廃車

車の廃車手続きに必要なものは?

haisilya11

廃車手続きには一時抹消登録と永久抹消登録の2種類がある
自動車の所有期間が長くなると、パーツの修理代や消耗品の交換費用、税金などといった維持費用が多額になることを理由に、所有している自動車を廃車する人が少なくありません。この廃車にするための手続きは正式には「抹消登録」と呼び、新規登録や移転登録(名義変更)などといった自動車の登録手続きの種類の一つです。

廃車手続きの方法には大きく分けて2種類あります。1つは、一時抹消登録と呼ばれるもので、入院や海外出張などが理由で、所有している自動車を長期間使用しなくなる場合にこちらの手続きを行います。登録の抹消は一時的となるため、再び自動車を使用する必要が生じた場合は、車検(新規検査)に合格して新しい車検証の交付を受け、自賠責保険に加入すれば再び使用できるようになります。

もう1つは、永久抹消登録と呼ばれるもので、世間一般で呼ばれている廃車手続きはこちらの手続きのことを指します。事故や災害などによって自動車が損傷し、修理しても自走可能になる見込みがない場合や、初度登録から年数が相当経過している場合などは、こちらの手続きを行います。

この手続きを行った場合は、日本国内では二度とその自動車を登録して公道上を走らせることができなくなりますが、外国に輸出されればその国の法律によって輸出先の国の公道上を走ることができるようになる場合があります。また、中には一時的に登録を抹消させた後に、事情ができて自動車を廃車にしたい場合もあります。このような場合は、自動車を解体させた後に書いた色どけを行わなければなりません。

一時抹消登録を行うために用意しなければならない書類は何か

haisilya12一時抹消登録を行うためにはいくつかの書類を用意しなければなりません。この書類には、事前に準備する必要があるものと、申請日当日に用意すれば良いものがあります。

事前に準備する必要がある書類のうち必須となっているものが3つあります。

  • 車検証
  • ナンバープレート
  • 所有者の印鑑登録証明書

この他にも、代理人が申請する場合は所有者の実印の押印がおこなわれている委任状が必要となり、車検証の記載事項と印鑑登録証明書の記載事項に異なる部分がある場合は、住所が異なる場合は住民票や戸籍の附票、氏名が異なる場合は戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)が必要となります。

印鑑登録証明書、住民票、戸籍の附票、戸籍全部事項証明書は発行日からの経過期間が3ヶ月以内のものに限り有効となっているので、市区町村役場から書類を取得する際は注意が必要です。

申請日当日に用意すれば良いものは、

  • 登録申請書
  • 手数料納付書
  • 自動車税・自動車取得税

これらは運輸支局の窓口で用紙を手に入れることができるので、事前に入手しなくても特に問題はありません。また、業者に廃車の作業を任せている場合は、業者が書類の取得から作成まで行ってくれるので、自分から用意する必要がありません。

永久抹消登録や解体の届出を行うために必要な書類は何か

haisilya13永久抹消登録を行う際に必要となる書類は、基本的には一時抹消登録の場合と一緒です。異なる点は、書いた色どけを伴う手続きになる点と、自動車が既に使用不能になっていることを証明できるものが必要となる点です。

例えば、自動車の解体業者から発行される解体証明書がその書類の一つで、ここに記載されている解体報告の記録が行われた日と移動報告番号(自動車リサイクル番号)が申請に必要となっています。

また、災害によって使用不能となった場合は罹災証明書が使用不能を証明可能なものになります。一方、一時的に抹消した後に書いた色どけを行う場合は、自動車の使用不能を証明可能なものと登録識別情報等通知書と呼ばれるものを予め用意し、申請日に運輸支局の窓口で書いた色どけ用の届出書と手数料納付書を手に入れて必要事項を記入し、所定の窓口に提出します。

全国運輸支局 http://www.mlit.go.jp/

登録識別情報等通知書は、一時的に登録を抹消した車両の所有者に対して交付される、車検証と書式がよく似た書類で、車両を再び登録して使用する場合や、書いた色どけをする必要が生じた場合に提出しなければなりません。この通知書を紛失した場合は理由書が必要となるので、絶対になくさないようにしましょう。

