車検

知らなきゃ損!ユーザー車検なら車検費用が36,750円

yuza1

大島
初めまして当サイト管理人の大島です。ここでは意外とお得がいっぱいの【ユーザー車検】僕の実体験も参考にしてください。

日本では一家に1台以上、自動車を所有しているほど車での生活が切っても切れないものとなっています。
車を所有しているだけで行動範囲が広がったり、バスや電車というような時間を定められていない為、好きなタイミングでお出かけも出来ます。
ですが車を所有している家庭では毎月の燃料代月々のローン、又、毎年の自動車税車検費用と多くの維持費がかかってきます。
維持費の軽減を考えている人も多いのではないでしょうか?

今回はそんな皆様に知ってるとかなり得する車検【ユーザー車検】についてお伝えいたします。

ユーザー車検とはいったい何?

『ユーザー車検??って何??』と、いう人や『聞いたことはあるけど詳しくはわからない』という人が多いのではないでしょうか。
確かにご自身の車はお買い求め頂いたディーラーや販売店に車検をお願いするケースや大手ガソリンスタンドなどにお願いするケースが一般的だと思います。なので【ユーザー車検】という言葉に聞き覚えがない方が多くて当然です。
まずユーザー車検がどんなものかというのを知って頂くところからお話させていただきます。

ユーザー車検とは

ユーザー車検とは読んで字の如くユーザー自身が車の車検を行うことを言います。もっと噛み砕いてお伝えするとユーザー=車の所有者が運輸支局(各都道府県にあります)にお車をお持込み車検を行うということです。

自分で車検を行う?

そんな事ができるの??

と驚きの方もおられると思いますが、意外に簡単に出来てしまうんです。
ちなみに車以外にもトラックバイクといった愛車もユーザー車検対象となります。

それでは続いてどんなメリットがあるかを、お伝えしてまいります。

ユーザー車検のメリット

まず、なんといってもコストです。こちらは次項目にて詳しくお伝えいたしますがとにかく低料金で行えます。
通常デイーラーや販売店に依頼すると車検代行費用手数料などで上乗せされますが、ご自身で行うだけでそこの費用を軽減できます。
続いてはカスタム車などの車検です。

よくあるのがカスタムしているお車をディーラーにお持込みされると断られたり純正に戻して持ってきてくださいと言われたり、とにかく手間が多いうえにカスタム車というだけで通常よりコストがかかります。
手間もコストもかかるのであれば、手間はかかるがコストがかからないほうがいいですよね。
そしてなによりユーザー車検であればご自身のお車のことを理解することができます。
愛車を理解してあげることで安全運転に繋げることができます。

ユーザー車検と普通の車検はどれぐらい料金が違うか?

それではユーザー車検はコスト面でどれだけのメリットがあるのでしょう。
まずは車検費用の内訳からご説明致します。

法定費用 重量税
自賠責保険料
印紙代
車検基本料 点検整備検査費用
代行手数料
部品代など

上記のような形で法定費用と車検基本料と分けられます。
法定費用とは車検をする上で確実に必要な固定費用と言えるでしょう。
それと異なり車検基本料は車検を行う車検業者(ディーラー、GS、販売店)によって異なる変動費用と言えます。

確かに車検代を各種業者で見積り依頼すると金額が異なりますよね。

なので車検業者はこの車検基本料の中で、利益を得ていることとなるのです。
仕組みをご理解して頂いた所で本題に入ります。
まず、車検業者に依頼すると
法定費用+車検基本用 が、かかります。
ユーザー車検では
法定費用 しかかかりません。
setuyakuhiyou
これで一目瞭然ですね。ユーザー車検では法定費用しかかからないので、業者に依頼するより断然お得に車検を行うことが出来るのです。

ユーザー車検は厳しい?車検に確実に通るには!

yuzashaken

ユーザー車検は難しいのか?
自動車に無関心な人は、だいたいがディーラーで車検を受けることを選択し、2年毎で色々と過剰な部品交換まで実施されて大きな出費になることが多いのが実情です。

本来の車検は、保安に関する適合を確認するものであって、消耗品や各種部品を車検毎に交換しなければならないものではありません。

自動車に少し興味を持って、日常点検で消耗品の状態や交換周期、タイミングを理解できる人であれば、ユーザー車検は非常に効果的な自動車維持費の節約と、適切な消耗品交換に役立つ方法と言えます。
続きを読む

車検の時に揃えておきたい必要書類

shakenhitsuyoshorui

車検の受検当日までに準備しなければならない必要書類
車検の手続きを全て完了させるためには、運輸支局の窓口に必要書類を提出する必要があり、これができなければ検査を受けることができなかったり、検査を受けられても新しい車検証の交付を受けられません。車検を受けるための必要書類の種類の中には、当日までに事前に用意しておかなければならないものが4つあります。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自動車賠償責任保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • 24ヶ月定期点検整備記録簿

