申し込みまでの流れは簡単に把握出来ますし、高速の料金所でも申込用紙を入手することが出来ます。

このパーソナルカードはクレジット機能が無いので、使い方は通常のETCカードは少し異なる部分があります。基本的には自分で前払いから金額をチャージしておくことになります。この点がクレジット機能があるカードとの違いです。また、カード選びでは維持費からポイントの内容など、様々な点に注目しながら好ましいカードを探すわけですが、そうした意味ではこのパーソナルカードはあまりメリットがありません。最大のメリットは信用がない人でも簡単に持てるという点です。

特に問題ないなら通常のETCカードがやはり便利

etcbennri別に信用を大きく失っているわけでもなく特別な理由もないのであれば、一般的なクレジット機能がある一般的なタイプを選んでおく方が良いです。何故なら、基本的にはカードを長期的に利用すると考えた場合にカード内容によってはかなり特典に差が出てくるので、この特典の内容を考えますとクレジット機能があるカードの方が確実にパーソナルカードよりもメリットが高いです。

例えば、自分が日頃から買い物をすることが多いお店でポイントを使えたり、カードによってはガソリンの割引サービスを受けることが出来るタイプもあります。こうしたポイントを活用したメリットは長期にカードを利用するほどポイントがしっかりと貯まるので、それを考えるとやはりこのメリットは活かすべきだと言えます。

どうしても信用不足によってカードを持つことが出来ない場合の最終手段としてパーソナルカードの存在を覚えておくと良いです。また、信用を落としている場合でも合格しやすいクレジットカードなどがあるので、そうしたクレジットカードの審査に先に挑戦してみるのも一つの方法だと言えます。少しでもお得に使えるカードをしっかりと見つけてメリットを活かしていきましょう。

年間費無料のETCカードを作りたい人必見

etccard2

年間費無料のETCカードはたくさんある
年間費無料の「ETCカード」を作りたいという人はしっかりと探せばそうした内容のカードは簡単に見つけることができます。基本的にかなりいろんな種類のカードがあるので、まずはどのような内容のカードがあるのかを調べることから始めてみるとよいです。このETCカードというのは年間費無料という内容だと当然ながら有料のカードに比べて出費が抑えられるので使いやすいなります。

しかし、ETCカードを選ぶときに難しいことは年間費無料だからと言って絶対に万人にとってお得になるカードとは限らないことです。その理由はカード内容が会社によって本当に様々であり、特にどんなタイプのカードを作るにしてもポイントがついてくるわけですが、それが自分にとって有効活用できるかどうかでメリットは大きく変わります。

要するに例えば年間費が有料のカードであっても、そのカード内容によっては自分にとってかなり大きなメリットになることがあるので、一概に年間費無料というだけでETCカード選びで失敗しないとは言い切ることができません。むしろ、重要なことは年間費無料よりもカード内容の方なので、しっかりと内容から選ぶことを覚えておきましょう。

年間費無料や発行手数料よりもカード内容を重視すること

etccardETCカードは年間費無料発行手数料無料など、とにかく何に関しても無料となっているほうが出費がないので作りやすいです。また、無料が多いほどにお得と思いがちですが、大事なのはカード内容なのでここは安易に無料が一番お得だと勘違いしないようにしましょう。今のETCカードはかなり種類が豊富であり、選ぶのが少々難しいほどです。

単純に無料が多ければお得と判断できるカードばかりなのであれば、それは簡単に自分にとって最適なカードを見つけることができますが、今のETCカードはカード内容の違いが非常に大きく、その内容においてポイントに関する特徴や魅力の違いが大きいことから、人にとって最適といえるカードの種類がかなり大きく変わってきます。発行手数料が無料という内容だけを見ると、簡単に作れてお得と思うものですが、カード内容に魅力がなければ単なるETCカードです。

しかし、発行手数料が必要でもカード内容としてポイントを様々なことに使うことができ、その還元率も高いという内容なら、そちらのほうが使い勝手よくなることがあります。年間費無料、発行手数料無料というだけでは現在のETCカードはお得とは言えません。その一歩先にメリットを見出すことが重要です。

とにかくランキングを活用しよう

etcrankingETCカードはかなり種類が豊富にあることから、しっかりと情報を集めて自分に最適なカードを見つけることが大事です。そのため、とにかく一番最初にやるべきことはインターネットからETCカードに関する情報を集めることです。インターネットからの情報集めの際に便利な方法はランキングの活用です。

様々なカードの種類の情報を集めて、一覧として公開しているサイトがあるので、そうしたランキングサイトをうまく活用すれば簡単にいろんな種類のカード情報を知ることができます。

カード選びをじっくりと行いますと、最終的にポイントの使い道や内容などがとても気になる部分となりますが、ランキングサイトを活用していけばそれぞれのカードのポイントはどのようなことに使えるのか、自分の生活を考えながらより効果的にポイントを活用することができるカードを見つけられます。

