自動車ローン

自動車ローン組める人と組めない人の違い

ginnkouro-nn

銀行系の自動車ローンとは
自動車をローンで買おうとして、ローンを申し込んだのに、審査で落ちてしまってローンが組めないことがあります。

そうなったら、もう車を買うことは諦めるしかないのでしょうか?!

いいえ、そんなことはありません。自動車ローンには、いくつか種類があるので、違う系統のローンを申し込めば、ローンを組める可能性があるので、自動車購入を諦める必要はないのです。

まずは、銀行系のローンですが、一般的なマイカーローンとして利用する人も多いです。

メリットは、銀行という安心感と、給与振込先に指定している銀行や、マイホームローンで利用している銀行なら、審査も通りやすいでしょう。また、金利の優遇などの措置も利用できる可能性もあります。

続きを読む

自動車ローンを滞納した場合はどうする?

自動車ローンを滞納することは出来るの?
定期的に返済する必要がある自動車ローンですが、いろいろな事情でカーローンを返済できなくなり滞納してしまうこともあるでしょう。自動車ローンの場合は様々な返済についての可能性がありますので、そのような事になっても仕方ない事はありますが、根本的にマナー違反で柄ありルール違反であるということを知っておきましょう。

実は、借入の際には色々な面で考えられており、特に収入面を考えたらそこまで無理なプランであれば返済ができない可能性を考えてローンの借入をできなくすることもあります。このため、自動車ローンに通ったからには返済の義務がありますし、返済する事もできると思われたのでしょう。
続きを読む

中古車でも自動車ローンは組めるの?

中古車購入でも自動車ローンは使える?
自動車ローンというと、さまざまな用途に使えます。車購入にはもちろん、車の付属品やメンテナンスのため、またローン会社や銀行が許すのならば、自宅の駐車場整備のためや、雨よけなどを設置するというような用途にも使えるものもあります。

特に自動車ローンの場合は新車・中古車問わず使えます。

ですので、もちろん中古車購入でも自動車ローンを組むことは出来ます。もちろん新車を買うよりは費用が抑えられるのでローンでの借入金額も安くなりますが、これは車の種類は問いません。

気をつけたいのは、車の種類ではなく借入の際に貸す側がどのくらいまでの範囲で使用可能か、ということです。

続きを読む

個人事業主でも自動車ローンの審査は通る?

sinnsafuri

個人事業主が審査で不利な理由とは
個人事業主は自動車ローンを組みにくいと言われることが多いようです。収入が不安定になりがちだからだと言えるでしょう。

正社員として会社に雇われている場合、簡単に解雇されることはありません。業績が少し悪くなった場合に給料が減らされたりボーナスがカットされたりすることはありますが、突然解雇されると言ったことは考えにくいです。日本では正社員として働いている人の権利が強いですから、収入はある程度安定していると考えられます。

個人事業主は、会社が定期的に給料をくれるわけではありません。突然仕事がなくなると言うこともあるでしょうし、時期によって収入が増減すると言ったことも十分に考えられます。たいていの自動車ローンでは(他のローンでも同じですが)、安定した収入があることが条件となっていて、収入が安定していないと判断されれば審査に通ることはありません。
続きを読む

自動車ローンの審査に落ちてしまった場合は?

年収や勤続年数で落ちてしまったケース
自動車ローンの基準はいろいろありますが、その中で影響の大きいものが仕事に関する部分です。金融機関によって違いがありますが、たいていは年収の規定があります。規定はありますが、それぞれで異なりますから、比較的甘いものもあります。

たとえば銀行の自動車ローンの審査は厳しい傾向があり、年収が低いことが原因で落ちてしまったケースもあります。このような場合には、ディーラー系のローンを利用するのは良い方法です。ディーラー系のローンは銀行よりもやや審査が甘い傾向があります。

続きを読む

審査の甘い自動車ローンはあるの?

自動車ローンにはディーラー系と民間系がある
自動車を購入するにあたっては、マイホームほどではないにしても、ローンを組む人が多いでしょう。

新車なら少なくとも100万円以上、上は1000万円以上の車種もあります。自動車ローンを組むことは、ごく一般的なことと言えます。

初めて自動車ローンを組む人は、審査に通るのかどうか、どんなことが審査されるのか、不安になることもあるでしょう。『できるだけ甘いところが良い』と思う人もいるかもしれません。

続きを読む