運転悩み

縦列駐車が上手になるためのポイント

juuretsuchuusha

縦列駐車はコツを押さえて落ち着いて
しかし、縦列駐車は教習所の卒業検定で方向転換などの項目で必ず行わないといけないものです。苦手意識を持たずに、教習中に得意になっておけば大丈夫です。縦列駐車を上手に行うには、いくつかのコツがあります。そのコツさえ守れば、かんたんにクリアすることができます。

教習所の縦列駐車の場所には、いくつかの柱やポールが設置してあります。実際の道路にはそのようなものはありませんが、それを目印にして縦列駐車を行います。目印にするポールは2つです。運転席から見て、進行方向(前方)から左手に車庫に見立てた場所があります。
続きを読む

給油ランプが点灯してからどのくらい走れるの?

kyuuyurannpu

車が走るためにはガソリンが必要です。
最近、販売が開始されている電気自動車を除き、車が走行するためには燃料が必ず必要となります。

その大きさや、エンジンの種類によって必要となる燃料は違いますが、一般的にはガソリンが燃料として使用される場合が最も多く、実際に 道路を走行している多くがこの燃料を燃焼させる事によって動いています。

では、もし走行中にこの燃料が無くなってしまった場合、どのような事態となってしまうでしょうか。

道路上で 走行不可能 となってしまい、直線道路であっても他の車の走行に大きな障害となり、渋滞の原因となるばかりか、万が一、交差点内で停まってしまった場合は、 大きな事故の要因となってしまうことも考えられる のです。

更に深刻な事態となることが予想されるのが、 高速道路上で停まってしまった場合 です。

一般の道路より遥かに速い速度で走行している高速道路の本線上で停まってしまえば、それだけで大きな事故に繋がる事となってしまうため、高速道路を使用する場合には、 普段以上に燃料の残量に注意を払う必要が有る のです。

程度に関わらず、事故の原因となることを避ける為にも、また、原因となってしまったために賠償問題などに発展しまうことを避けるためにも、燃料切れとなってしまうことは避けなければならないのです。

ガソリンの残量を知らせる給油ランプの意味

kyuuyurannpu2車を運転した経験がある人ならば、運転席の正面に幾つもの計器が並んでいるのを目にしたことが有るはずです。

スピードメーターや回転計など、走行に直接必要なデータを知らせる計器や、水温計や燃料計など、車の状態を知らせ、故障やアクシデントを回避するためのデータを知らせる計器類と共に、重要なデータを教えてくれるものの一つが、「 給油ランプ 」です。

これは、おおよその 残量を知らせる燃料計 だけでは 不充分な燃料の残量 を、 点滅によって危険区域に入った事を知らせる もので、一般的には燃料タンクに残されたガソリンが、 10リットル以下 になった場合に点滅する事により、給油の必要性を運転者に知らせるものとなっています。

燃料計が知らせる残量が少なくなってきたとしても、街中で走行しているのであれば、差し迫った給油の必要性は無いと考えても問題の無い場合が殆どでしょう。

高速道路を走行中は得に注意

gasorinhyoshikiしかし、ガソリンスタンドまでの距離が遠くなってしまいがちな高速道路であれば少し状況が変わってきます。

一般的に高速道路を走行している場合、燃費は向上する場合が多く、長い距離を走る事が可能となりますが、次のガソリンスタンドに辿り着くまでのことを考えると 早めの給油を考える 事は、安全走行の基本と言えるでしょう。

高速道路を走行中の場合は、給油メーターを確認を標識を確認しましょう。標識にはサービスエリアまでのキロ数にエリア内に設置されているガソリンスタンドなどのアイコンが表示されていますので、走行しながらも事前にガソリンスタンドありなしが分かります。

またカーナビなどでも表示され、検索をすれば近辺のガソリンスタンドを探すことも出来ます。

給油ランプが点滅してから走行できる距離とは

kyuuyurannpu3では、最も肝心な部分となる給油ランプが点滅してから、どのくらいの距離が走行できるものなのでしょうか。

これは、給油ランプがどのタイミングで点滅するのか、そして、運転している 車が1リットルのガソリンでどの程度の距離を走行する ことが可能なのかを、あらかじめ知っておく事が必要となります。