このうち、24ヶ月定期点検整備記録簿は点検整備を車検の後で実施する場合は不要ですが、他の書類は全部揃っていなければ検査を受けることができません。

通常、これらの書類は車内のダッシュボードの中に全部一緒に保管してあるものですが、念の為に車検を受ける前に書類が無くなっていないかどうかを確認しておきましょう。また、必要書類が揃っていても、不備があった場合は検査を受けられません。

例えば、自動車税納税証明書の場合、検査を受ける日の時点で未納が無い状態にしておかなければなりません。自動車税の納税が済んでいるかどうかは、納税証明書の記載事項を見ればわかるようになっているので、未納がある場合は先に全部納税を済ませて、未納が無いことを示す納税証明書を発行してもらう必要があるでしょう。

また、自動車賠償責任保険証明書については、車検を受ける前に自動車賠償責任保険の更新手続きを行って新しい証明書を手に入れておく必要がありますが、その更新後の有効期間は新しい車検証の有効期間が全て含まれていなければなりません。自動車賠償責任保険の更新手続きを加入している損害保険会社と相談して行っている場合は、この有効期間に関するミスはまず無いですが、自分で更新手続きをする場合は注意が必要です。

車検の受検日当日に運輸支局で手に入れる必要書類

unyushikyoku
車検の必要書類には、事前に用意しておく必要がある一方で、受検する日に運輸支局で手に入れれば良い種類もあります。 

    これに該当する書類は以下の4種類になります

  • 継続検査申請書
  • 検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 手数料納付書

継続検査申請書

継続検査を受けて新しい検査証の交付を受ける際に提出する申請書で、OCR用紙になっています。運輸支局で手に入れられるOCR用紙のうち、継続審査の申請が可能なのは、専用3号様式と呼ばれるものか、通常の第3号様式と呼ばれるものですが、専用3号様式の方がレイアウトがシンプルでわかりやすいので、こちらを選ぶと良いです。

検査票

自動車を検査場に持ち込んで実際に検査を受ける際に、結果を記入する書類です。検査場の検査ラインの最後で、検査票を検査官に見せて合格印を押印してもらわなければ、検査をやり直さなければならず、新しい検査証の交付手続きに臨めません。

自動車重量税納付書

検査を受ける際に納付する必要がある自動車重量税の税額分の印紙を貼り付けるための書類で、手数料納付書は継続検査を受ける際に必要な手数料分の自動車検査登録印紙および自動車審査証紙をはりつけるための書類です。

自動車重量税

手数料はともに現金で納めない形になっているので、必ず印紙と証紙を購入しましょう。なお、これらの4種類の書類は、受検日より前に手に入れても問題はありません。ただし、事前に手に入れておいた場合は、当日に運輸支局に行く時には自宅に書類を忘れないようにしましょう。

車検の必要書類はどのタイミングで提出するのか

hitsuyoshoruitaimingu車検の必要書類一式を提出するタイミングは、検査の受付を行う時と、新しい検査証の交付を受ける時です。>

    運輸支局に訪れたら、用紙販売窓口で

  • 継続検査申請書
  • 検査票
  • 自動車重量税納付書
  • 手数料納付書

4種類の書類を、印紙販売窓口で自動車重量税印紙検査登録印紙審査証紙を手に入れて、必要事項の記入と印紙・証紙の貼り付けを行いますが、この作業が終わった段階で受付窓口に一度必要書類一式を提出します。ここで書類の記載内容に不備がなければ、予約内容の確認が行われた後、車両を検査場に持ち込むことができるようになります。

そして、検査場でひと通り検査を受けて、保安基準に適合していることが確認された後に、再度窓口で必要書類を提出します。この書類提出は、新しい検査証の交付を受けるための手続きの一環であり、再度書類に不備がないかどうかの確認が行われた後、検査証専用の用紙に記載事項を印字する作業などを経て、新しい検査証が交付されます。

手続きが順調に進んでいれば、書類を提出する機会は上記の2度だけですが、検査で不合格の項目があった場合に、受検日当日のうちに不合格になった部分を改善できなければ、再度同じタイミングで書類を提出しなければならないので注意が必要です。

車検費用の内訳を徹底解説

tetteikaisetsu

車検の意味と受けるためには
車検は、正式には「 自動車検査登録制度 」と呼ばれるもので、自動車を保有している人にとっては切り離せない制度です。

日本での対象は「ミニカー」や「小型特殊車両」を除く「 自動車 」や 排気量250cc以上の自動二輪 に対して行われており、一定期間ごとに国土交通省が検査を行うというものです。