失敗することなく上手にカードを選ぶなら、とにかくランキングサイトを活用して少しでも多くのカード情報に目を通すことが大事です。このようにしてカード情報を比較する作業は面倒なので敬遠しがちですが、インターネットを使えば本当に簡単に比較作業ができるのでやっておきましょう。

ETCカードを作るなら分離型が便利

一体型の教訓から「分離型」へ移行したetcカード
etcカードはetcを利用する際に欠かせないプラスチック製のカードで、料金決済に必要な情報が埋め込まれています。料金所を通過する前に車載器にセットすることで、通過に際して無線で情報交換が行われています。

現在では割引やポイントによるお得な高速道路の利用が一般化してきましたが、etcカードの利用が始まった頃は1枚のカードにクレジットカードetcカードの両方のICチップが埋め込まれている「一体型」と呼ばれるものが主流でした。

しかし一体型タイプは破損や盗難の際に被害はカード1枚でも、実際にはクレジットカードとetcカードの2種類が無くなってしまうことになるためきちんと管理して利用することが叫ばれていました。これに対して「分離型」タイプはクレジットカードとetcカード機能が別々にされた2枚1組になっており、etcカードにクレジットカード機能が付いていません。

破損又は盗難にあった場合も高速道路の不正利用以外の被害が無くなり、etc専用カードだけ持っていればクレジットカード側は持ち歩かなくてもetcを利用することができます。カードを差しっぱなしのままにしてしまいがちで抜き忘れが心配な方も、「分離型」タイプなら安心してカードを利用することができるでしょう。

カードを2枚に分けることで破損等のリスクを減らす

creditcard分離型タイプに申し込むためにはそのクレジットカード会社のカードを持っていることが必須となりますが、現在ではほとんどのクレジットカード会社でetc専用カードも同時に申し込めるようになりました。

申込後は通常のクレジットカードと専用カードの2枚が発行されて、etcカードで利用した高速道路料金を専属のカードで決済されるという仕組みになっています。決済機能のあるクレジットカードの盗難や破損を気にせずに、カードを車載器に差しっぱなしのまま利用することもできます。

車上荒らしにあってカードが盗まれてしまったとしてもクレジットカードが手元に残りますので、ショッピング等で利用される恐れもありません。破損や盗難等の被害を最小限に押さえられる一番のメリットの他にも、「抜き差しの手間がかからない」「カード自身の損傷の心配が少ない」「差し忘れによる開閉バーの接触の心配が無い」などの利点があげられるでしょう。

また万が一システムのメンテナンス中などでレーンが使えない時には常駐している係員へカードを手渡しての支払いとなりますが、稀にクレジットカード一体型を手渡すと係員がクレジットカード決済と間違えて清算してしまうケースがあるようです。クレジットカード決済を使って清算されてしまうと、etcの割引対象にならずにマイレージポイントの付与が付けられません。

専用カードを手渡せば間違えられることはありませんので、この点でも利点があるといえるでしょう。

ETCで知らないことなら、総合ポータルサイトGO!ETC http://www.go-etc.jp/

カード会社によって各種特典が用意された分離型カード

creditcompanyその他の利点としてはカードを使えば使うほどポイントを貯められるという特典もあります。ポイントの付き方は利用しているクレジットカード会社によって違い、普通の有料道路の通行料金の支払いにより通常のポイントの2倍が付く等の様々なサービスを用意しています。

カード会社が提携しているショッピングセンターや量販店、レストラン等の利用でもポイントを取得することができるなど、クレジットカード側からの特典がある場合もあります。

ご自身がよく使われているお店等がある場合には、チェックしてから申し込まれるとよりお得になるでしょう。カードを作る際は新規に申し込む以外にも、既にお気に入りのメインで使用されているクレジットカードがある場合はそのカード会社に問い合わせるとetcカードを追加発行してもらえる場合もあります。

現在はほとんどが「分離型」etcカードとなっており、一体型のカード自体種類が少なくなっています。一体型カードを実際に見かけることも少ないかもしれませんが、利便性とセキュリティ面を考えれば意識的に「分離型」etcカードを選ばれることをお薦めいたします。大変便利に使える分離型etcカードですが、使用の際には注意も忘れずに使うようにしましょう。

普段は差しっぱなしでも駐車場に入るなどしたら外しておくなど、差しっぱなしの利用の際にもルールを設けて使われることをお勧め致します。実際にetcカードの盗難にあわれたという方は、「差しっぱなしだったためになかなか気付けなかった」と仰る方が多いようです。

etcカード自体にも保険がありますが、約款にて「車内に放置していた場合は保険の対象外になる」としているクレジットカード会社も多いといわれます。盗難にあった場合も高速道路での不正使用しかできませんが、普段から注意して使い盗難にあった場合はすぐにカードを停止してもらうようにしましょう。