これらの情報か無ければ、給油ランプが点滅し、給油する必要を知らされたとしても意味が無くなってしまうのです。

殆どの車は燃料タンクの残量が10リットル以下となったタイミングで点滅するように設定されています。つまり、給油ランプが点滅してから残り10リットルのガソリンで辿り着くことの出来るスタンドで給油する必要があるということです。

勿論、 1リットルのガソリンで走行が可能な距離は、一台一台の車によって違いが有ります 。

また、運転方法や速度、更には走っている道路が信号機などが多く、停車する事を余儀なくされる道路であるかどうかによっても走行が可能な距離、つまり燃費は変化してくるものですが、普段の走行ではじき出された燃費を知っておく事により、給油ランプが点滅をしたタイミングからどの程度の距離の走行が可能かどうかを知る事が出来るのです。

車酔い対策に有効な5つの方法

cardrunk

車酔いになってしまう原因
車酔いは「車の揺れ」「急発進」「急ブレーキ」「急カーブ」などんの遠心力が体にかかる等の理由で、「三半規管」が刺激され、自律神経が乱れる事によって起こります。症状は気持ちが悪くなってくる、「顔色が悪く」なる「生あくび」「吐き気」「冷や汗」「めまい」「手足の冷え」などになってくる、酷く酔った時は「嘔吐」します。胃腸の弱い人は「お腹の張り」、酔いから「下痢」を起こす事もあります。

子供は特に酔いやすく、成長するにつれて治まっていくのが一般的です。大人でも酔う人はいますが、これは車などの乗り物を避けた事、経験不足が原因と言われています。しかし、大人になってから酔い出した・酔いが悪化し出した場合は注意が必要です。耳や脳に疾患があり、酔いを引き起こしているケースもありますので、あまりに酷い場合は医者に相談しましょう。

また、普段は酔わなくても体調不良時には酔いやすくなりますので、車に乗るときは万全の体調に整えておくことが大切です。過去に酷い車酔いをし、吐いてしまった経験がある人や苦しい思いをした人は「また酔うかもしれない」「また吐いたらどうしよう」と不安になります。それも車酔いを起こす大きな原因ですので、あまり考えすぎないようにしましょう。

運転手側が気を付けたい5つの車酔い防止対策

yoitaisaku2運転する側が乗る人の為に配慮したい車酔い防止の方法です。

  • 急発進・急ブレーキを頻繁に掛ける等、乱暴な運転をしない

予期せぬ急発進、急ブレーキは乗っている人の三半規管に負担を与え、車酔いを起こす原因となります。なるべく滑らかな運転を心掛けましょう。

  • ミントの飴やチョコレート等を用意しておく

ミントの飴は胃をさっぱりとさせる作用があります。また、低血糖状態から酔う場合もありますので、その場合はチョコレートや甘い物が有効です。

  • 車内の換気をしておく

ガソリンの臭いや車内のこもった臭いで酔ってしまう場合も多いので、車内の換気、消臭をしっかりと行っておくことで酔いを防止できます。芳香剤も有効ですが、バニラやココナッツ系の甘い匂いのする物は避けましょう。酔いに効果のあるペパーミントや柑橘系の匂いがおすすめです。

  • 会話をする、ラジオや音楽を掛ける

酔いやすい人を乗せている時は積極的に会話をしてみてください。会話をする事で気が紛れるので、酔いやすい人には有効です。

  • 走るルート、目的地をあらかじめ伝えておく

目的地が分かっていると、乗っている側も走る方向を予測し、車酔いを起こしにくくなります。誰かを乗せる時は行き先、ルートを伝えるようにしましょう。

乗車する側が気を付けたい5つの車酔い防止対策

joushasuruhito乗車する側が車酔いを防止するためには対策としては、以下の対策があります。

  • 睡眠不足の状態で車に乗らない

睡眠不足で脳が疲れている時は血圧が低下し、自律神経が乱れ、車酔いの原因になります。しっかりと睡眠をとることが酔い防止になります。

  • 空腹状態で車に乗らない

空腹時に起きる低血糖でも酔いやすくなる場合があります。食べ物を軽くお腹に入れた状態で乗るようにしましょう。

  • 車酔いするかもしれないと考えすぎない、酔ったらどうしようと必要以上に不安にならない

車酔いの原因は精神的な部分も大きいので、考えすぎない事も有効な対策の一つです。車酔いをするかもしれないと意識を逸らすには、好きな音楽を聴く、一緒に乗っている人と会話する等も効果的です。

