自動車ローン

個人売買で自動車ローンは使える?

kojimbaibai

自動車ローンは個人売買では使えない
自動車を購入する時にネットオークションなど、今では個人売買でも自動車を購入することは簡単になっています。このようなケースから車を購入する場合に個人売買で自動車ローンを利用したいと思うことがあります。実際、個人売買で自動車ローンを利用することが出来るかどうかは、個人売買でも取引相手がしっかりとローン会社を利用できる業者なのであれば不可能でもありませんが、現実的に無理なケースが多いことは覚えておきたいところです。

しかし、個人売買でローンを活用するという意味なら、フリーローンを利用するのが便利です。このフリーローンとは使途が自由なことが最大の特徴であり、車を購入するためでもお金を借りることが出来ます。こうしてお金を借りることが出来たら、その金額を使って個人売買で取引を成立させれば良いので便利です。自動車ローンとフリーローンの違いは金利が大きなポイントです。

基本的に自動車ローンの方が金利はお得になることが多く、フリーローンは低金利となっているところからお金を借りる場合でも、自動車ローンよりは金利が高いことが多いので、この点だけはしっかりと利用する際に覚えておく必要があります。

フリーローンなら銀行カードローンが良い

cardfree
個人売買の時にフリーローンを活用して融資を受けるなら「銀行」か「消費者金融」、又はクレジットカードなどの「信販会社」のどれかを選ぶことになります。選び方のポイントは審査に合格できるかどうか、金利はどのくらいなのか、この2点が重要となってきます。

前者については申込先によって合格のしやすさは変わってきますが、特に大きな問題を抱えていないのであれば金利を優先して申込先を選びましょう。信用が落ちている、借金をたくさん持っているという場合はなかなか合格できるところがないので、審査が極度に甘い会社を選ぶ必要があります。

金利については銀行が一番低金利なので、どのくらいの限度額を希望するにしても銀行から金利比較しながら申込先を探すのがおすすめです。金利を比較する時は各社の上限金利、下限金利の両方を比較するようにしましょう。

どちらの金利も他社より低い設定となっているなら、もし審査に合格できるならば比較的低い金利からローンを組むことが出来るのでお得です。銀行は申込から審査まで、イメージと違って意外と敷居が低い会社が多いので、合格しやすいという意味でもお勧めできます。銀行カードローンを比較してみると良いです。

自動車の購入先と金利を総合的に判断すること

sogohandan
自動車は個人売買でも購入できるとは言え、その為にカードローンを活用して資金を調達して購入するのであれば、結局は完済するまでの利息をトータルとして考えると、個人売買よりも専門店で車を購入する方が安くなるケースも当然あります。

一番良いのは貯金から車を購入することですが、どうしてもローンを利用するなら総合的に利息を踏まえて損得を考えるようにしましょう。カードローンは自動車ローンよりも金利が高い傾向がありますし、低金利で有名な銀行カードローンを利用しても、それでも自動車ローンを利用する方が利息が有利になることは多いです。

オークションなどから個人の取引で車を購入する時、そこには値段が安くてお買い得など何かしらのメリットがあるわけですが、その為にカードローンを活用して返済期間が長期的でトータルの利息額が高額になってくるようであれば、一度同じ商品を専門店で購入する際に自動車ローンを組むと、トータルの利息がいくらになるのかシミュレーションしてみると良いです。

そうすると、本当にお得な買い物はどちらなのかをしっかりと比べることが出来るので、大きな失敗をせずに最良の選択をすることが出来ます。

自動車ローンを2ヶ月滞納したらどうなる?

saisokurenraku

自動車ローンを滞納するとローン会社から督促の連絡がくる
自動車は土地や家ほどではないにしても非常に高額の買い物になるため、多くの自動車の所有者が自動車ローンを組んだ上で購入しています。

自動車ローンを組むと、自動車の使用を開始した後は毎月決められた日に決められた金額を返済していかなければなりませんが、多くの人はローン会社との契約通りに返済しています。

続きを読む

自動車ローンはどこがいいの?選ぶポイントはどこ?

自動車ローンは審査の難易度を考慮しよう
自動車ローンで最優先に考慮すべきことはやはり「審査」の「難易度」だといえます。

基本的に自動車ローンを選ぶときは金利を見ることが重要ですが、そもそも根本的なところを考えると審査に合格できなければローンを組めないので、自分の状況でも合格を狙うことができる自動車ローンを探したいものです。

しかし、これが本当に難しい作業であり、ローンというのはどんな内容だと審査に合格することができるのか、その内容を公開してくれません。そのため、インターネットなどから実際に合格したという人の情報などを参考にしながら自分が合格できる自動車ローンを探していくことになります。

時間がかかってもよいというなら、セオリー通りに金利を見ながら好ましい自動車ローンを探して当たって砕けろという精神で探していけばよいです。

続きを読む

自動車ローンを途中で返済したい場合

自動車ローンの返済方法を把握しよう

loanhennsaihouhou
自動車ローンはしっかりと返済方法を把握しておくことが大事です。

基本的に自動車ローンを組みますと、毎月の指定日に支払いをしていくことになります。月々の支払いを継続することで完済を目指すことになりますが、自分の収入に余裕がある時は繰り上げで支払いをすることが出来ます。