期間に関しては自動車や登録の種類などで異なってきますが、 一般的な自家用車であれば初回は3年後で、以降は2年ごと必要 になります。

検査の内容としては保安基準が満たされているかといったものであり、満たされていない場合には改善して再び受けることができます。

なお、検査を受けた証として発行されるものがいわゆる車検証であり、そこで所有権や使用権なども記されるので、その自動車を保有していることを公に示しています。また車検では同時に 重量税の納付 自動車損害賠償責任保険自動車税納付証明書 などの確認も行われます。

車検では主に保安基準を満たしているかどうかが確認され、検査に合格することで、車検証とともに 有効期間満了日を示したステッカーが発行 されます。

これらの制度の目的としては、自動車が健全に走行できる状態にあるかの確認とともに、自動車の所有権の証明などであり、また不正な自動車を走らせないようにするために行われています。

車検に必要な費用について

shakenhiyonitsuite車検を受けるための方法はいくつかあります。

一般的に使われているのが、自動車のディーラーや整備工場などに委託して検査を受けるというものです。

多くの場合には、陸運支局からの公認を受けた整備工場などにある検査場で検査を行なえば、保安基準が満たしているなどのチェックはその検査場で受けることができ、書類のみの手続きで行うことができるので、比較的、短時間で車検を受けることができます。

ただしこれらには価格が高くなるケースがあります。

これは車検に必要な保安基準の検査のほか、そのほかの法定検査も行うことと、また自動車の整備も同時に行うためです。

一方で、利用者自らが陸運支局など車検を行っているところに直接、持ち込み、受ける方法もありこれは「 ユーザー車検 」と呼ばれています。

この場合には法定費用のみで受けることができるメリットがありますが、保安基準のみの検査であるため、車両に関する検査は行われないデメリットがあります。

また車検代行業者では、このユーザー車検を代行で行ってもらえるもので、 ディーラーや整備業者に任せるよりも費用が安いメリット があり、法定費用とプラスして基本料も1万円から3万円程度で受けることができます。

なお、必要最低限の費用としては自動車によって異なってきますが1リッタークラスの乗用車であれば、有効期限2年のケースには5万4千円ほどです。

この内訳は 「自動車重量税」「自賠責保険」「検査手数料」「印紙代 」などです。

ディーラーや自動車整備工場、また代行業者を利用した場合にこれにプラスした基本料を支払うことになりますが、基本料の内訳は、その自動車の状態によって大きく変わってきます。

費用が高いというイメージ

hiyotakai 費用が高いというイメージはディーラーや自動車整備工場などに委託した場合です。

この場合には、必要な法定費用のほか、車両を整備するための法定検査などが含まれているためです。

また 代行手数料 など 基本料 もかかります。

このほかにも車両を整備するさいにボディの傷なども修理するといったことが行われ、このさいにそれらの補修部門を持たないディーラーや自動車整備工場であれば、外部に補修を委託するため基本料が高くなってしまいます。

実際に内訳で見ても、法定費用よりもそれら修理費用の方が高くなるケースがほとんどです。

ただしこれらの整備はいずれはしなければならないことでもあり、 自動車を長持ちさせる上で重要 です。

なお、費用の内訳としては「24ヶ月点検」などの基本料のほか 「重量税」「自賠責保険」「印紙代 」などの法定費用があります。

このさいに保安基準に満たしていない場合には部品交換の費用も必要です。

部品交換の内訳

エンジンオイル オイルエレメント
ブレーキパッド バッテリー
ラジエーター液 ブレーキオイル
ATオイル タイミングベルト
ファンベルト

長く乗れば乗るほどこれら上記に記載した部品の交換が必要になり費用も高くなってしまいます。

車検切れしてた!!車検切れの車の車検を受ける方法

shakenkireukeru

車が車検切れになっていても車検を受けることはできる
自動車ユーザーが一般的に「 車検 」と呼ぶのは「 継続検査 」と呼ばれる検査のことですが、この検査は車検証の有効期間が終了するまでに受けておくのが一般的です。

しかし、自動車ユーザーの中には、仕事など他の用事を優先して、手続きを後回しにし続けたところ、すっかり受検するのを忘れてしまって、 気がついた時には車検切れになっていたような経験をした人も少なくありません 。実は、この継続検査は車検切れの状態でも受けることができます。

手続きの方法も通常の継続検査とほぼ一緒ですが、検査を経て交付される新しい車検証の有効期間は発行された日が開始日となります。そして、最も注意しなければならないのは、車検切れの車両を検査場まで運ぶ方法です。

道路運送車両法では、有効な車検証を携帯せずに公道上で自動車を走行させることが禁じられており、走行させてしまった場合は 道路運送車両法違反(道路運送車両法) として処罰の対象となります。