  • 事前に酔い止めを服用しておく。ミントタブレットやキャンディ、冷たい水や炭酸水を携帯しておく

車酔いには梅干も有効です。梅干を食べた時に出る唾液が乱れた三半規管のバランスを正常に整えてくれます。すりおろした生姜をスポーツドリンクに入れた飲み物も胃の不快感を和らげる作用がありますので、準備してから乗ると良いでしょう。

  • 車内で読書、パソコン、ゲーム機等を使用しない

車内で細かい字を読んだり、ゲームをして目を疲れさせる事は好ましくありません。目の疲れが酔いを引き起こしますので、なるべく避けましょう。

車庫入れ(バック駐車)が苦手な人が抑えるべきポイント

chuusha

車の運転に必ず必要となる駐車
車の運転をしようとした時、前方への走行が出来る事、右左折を澱みなく安全に終える事が出来ることが必要となることは、誰でも知っている事でしょう。しかし、走り出した車は目的地に着いた時、必ずどこかに駐車する事が必要となります。

場合によっては、前進によって目的となる場所へ停める事が出来る事も有り、その場合はそれほど難しいものではないのですが、そんな場所にばかり停める事が出来るはずも無く、前進で車を停めたとすれば再び走り始める時には殆どの場合、バックでまずその位置から抜け出す事が必要となるのです。

都市部では特に、また、郊外に建てられた住宅であっても各家庭の占有する土地はそれほど大きなものではないため、家庭に備えられた車を停めるためのスペースは後進での入庫、前進での出庫か、或いはその逆の行程を経る事となり、いずれの場合においてもバックでの走行の技術を持っていなければ、他人の手を煩わせない限り、車を走らせる事も出来ないのです。

更に言えば、ショッピングモールやコンビニエンスストアなどの商業施設においては、また多くのレジャー施設などの場合であっても、少しでも多くの車を停める事が出来るよう、その殆どがバックでの駐車をする仕組みとなっているため、車の運転をする場合には、必ずバックでの駐車技術が必要となってくるのです。

バックで車庫入れをする事が苦手な人が多い理由

chuusha2多くのドライバーが最も苦手とする運転技術は後退だと考えられます。これは、通常の運転であれば前進する場合と比較して圧倒的にその機会が少ないからです。

更に、前方向の左右に多くの注意を向けていれば良かった前進時に比べ、後方左右にも注意を向けなければならず、安全確認を必要とするポイントが増えてしまうことも大きく影響するでしょう。

前方だけに注意を向けているのであれば、視線を動かすだけで最低限の確認は出来るものですが、後方にまで注意を向けるとなれば、体全体を後方に向けるために捻らなければならず、不慣れな運転姿勢のまま、走行させなければならなくなるのです。

まして、一般的な駐車場では、左右に他車や壁と言った障害物も有り、不慣れな運転姿勢のまま、経験の少ないバック走行で、更に予測し辛い車の動きを制御する必要が有るのですから、後退での車庫入れを苦手だと考える人が多かったとしても不思議な事ではないのです。しかし、どれほど苦手な車庫入れであったとしても、車を運転するためには必ず訪れる事態であるので、後退する時のコツを覚えると同時に、車庫入れの時に必要となるコツを取得する事で苦手な車庫入れも上達する事ができるのです。

駐車をする時、車庫入れをするときのコツ

chuusha3バックで車庫入れをする際、最も注意するべきポイントはどこでしょうか。勿論、自分の運転する車の周囲に存在する障害物を把握する事も大切です。しかし、なにより自分の運転により自分の車がどのように移動するのかをイメージするが出来なければ、どれほど周囲の状況を把握していたとしても意味のあることではないのです。

ハンドルを切るタイミング、切り角の大きさ、そして速度、それらの一つの要素が変化したとしても車は違った軌道を描くのです。このように、イメージ通りに車を動かすために行う運転操作が出来る事が、車庫入れの際に必要となるコツと言えるでしょう。

車庫入れが苦手だと言う人の多くは、周囲の状況とその中に置かれた自分の車、そして障害物と車との距離感をイメージする事が苦手で有る事か、イメージ通りに車を動かす事だけの運転技術を持たない事がその原因の大部分なのです。当然、様々な駐車方法をとる場所に車庫入れをする経験も必要な事でしょう。しかし、前進であっても後退であっても自分のイメージ通りに車を動かすコツを掴み、周囲に存在する障害物の位置をイメージした上でそれらの障害物を避けて駐車する、これが車庫入れの最大のコツと言えるのです。