これはどういう意味かと言うと、簡単に説明するならいつでも好きな時に支払いをすることが出来るという事です。

好きなタイミングから支払いをして、その時点で一括完済となる場合は翌月からはローンが残っていないので返済は終了となりますが、繰り上げで支払いをしても残額が減っただけでまだローンが残っている状態なら、通常通り約定日になると支払いをしなければならないので、この点はしっかりと覚えておきましょう。

続きを読む

即日融資の自動車ローンってあるの?

loanshurui

ローンの種類は色々とあるもの
自動車を購入する為にローンを組むなら一般的には自動車ローンを利用します。これを住宅に置き換えて考えると、やはり住宅を建てるなら住宅ローンです。

ローンというのは目的によって好ましいローンの種類を選ぶことが基本となってきますし、それぞれのローンには使途が設定されているものですが、自動車ローンの場合だと借りたお金は自動車を購入する為だけに使うことができ、それ以外の目的の為にお金を使うことが出来ません。

しかし、この使徒が自由となっているローンもあり、代表されるのは「カードローン」などの「フリーローン」です。

続きを読む

未成年でも組める自動車ローン!

miseinencarloan

未成年でも自動車ローンは組める!
あまり知られていませんが、実は自動車ローンは未成年でも組めるのです。これは自動車ローンを使う際に未成年者でも使うことがあるため、このような設定がされています。実際、バイクなどの二輪車は16歳からでも免許が取れます。また、一般的な自動車の場合は18歳からでも免許が取れるのです。

このため、免許取得直後に車に乗りたいという人のために車の免許をとっている人や、車の種類を限定すれば取れるのです。このため、高校生でもすでに免許を持っていて自分の車を持ちたいという人ならば車を購入することが出来るのです。この費用は自分で出すこともあるでしょうし、高校から進学したり就職する際に車をプレゼントしてもらいそのカーアクセサリーのために自動車ローンを、という人もいるでしょう。

また、通勤・通学の際に自分で車を買う必要があり、そのために自動車ローンを組むこともあります。また、あまり知られていませんが、自動車免許取得のためのローンとして自動車ローンを使うことも出来るのです。これは自動車ローン申込先の銀行が許す用途に入っているのなら、もちろん利用は可能です。とはいえ、このような場合でもいくつかのルールがあります。

自動車ローン利用の条件は?

miseinenjoken
とはいえ、自動車ローンを組む際には成人している人よりもローンを組むのにいくつかの制限があります。このような条件を満たしていないと、例えば親名義でのローンになってしまったりということもあります。この場合、準備するのは一定の収入条件、連帯保証人、法定代理人の設定です。まずは「一定の収入」です。

これは、高校生ならばアルバイトをしている人もいるでしょうから、そのようなアルバイトの費用をそのまま自動車ローンの返済に充てることも出来るでしょう。ただ、この場合は月に数万円程度のアルバイト収入ならば、それを基準としたローンの借入になります。どちらかといえば中古車程度の借入額になることもあるでしょう。

また、高校生が就職を決定したので自動車ローンを組みたい、というのであれば、いくつかの条件があります。内定通知書を添付したり、就職先に内定のしたかどうかの確認の電話が行くようになっています。このようないくつかのチェック事項をクリアした後に、はじめて借り入れが可能になります。また、大学に進学する時に必要ならば大学に入学する時にそのアルバイト収入を目安にして借入金額が設定されることもあります。この場合は毎月の収入などを考慮してローンの審査がなされます。

連帯保証人・法定代理人とは?

hoshonin
ところで、これは自分で準備する必要があり、また自分で準備できる範囲のものです。高校生でも大学生でも自分で収入があることを証明できればいいのです。一方、「連帯保証人法定代理人」は他の人をお願いする必要があるのです。

連帯保証人とは、もし借入をした人が返済を滞納するようなことがあれば、その人の借入を代理として返済を行う人ということになります。ある程度安定した収入があり、定期的に毎月の収入がある人や貯蓄が高い人が「連帯保証人として連帯」されます。

また、連帯保証人を立ててもしっかりとした収入や貯蓄があると保証できるのならば、そのような人であれば十分連帯保証人となるのです。また、法定代理人とは未成年者が様々な契約をする際に法律でさまざまな問題が起きた際に代理人となるような人です。未成年者の場合はだいたい親か、もしくは法律・弁護士が定めた人を設定していればその人になります。

その人の同意がないと、未成年者の場合は契約ができないのです。もちろん法定代理人の同意がないと契約にはなりません。また、同意した時に嘘の内容があったりすると、ローンの一括返済などを求められてしまいます。この二人の同意は必ず必要になります。また、この同意がある上で銀行のローン審査を行うことになります。

自動車ローンと年収の関係!借りれる限度額は?

arubaito

自動車ローンはアルバイトでも可能
自動車ローンは一般的に正社員として仕事をしていなければローンを組むことが難しいと思っている人が多いですが、実際のところはアルバイトでも自動車ローンを組むことが出来ます。