そのため、車検切れの車両を検査場に持ち込む場合は、運搬用の車両を使う方法か、「 仮ナンバー 」を取得する方法のどちらかで車両を運ぶ必要があります。

ただし、運搬用の車両を使う方法だと、自分で車両を借りて運ぶにしても、 運搬業者に頼むにしても、数千円程度の費用がかかる ため、仮ナンバーを取得して検査場まで運転する方法が選ばれる傾向にあります。

仮ナンバーはどのようにすれば取得することができるか

karinamba いわゆる「 仮ナンバー 」と呼ばれているナンバープレートは、正式には「 臨時運行許可番号標 」と呼びます。そして、この仮ナンバーを取得する手続きのことは、正式には「 臨時運行許可 」といいます。

臨時運行許可は、検査・登録を行ったり、ナンバープレートの再交付を受けるために運輸支局や軽自動車検査協会、指定整備工場などに車両を運びたい時や、自動車メーカーが公道を使って車両の性能をテストしたい時などに利用できる手続きです。

通常、 ナンバープレートの取得に関する申請は運輸支局や軽自動車検査協会で行います が、臨時運行許可の申請先は市区町村となっています。

申請は「 臨時運行許可申請書 」の提出によって行いますが、このときに車検証 」 などの 車台番号 」の記載がある書類 や「 自動車賠償責任保険証明書 」、申請者の身分証明書 」 などの提示・提出が必要となります。

また、印鑑を押印しなければならないこともあるので、申請場所へは印鑑を持参するのも忘れないようにしましょう。申請書類に不備がなければ、 臨時運行許可証 と 臨時運行許可番号標 が交付されるので、許可証については自動車の見やすい位置に掲示し、番号標はナンバープレートと同じ位置に取り付けましょう。

通常のナンバープレートは各都道府県ごとに、ペイント式字光式のどちらにするかによって価格が異なり、また希望ナンバーを取得するかどうかによっても価格が異なります。仮ナンバーの場合も市町村ごとに価格が異なっていますが、価格の相場は750円前後となっております。

通常のナンバープレートの価格は、ペイント式の場合が1,440~5,200円程度、字光式の場合が2,840~6,800円程度が相場となっており、これに比べると仮ナンバーはかなり安価で取得することができます。

仮ナンバー取得の際に注意しなければならない点は何か

karinambachui仮ナンバーは、申請車両に対して目的、経路、期間を指定して運行許可が与えられるものです。そのため、 目的外の利用や、指定された経路以外の運行、指定された期間を超えての運行はできないので注意 が必要です。

臨時運行許可が与えられる期間は、許可の目的を達成するのに必要な日数分で、最大で5日間となっています。そして、目的を達成した場合は、許可期間が満了した翌日から 5日以内にプレートを返納 しなければなりません。

車検切れの自動車の車検を受けるために臨時運行許可を取得した場合は、取得した仮ナンバーを取り付けて自宅から検査場まで運転した後、検査を受けて新しい車検証が交付されれば許可の目的が達成されたことになるので、すみやかに市区町村役場に行ってプレートを返却しましょう。

また、臨時運行許可番号標も通常のナンバープレートと同様に、紛失したり、破損させたりしてはならないものとなっています。 万が一、紛失した場合は、管轄の警察署と市区町村の両方になくしたことを届け出た後、弁償 をしなければなりません。臨時運行許可番号標の紛失・破損に対する弁償費用は市区町村ごとに異なっており、その相場は1,500~2,000円程度となっています。

車検の予約は早いほうがお得!その理由とは?

shakenyoyaku

車検の予約が早いと割引になるサービス
車検を受けられる大手の業者のほとんどはホームページ内で車検の予約受付を行っています。インターネットから予約を申込出来るので簡単に手続きが出来るところがお得な上に、一週間前とか一か月前とかの早期予約で割引になるサービスを提供しているところがほとんどです。他にもさまざまな条件で割引出来るサービスを合わせ持っています。

車検を受ける前に見積もりを依頼することが出来るところもあり、事前にいくらかかるのかを知ることが出来ます。車検を受ける前の早い段階で見積もりを比べてみるなどの準備をしておけば、その中でさらに安い費用で検査を受けられるところを探すことも可能です。見積もり依頼の申し込みをすればその結果がすぐにメールで送られてきますので、その日のうちに安いところを見つけることも出来ます。

見積もりの依頼や予約の申し込みはインターネット上で出来て無料で受け付けが出来るようになっています。そしてインターネットから申込むことで割引となるサービスを提供しているところもあります。比較したり申込したりするのは断然インターネットを使ってからの方が便利でお得であるわけです。見積もり比較もすぐに安い費用で車検をしてもらえるところが見つかります。