車のパンクの原因と費用!未然に防ぐ方法は

punk4

車のタイヤがパンクしてしまう経緯について
自動車のタイヤは安全に走行させるためには非常に重要なパーツとして知られています。走行前点検としてタイヤを見ることは基本とされていますが、普段からタイヤをチェックする癖を付けることも良い方法です。自動車のタイヤに関しては時にはパンクしてしまうことがあるものとしても理解されています。

その経緯に関しては走行中に異物を踏んでしまうことが原因となる場面が多々見られます。例えばネジや釘、他にも金属製で鋭角状で細い物体ならば、タイヤのゴムに刺さってしまうことが多く、その他には割れたガラスなどの上を走行させてしまった場合でも、パンクしてしまうことがあるために、路面状況に関しては常に配慮が必要とされています。

また、長期間にわたって駐車していた場合でもパンクの原因となる場合があるために、小まめに点検作業を行うことが推奨されています。一般的なアスファルトの路面の場合では、パンクの原因となるものが分かりやすい傾向にありますが、山道など路面が土などでできているような道路では、土の中に石が入っている可能性を持っており、走行している速度によってはパンクの原因となる場合も見られるために、注意することが大切になります。

パンクの修理方法と費用等に関して

punk実際にタイヤがパンクしてしまった場合では、その対処方法が状況によって変わることになります。例えば自宅の駐車場で発見した場合では、状態によっては空気が多く抜けてしまっている場合もあり、道路を走行させることが難しい場合があります。

このケースではスペアタイヤに交換した上で、カーショップやディーラー、修理工場などに持ち込むことによって、修理を済ませることができます。また、走行中に気付いた方の場合では、釘やネジなどが刺さっていても、状態次第では抜かずにカーショップ等まで走行した上で修理を依頼することが良い方法になるケースが見られます。

刺さった釘などをプライヤーなどで抜いてしまった場合では、その場で空気が一気に抜けてしまう可能性が高いために、状況を見極めることが必要です。修理費用に関しては一般的には1000円程度から2000円程度に設定されていることが多く、パーツの修理費用としては高いとは言えないものとされています。また、修理費用は刺さっている状態や本数などによっても変わるためにタイヤの消耗度などを考慮した上で、新品タイヤに交換するかどうかを決定することも良い方法になり、場合によっては費用を実質上節約することもできます。

タイヤのパンクを防ぐために行いたい項目について

punk2自動車のタイヤはゴムで構成されているために、自然と劣化が進むものとしても知られています。パンクなどを起こしてしまう原因は、外的な部分と自然劣化による内容、タイヤを縁石などにぶつけてしまった際も引き起こされる可能性があります。

未然にトラブルを防ぐ方法としては、走行中に路面をしっかりと目視することが良い方法になりますが、急なアクシデントによって上手に対応できない場面もあります。基本的にはタイヤを定期的にチェックしておき、溝に関してもゴムのトレッド部分が薄くなっている状態を避けることがトラブルを防ぐためには効果的になります。

タイヤのパンクなどのトラブルを防ぐには

  • スリップサイン

タイヤの溝ので判断!一般的に言われている交換時期は約3mmと言われています。法令違反ですので1.6mmになるまでに交換をしましょう。

  • タイヤのヒビ

ヒビは様々な原因が考えれますが、主に年数による劣化です。また道路の熱や紫外線にタイヤの空気圧の低下によりヒビがしょうじる、また荷重圧や縁石など乗り上げなどでもヒビ割れになるので注意が必要です。

  • タイヤの使用年数

タイヤはゴム製品でできていることは、ご存知でしょうが様々な素材で出来ています。ゴムの特性上どうしても時が経てば使用してなくても、油分が抜ける。新品から使用して交換目安としては3年から4年位で交換するのが最も良いみたいです。

タイヤの使用状況や環境などで変わってきますが、5年を経過したタイヤは専門業者に一度診てもらうことを、お勧めしますタイヤのパンクやスリップの原因にもなる「溝」「ヒビ」にタイヤの寿命である「使用年数」による劣化などで、駆動力に制御力が低下し事故の原因になるので、必ず定期的にタイヤのチェックも忘れずにすることが大切です。