車を買うために自動車ローンを組む場合、ポイントになることは2つあります。

1つは「審査に合格」できるかどうか、2つ目はいくらの「ローンを組」むことが出来るのかです。

続きを読む

他社借入があっても自動車ローンを組む方法

merittokangaeru

他社借入の金額をなるべく減らしておこう
自動車ローンの審査に通る為に他社借入があると不利になりますが、それでも他社借入の金額を小さくすることで合格を狙うことが出来ます。

他社借入を持っている為、自動車ローンの審査に合格できるか分からないという人は確実に合格率を高める方法としてまずは自分が現在持っている他社借入を減らすことを優先してみましょう。

続きを読む

300万円の自動車ローンで金利はいくら払う

keisanyayakoshii

自動車ローンの金利計算はややこしい
自動車ローンを組む時に毎月いくらほどの利息を支払うのか気になるものですが、これは金利計算をしなければなりません。

新車で自動車を購入する時は大体300万円ほどの金額になることがありますが、もし300万円で自動車ローンを組んだ時に利息がいくらになるのか知りたいなら、とても簡単な方法があります。

計算方式を知っている人なら簡単に算出することが出来ますが、やり方が分かっていても頭金があるかどうか、ボーナス払いがあるかどうかなど、ローン内容によって若干計算の仕方が変わってくるので本当に自動車ローンの計算はややこしいものです。

自動車ローンで300万円ほどのローンを組む際に金利はいくら払うのかをインターネットからシミュレーションのシステムを活用すれば簡単に利息を算出出来るため、基本的にこれを利用して返済計画を考えていくと良いです。

もちろん、こうした利息計算のシステムは無料で利用することが出来ますし、いろんなサイトで見つけることが出来ます。金融会社の公式サイトなどによく設置されているので、参考にしながら探してみると便利です。計算が苦手な人でもすぐに答えを知ることが出来るので活用してみましょう。

お勧めの無料で簡単に返済シュミレーションができる ローン返済額計算 を参考いご利用下さい!

シミュレーションシステムは数字を入力するだけ

sujinyuryokuインターネットから自動車ローンの金利計算システムを利用する場合、そのシミュレーションシステムにローンに関する情報を入力するだけですぐに答えを求めることが出来ます。

例えば、300万円でローンを組む時は金額を300万円と入力して自分が利用しようと考えているローンの金利をしっかりと確認して、その利率を入力します。

システムによって若干入力の項目が異なることがありますが、基本的にローンの金額と利率の欄は必ずあります。他にはボーナス払いを活用する場合はそうした欄がありますし、インターネットからいくつかの返済シミュレーションを探して利用してみると良いです。

自動車ローンを探す際にもインターネットを使えば様々なローンを見つけることが出来るので、ローン内容を比較しながら探すのは便利です。この時にそれぞれのローンでは実際のところどのくらいの利息の差があるのか分からないことが多いので、返済シミュレーションを併用しながらローン情報を比較していくと具体的な利息内容を把握することが出来るのでかなり便利です。

ローンは色々とややこしく感じますが、シミュレーションする時に必要な情報は本当に簡単な内容ばかりです。

自動車ローンは頭金の有無で返済期間が結構変わる

carloankawaru自動車ローンは必ずしも頭金が必要というわけではありません。しかし、基本的に頭金が有る方が借入する金額を減らすことが出来るので審査は通りやすくなります。

どうしてもローンを組みたい時に頭金があると、少し敷居が高く感じますし、頭金を用意することが難しい場合はデメリットにもなります。

ですが、頭金があることによってローンを組む金額を小さくすることができ、それによって返済期間も全額を借入するよりは短くしやすいので結果としては利息を抑えることに繋がってきます。

自動車ローンの金利計算はなるべく初めに大きな金額を支払う方が今後の利息を安くすることが出来る。そうした意味でも頭金を入れておき借入の金額を減らすことが出来るなら、全額借入をする場合に比べて元金がかなり減るので金利のかかり方が緩くなることは覚えておきましょう。出来るだけ返済期間は短くなる方が好ましいものです。

どのくらいの期間で完済を目指すのかにもよりますが、なるべく返済期間を短くしたいならあえて頭金があるローンを組んで、返済期間短縮から利息を抑えることに繋げてみると良いです。頭金の有無の利息差もシミュレーションで試しておくと便利です。

300万円を頭金・ボーナスなしで借りた場合お返済額

金利 毎月返済額 年間返済額 返済総額
年3.9% 55,114円 661,371円 3,306,857円

自動車学校のローンは未成年でも可能?

loankumitainayami

自動車学校のローンを組みたい、そんな時の方法

高校生になれば、自動車学校に通うことが出来ます。

特に地方の場合なら、自動車は高校卒業後就職する際すぐに必要になるため、 高校卒業までに免許を取得しておく必要がある人もいる でしょう。

また、 専門・短大・大学生で運転免許を取りたいという人 もいるでしょう。

もちろん未成年でも、高校生でも免許を取得することは出来るものです。とはいえ、最近は 高校生でも自動車学校のローンを使いたいという人 もいます。

これは自分では払えないので卒業後に就職やアルバイトなどで返済していくというものです。

続きを読む