安い車検を受けられる理由

yasuishaken
インターネットなどで早めに申し込みをして安い費用で検査を受けることの出来る理由として、ひとつには必要のない部品を交換しない検査を行うところにあります。カーディーラーで車検を受けると次回の検査まで安心して乗れるように、まだ使えそうな部品も交換してしまい費用が高くなってしまうことがあります。

安全のために交換が必要な部品があれば、ユーザーの希望に応じて行う整備により無駄な費用と時間を削減出来て、安い整備費用が提供できることが検査を安く受けられる理由となっています。

最低限のことだけで検査に通る基準のもと整備を行うことで、見積もりで比較する段階でもカーディーラーで行う検査費用の見積もりと比較しても、その安さを実感出来ます。無駄な整備を行わないということはその分、時間も早くなりすぐに完了するので、持ち込んで検査を受けてからの時間もかかりません。

業者によってはまる1日かかり代車が手配されたりするところもあれば、1時間以上の時間が必要になったりしますが、早いところでは30分以内に検査が完了したりと、その時間の早さから安心して検査を受けられることも、多くのユーザーから車検を予約する業者として選ばれる理由にもなっています。

納得のいく車検をじかに行える

nattokushaken
その日のうちに持ち込んでもすぐに車検を受けられるところもあり、ユーザーの納得のいく形で検査を受けるサービスが提供されています。納得のいく検査が受けられる理由としてはユーザーによる立会いのもと検査を行う形で余分な整備が行われず、納得のもと部品の交換などの整備が行われるからです。

立会い車検を提供することで、ユーザーの思わぬ整備が重なり費用が高くなることがないので、その場に車を持ち込んでも安心して検査が受けられます、事前に見積もりの依頼をしていても見積もり金額以上に検査費用がかかることもありません。

早い段階で予約をしていれば実際の検査の前に点検を行い、検査をした時にどれくらいかかるかを知ることが出来ます。ユーザーにとって整備を行わないと車検に通らない部分についての説明を詳しく行うことで納得のもと検査を受けることが可能になります。

この事前点検を行ない見積もりが決まれば実際の検査でそれ以上の料金が発生することもありません。さらにさまざまな割引サービスを併用しているところが多く、明細にもしっかり割引内容が記載されたのちに検査費用が分かるようにしてあるので、どれだけ得をして車検を受けることが出来たかも分かるようになっています。

車検は何処が安い?一番安い車検比較

ryokinnichumoku

料金に注目した車検の業者選び

車は現代人の生活には欠かすことのできないものとなっており、日常生活の他、各種の業種でも業務用の車両が数多く使用されています。

これらの車を安全に使用するためには、 トラブルや故障を未然に防ぐための整備やメンテナンスが非常に重要 になってきます。

こうしたメンテナンスは、日常的に行なうものの他、定期的に法定に則って行なう車検があります。

車検で検査する項目は法律で定められている

それらの検査結果が基準を満たしていないと、その車を使用することができません。

検査項目は「エンジンルーム点検」「車内・走行・内外装点検」「下回り点検」「走行装置・制御点検」などが、法で決められた内容を検査します。

車検は陸運局などで受けることができますが、専門的な手続きや知識が必要となるため、一般的には整備工場やディーラーなどにお願いすることになります。

しかし、業者によってはその料金にも大きな差があり、車の状態や利用する業者によっては高額な費用がかかってしまうことも珍しいことではありません。

そこで、 車検にかかる費用を少しでも節約するには複数の業者を比較 して、より安い業者を探すことが大切です。

いくら安いからといって、信頼性の低いところを利用するのでは車を安全に使用する点で不安がありますし、また安い分サービスが不十分であっては本末転倒になってしまいます。

料金と検査項目やサービスの内容の関係

kensakomoku車検は車を安全に使用する上では欠かすことのできないもので、また定期的な検査を行うことで車の状態を把握し、故障などのトラブルを未然に防ぐことにもつながります。

そのため、結果的に車の寿命を延ばすことにもつながりますので、検査を受ける業者選びは慎重に行わなければなりません。

多くの人が利用するものとして、車を購入したディーラーなどで受ける「ディーラー車検 」と呼ばれる物がありますが、これは検査項目も法定で定められたものの他、様々な箇所の点検も同時に行いますので、より車の状態を把握するのに有効です。