なかには防ぎようの無いアクシデントもありますが、応急処置用としてゴムを接着するための道具や、空気を入れるための道具などが用意されているキットも販売されているために、車内に用意しておくことでもトラブルを防ぐことは可能になります。

また、タイヤの側面に対してもチェックを怠らないこともトラブルを防ぐためには効果的になり、側面の異常に関しては一般的には修復することが困難な場所になるために、異常に気付いた場合では、できるだけ早期にタイヤ交換を済ませておくことによって、安全に自動車を走行させることができます。

渋滞にハマったら?渋滞の上手な過ごし方

juutai1

渋滞の上手な過ごし方
何年か継続して車に乗ったり、行楽シーズンに車で出かけたりしたことがあるという人であれば一度は経験するのが渋滞です。特に酷い帰省ラッシュの時期になると、高速道路の出口から数キロ以上車が並んでしまうこともあります。ただひたすらにハンドルを持って待ち続けるという人もいますが、現在だと多くの人が渋滞を待つ暇な時間を、何らかの過ごし方で乗り切るようになりました。

ではそこで暇を乗り切るための過ごし方としてはどういったものがあるのかというと、特に多いのがスマートフォンです。スマートフォンはインターネットに接続することでさまざまなアプリをダウンロードすることができますが、その中にはさまざまなゲームがあります。これまでスマートフォンのゲームは一部のゲーマーが熱心にプレイするものというイメージがあります。

最近ではむしろこれまでゲームをしたことがない、所謂ライト層のプレイヤーの方が目立つようになりました。家庭用ゲーム機のようにテレビやコンセントが無くとも気軽にプレイできるということは非常に優れたポイントです。もちろん運転しながらプレイするということは絶対に行ってはなりませんが、渋滞で車が全く動かないというような場合には、こうした過ごし方で乗り切ることができるようになっているのです。

渋滞中にプレイできるゲームアプリ

juutai2スマートフォンではさまざまなゲームアプリがありますが、アプリによっては「リアルタイムで誰かと協力する」という要素に注力したものもあります。

そうした協力要素があるアプリは友人と楽しむことができるために人気があるのですが、少なくとも渋滞中、ドライバーがプレイするのには向いていません

他のプレイヤーと協力して進めなくてはならない以上、渋滞の中で車が動くということになってもなかなか前の様子に気づきづらくなります。渋滞は確かに暇な物ですが、だからといって自分がその状態を悪化させてよいわけではありません。いくら暇だからといっても、前の様子がわからなくなるほどに熱中してしまうような物は選ぶべきではないのです。

そのためどちらかというと自分一人でプレイすることができ、いつでも一時中断ができるような物にしておくべきだと言えます。もしそうしたアプリでは不満だというようであれば、その人は最初から渋滞の暇な時間の過ごし方としてゲームを選ぶべきではありません。どれだけ退屈が耐え難いものであったとしても、別のことに熱中してしまって事故を起こすようになってしまえば問題です。

車を運転する際には「安全運転」を心掛ける必要があるのです。

そもそも渋滞中にスマートフォンを操作するのは違法?

juutai3さて、ここまで述べてきたことは「車のドライバーが渋滞中にゲームをプレイする」ということです。しかしこうしたことに関して、疑問を持つ人は少なくありません。

携帯電話が普及してからは「運転中の携帯電話操作は禁止する」という法律があり、それを破れば罰金刑などが待っています。ですが、ここでポイントになるのが「運転中」という言葉です。

現在の法律において、この運転中という言葉は自動車が前進している、もしくは後進している状態のことを指しています。そのためアクセルを踏んでいる状態で携帯電話を操作するということは違法ですし、ゲームをプレイするということなどもっての外です。ですが渋滞中の場合、常にアクセルを踏んでいるとは限りません。

むしろアクセルを踏むことができないからこそ渋滞なのであり、ドライバーや同乗者はひどく退屈な思いをするのです。この「渋滞でアクセルを踏んでおらず、ブレーキを踏んでいたり、パーキングレンジに入れて一時停車している」という状況にあるのであれば、そこでゲームをしたり、アプリを操作したりすることが違法になることは無いのです。

とはいえ、しっかりと前を見つづけているドライバーと比べると危険であることには変わりがありませんから、たとえ全く車が動かずに暇な時間であっても、常に周囲に気を配ることは忘れないようにしましょう。