しかし、その分当然料金も高くなり、また修理や交換などが必要になるとその分の費用も高くなってしまうのが難点です。

ディーラー車検では

不具合などは部品交換で対応することが多いので、 修理にかかる費用はどうしても高くなる傾向がありますが。

そこで、故障や不具合箇所の修理を行なう必要が出た場合にも、予算に合わせて修理方法を選択できる店を選ぶことも有効な方法です。

こうした業者では中古の部品を使用するなど、純正部品にこだわらないメンテナンスを行なうことが可能なため、より安い金額で車検を受けることが可能になります。

料金以外のサービスもよく比較することが大切

ryokinhikakuディーラー以外に車検を受け付ける業者は非常に数多くあり、ユーザーは複数の業者を比較して選ぶことができるのが利点です。

こうした業者を比較する際にはその料金はもちろんですが、サービスの内容や検査項目などにも注目することが大切です。

ただ単に車検をパスするというだけでなく、消耗してきている部品など、トラブルの原因に発展する物をいち早く発見し、適切な対処を取るなど、 アフターケアにも重点をおいている店を選ぶと検査後も安心 です。

また、基本的な検査項目の他にも点検を実施しているところならば検査に直接関係ない箇所の不具合も早期に発見することができます。車検時には車をしばらくの間預ける必要があるため、時間がかかることになるとその間は車が使用できなくなってしまいます。

そのため、 代車を無料で用意している、あるいは当日検査が完了 するなどのサービスを行っているところを利用すれば検査中の不便も少なくなります。

車検の点検項目は、どこも同じです。追加点検や整備などで、支払う金額がかわってきますので、よりよいサービスを受けれる車検業者を探す必要があります。

料金が安いことは選択基準としては非常に重要な事になりますが、それ以外にも細かなサービスが受けられるなど、サポートの充実具合も比較検討する際には非常に大切なことになります。

料金面、サービス面の両者をよく見極めることがより良い車検を受ける上でも重要な事となります。

ディーラー意外で安心して車検を任せれる業者は

やはり有名どころで言えば、オートバックビックモーターコバックホリデー車検などになります、しっかりとした設備でプロが車を見てくれるので安心でき価格も抑えれるのです。

その他に車検受ける場所によって相場や内容も変わってきますので自分にあった信頼性のある車検を見つけないといけません。

ビックモーターで車検を受けるメリットとデメリット

bigmotor

車検の持っている効果と必要性について
自動車は新車時を除くと基本的に一般車の場合では2年に1度の車検を受けなければならない決まりを持っています。

この点に関しては自動車を走行中に不具合などが発生してしまい、交通事故に発展してしまうことがないように配慮されている内容になり、同時に「税金」や「保険」に加入することも基本になります。

車検については基本的なチェック項目というものが用意されていて、その部分をクリアしたならば、問題なく自動車を継続して乗ることができます。人によっては消耗品などを同時に交換することを希望したり、次の車検までトラブルが起きないように整備を依頼する方も存在しています。

現在ではしっかりとした整備を行い、充実したプランを用意している整備工場や、簡易的にスピーディーに作業を済ませることを行って、経費を抑制することを目的にする場合でも、利用者の都合に合わせて利用することのできる整備工場などが存在していることによって、便利に自動車を維持できる環境を持っています。

ビックモーター」のように安い車検を利用できる環境も用意されており、利用側にメリットの大きなサービスが提供されていることになります。万が一のトラブルにも備えることができ、大切な点検作業とされています。

車の買い替えを検討するなら!>>【ビッグモーター】なら驚くほど高く買ってくれます!

ビッグモーターを利用することによって得られるメリット

bigmotormerit 整備工場としても運営されている会社の中にはビックモーターという名称を持ったものが存在しています。ビックモーターは全国各地で展開されている比較的大きな規模を持った自動車関連に特化している会社としても知られています。

中古車販売や中古車の買取りなどを行っていることもメリットになり、買取りを行った自動車に関しては、基本的には自社販売を行うことになるために、その結果として高い価格にて買取を行うことができるメリットも持っています。

車検に関しても1日で済ませることができるシステムを持っており、最短では45分程度で済ませることのできるプランも用意されています。検査や整備に関しては透明性を持っていることもメリットとされており、ガラス越しに作業光景を目にすることが可能とされています。

デメリットよりもメリットの方が大きなサービスとしても多くの方々に利用されていて、安い料金で利用できることについても評価の高いものを得ています。ビックモーターでは無料で利用できる代車も用意されていることも特徴になり、生活上不具合が起きないように配慮されていることも嬉しい要因になります。

事前にインターネット上で見積もり依頼を行うことができることもメリットとして挙げることができます。

BIGMOTORは地域最安値の車検を目指しているからこんな特徴がある

  • 車検を受けている愛車のガラス越しで見える
  • 愛車に不具合や交換パーツがある場合は納得できる用に丁寧ね説明をしてくれる
  • 最新設備でムダのないスピーディーな作業をプロがしてくれる
  • 無料代車のサービスあり
  • 朝車を渡し夕方に完成する「1日車検」が人気
  • とにかく早さを求めるなら「ダッシュ車検」最短で45分と脅威の早さに驚く
  • お得な車検割り引きがあり「ロープライス保障」「最大5,000円割り引き」「入庫時10%OFF」「早期予約」「代車不要」など様々割り引きがある

ホリデー車検!一目でわかる業界安値の車検料

holiday-fc車検費用はなるべく安く抑え、安心して確かな技術で整備・点検をおこない検査を受けられる。

オススメ!の車検業者は

ネット車検で安いホリデー車検

全国に270店舗を展開しており、地域密着型で低価格で提供!

車検は、立会の元で整備などを行い、追加整備などがあれば、ユーザーに詳しく説明し納得をして貰い整備を実行していきます、なので「安心感」「満足感」「納得感」がとても高いです。

車検の流れ

予約 → 入庫 → 検査 → 出庫
スムーズな流れで無駄を省き効率化により、トータルで低価格な車検を可能にしています。

ホリデー車検の魅力と費用

「完全予約」「立会い説明」「コストパフォーマンス」「スピーディー」

ビックモーターとホリデー車検 比較!メリット・デメリット

ビックモーター車検 ホリデー車検
車検最短時間  45分~  30分~
車検割り引き  最大5000円  最大3000円
お支払い方法  現金
クレジットカード
取扱いローン
 現金
クレジットカード
取扱いローン

車検時によく交換をされる「冷却水」があります。

この冷却水の交換費用の価格を、みなさんはご存知でしたか?もし、交換した場合。

ビックモーター車検 ホリデー車検
4,500円 3,900円

2社を比較してみると600円も差があるのです。

このように車検時に、オプションで色々と交換を勧められます、交換時期にきてるからですが、このような追加整備などが増えた時に、車検費用の合計額がビックリする値段を提示されないためにも、車検を申込む前にサイトなどで明確な金額を提示している業者を選ぶことが、トータルの車検代を少しでも低価格にさせるコツにもなります。

  • ビックモーター車検

車検工場内も見れるので、整備・点検などの作業が把握しやすい、全国展開している車検業者なので、低価格を提示していますが、見積は意外に割り高に…なるケースが…

  • ホリデー車検

車検に関する点検や整備など、基本立会の元、消耗している部品など交換が必要な場合、説明がありユーザーが納得した上で追加整備などを行うので安心です。掲載している料金では少しだけ他の車検業者と比べても高く感じますが、実際に他の車検業車が提示してきた見積より安くできる可能大です。

なぜ、ホリデー車検が他の車検業車より安い料金で出来るのかを説明すると、車検でかかる費用は大きく分けて3つあります。

  • 車検料
    点検と書類作成費用
  • 公的費用
    重利用税、自賠責保険、印紙代
  • 整備費用
    車検は基本的な点検なので、消耗・劣化などの部品交換にかかる費用

これらの費用が「ホリデー車検」では最初から低く設定されています。(※公的費用は国に支払うの料金なので他の車検業者と同じです。)
ですが、低価格=整備・接客・対応などに不安を感じてしまうのも事実です…

ホリデー車検の考えは
料金が高い=メリットが薄れる!料金が安すぎるとサービスが低下する!と考えています。

そんなメリット・デメリットのバランスを上手く取ることで、ユーザーに納得の技術と価格の車検サービスが、実現でき提供しているのが「ホリデー車検」です。

一目でわかるホリデー車検料

軽自動車 ホリデー車検料 公的費用 車検費用総額
ワゴンR・ライフ 等 19,764円 34,070円 53,834円~
乗用車(重量) ホリデー車検料 公的費用 車検費用総額
~1,000kg 19,764円  45,340円  65104円~
1,001kg~1,500kg  53,540円  73304円~
 1,501kg~2,000kg  61,740円  81504円~
 2,001kg~2,500kg  69,940円  89704円~
小型貨物車(重量) ホリデー車検料  公的費用 車検費用総額
 ~2,000kg  19,764円  24,970円  44,734円~
 2,001kg~2,500kg  28,270円  48,034円~
 2,501kg~3,000kg  30,670円  50,434円~
 3,001kg~4,000kg  34,770円  54,534円~

holiday

安い車検のビックモーターのデメリットに関連すること

bigmotordemerit安い料金で早い車検を受けることができる整備工場としてビックモーターが注目されています。

既に豊富な実績を持っていることでも知られており、最新設備を有していることによって、作業もスムーズに行うことができます。

非常にメリットの豊富なサービスになりますが、その一方で中にはデメリットに感じてしまう方も存在している可能性はあります。

ビックモーターのデメリットに関して

車検に関しては目立った部分がなく、敢えて言うならば車種によっては細かいパーツや調整などに対する技術に関して、疑問に感じてしまう方が存在している場合もあります。

しかし、実際には殆どの車種に対応していることになり、何かしらの不具合やトラブルが判明した場合では、プロのスタッフによって丁寧な説明が実施されており、利用者が納得できた際に、パーツ交換などを行うシステムを持っているために、大きなデメリットを感じる必要は無いものと考えることができます。

現在ではスピード社会、そして経費削減をメインとしている部分が多々見られるために、安い整備のビックモーターの車検等の利用に関しては時代に相応しい項目をいくつも持っていることになり、多くの方々が満足できる環境にあります。

車検はどのくらい前から受けることが可能?

shakenriyo

車検を受ける場合にいつから利用できるのかの考察
自動車には車検を受ける義務が生じていることになり、一般的には満期が来る前にディーラーや整備工場などに持ち込むことが行われています。

検査を受けるタイミングとしては、一般的には期限満了となる前に受けるために、車検証を見て満了日を確認した上で、その日付までに整備工場などを利用することで無事に終了させることもできます。

しかし、人によっては日程の都合というものが生じることになるために、いつから車検に出して良いのかを事前に知っておくことも良い方法です。実際にいつから出して良いのかと言えば、期限に関しては明確に設けられていないことが実情になります。

基本的にはいつでも出すことができるものですが、1ヶ月以上前に出してしまった場合では…その日付が次回の満了日となってしまうために、2年間の期限を最大限に活かすためには、満了日の1ヶ月内に出すことが基本です。

1ヶ月以内ならば満了日が変更されることが無いために、お得に利用することもできます。いつから車検に出すのかは、利用者の自由意思になり、例えば満了日が過ぎてしまった場合でも、仮ナンバーを取得する方法や、レッカー車を利用して後日に車検を通す方法もあり、この点に関しては都合に合わせることができます。

車検の期限を守ってお得に利用することについて

shakenkigen車検はいつから出せるのかと言えば、一般的に広く認識されている内容では1ヶ月以内になります。

この期間に通した方の場合では、早い車検をお得に利用できる環境を持っており、余計な出費を抑制することができます。

例えば1ヶ月以上前に利用した方の場合では、次の期間が当初よりも短くなるために、実質上出費が多くなることになります。

期限を過ぎて出してしまった場合では、レッカー代などがかかることもあり、公道を走行させての移動ができないために、お得に利用することは難しい傾向にあります。現在では早い車検をお得に利用することができるサービスが増えていることによって、経費削減を心掛けている方にとっては便利な時代と言うことができます。

インターネットなどを使って見積もりを貰う方法も用意されていて、最安値を提示している整備工場などを早い段階で見つけることもできます。スピード検査として、時間的な部分として早い車検を利用することもでき、最短では即日に完了させる方法も用意されています。

自動車によってはパーツ交換などが必要とされてしまうケースもありますが、車検に関しては安全運転を行う上では大切な項目とされているために、早いだけではなくしっかりとした検査を行ってもらうことも良い方法になります。

レッカーの費用はいくら?!

レッカーを専門とされてる会社でみてみると、一般的な費用は約8,000円ほどですが、作業代が約4,000円~10,000円ほど加算されます、さらに牽引が1km毎に発生しますので、車検切れでのレッカーはとても痛い出費になることがわかります。

車検を受けるために必要な項目等について

shakenkomoku早期に車検を利用しても、期限を最大限に活用された方の場合でも、基本としては自動車を最適な状態に仕上げることを目的にすることも良い方法になります。

用意する書類等に関しては「車検証」と「保険の支払い証明書」、「税金の支払い証明書」などが代表的なものになり、事前に確認することが大切になります。

自動車の取り扱いに関しても事前に十分に考慮しておくことも良い方法になり、例えば2年以上乗り続けることを希望している方の場合では、十分な整備を依頼することもおすすめになります。

その一方で短期間にて自動車を手放すことを考えている方のケースでは、取り敢えずは検査を通過させることに支障をきたさない部分だけをクリアする方法によって、余計な出費を抑制することができます。この内容に関しては整備工場などでは勝手に判断することができない項目になるために、事前にしっかりと話し合いを行った上で、整備内容を確認していくことが良い方法になります。

インターネット上でも安いものとして提供している整備工場のサイトなどを見ることもできますが、あくまで参照程度に考えることも基本になり、中には緊急として交換が推奨されるようなパーツも出てくる場合もあるために、その場で適切に判断することが大切になります。

急遽、車検をキャンセルしたい!キャンセル料は発生するの?

carhoputaio

大手カーショップは対応が分かれる
「車検の予約を入れたけど、家に帰ったら高いから主人にキャンセルしろと言われた」とか、「別のところのほうが安く済むので予約をキャンセルしたい」という方もいると思います。

では。急遽車検をキャンセルする場合、キャンセル料は発生するのでしょうか。お店によってその対応はまちまちのようです。まず、大手のカーショップのキャンセルに対する応対の仕方です。

続きを読む