車の廃車費用の相場は

scrap

廃車費用の相場は高くありません
自動車の廃車費用はそれほど高いものではありません。自動車をスクラップにする費用の他に、運輸支局等でその名義を削除するための手続きに、役所への申請費用が数千円程度かかるだけのものです。場合によっては自動車の買い替えで新しい自動車の購入費用と相殺するケースもありますから、実質無料ということも少なくありません。

つまり、それほど高額で行うものではないので、新しい自動車の購入の妨げにならないように、業者が対応してくれる程度のものだということでもあります。申請書類作成や代行を依頼する行政書士への依頼料を考えても、1万円もあれば十分に対応が出来るものと考えてよいでしょう。なお、自動車業者の中には抹消登録を行うからということで、引き取ったものを抹消登録した後に、中古者として再度販売するケースもあります。

いったん抹消してしまえば、あとはだれがどのように使用しても、手放した側からすれば分からないですし、しかも名義がなくなっている以上は、追いかけても意味はなく、また、実質的に分からなくなるからです。乗れる状態であれば、廃車をただ依頼するよりも、買取を依頼してみるのも有効な場合があります。

抹消登録には一時抹消と永久抹消とがあります

nannba-pure-to自動車の名義を抹消登録するには、2つの方法があります。ナンバープレートを返納して行う一時抹消と、すでに解体してしまったがために、自動車の現物それ自体がすでにないということで、永久抹消と言って二度とその自動車が復活することはないものがあります。このうち一時抹消はその名称のとおり、再度ナンバープレートを付けて使用することがあり得ます。

この一時抹消には運輸支局が職権で抹消を行う職権抹消も含まれています。自動車がまだ乗れるという場合には、この一時抹消登録によりとりあえず廃車しておいて、メンテナンスを行った後に中古車業者が販売していることもありますが、永久抹消はその存在自体が運輸支局によってないこととされるために、永久抹消以後あり得ないために、二度とその自動車が登録されることはありません。
自動車の廃車を依頼した側からすれば、その自動車の名義が抹消されていればよく、その後の自動車について興味を持つ人はまずいないでしょう。特に問題にはならない話です。自動車税などの税金も抹消登録月までの納税で済むために、それ以後自動車税が課税されるkとはありませんから、なおのことその自動車に関する興味はなくなってしまうでしょう。

永久抹消も一時抹消も処理費用相場はほとんど変わりません。

maltusilyou永久抹消登録も一時抹消登録も、運輸支局等での抹消登録費用にはそれほど変わりはありません。役所での申請にかかる費用は変わりがないということです。そのため、申請費用の相場は代行申請を依頼する行政書士等への依頼料がどの程度かかるのかだけです。

その行政書士への代行申請もそれほど高額ではなく、相場自体もほとんど変わりはありませんから、自動車業者経由で依頼する場合も気にする人はまずいないでしょう。ただし、行政書士には得意不得意の分野があるため、元々自動車の登録関係を専門で行っていない場合には、相場が高めになることがあります。

安く上げたいと思う場合には、依頼する先の自動車業者に相談してみるのも一つの有効な方法ですが、業者それ自体もそれほど気にしていないことも多いので、あまり意味があるではありません。むしろ、数百円から差がある場合でも千円程度ぐらいしか差が出ないことが多いので、気にしないで済む場合の方が多いでしょう。

一時抹消も永久抹消も、その自動車の状態や所有者の置かれている環境如何で対応が変わってきますので、よほど依頼料が高額でない限りは、あまり気にしないでもいい話となってきます。

自分で登録を抹消する場合に必要な物

  1. 車検証
  2. 手数料の納付書
  3. 前後のナンバープレート2枚
  4. 委任状(所有者の実印が押してある)
  5. 印鑑証明(所有者の物・発行から3ヶ月以内)
  6. 移動報告番号に解体報告記録がなされた日
  7. 解体届出書(永久抹消登録申請書)
  8. 自動車税・自動車取得税申告書

全国運輸支局 http://www.mlit.go.jp/

事故車でも買取りしてくれるってホント?

kaitorigyousha

事故車を買取りしてくれる業者
今では車の買取りというのは通常のサービスに加えて事故車など、廃車にすることになった車でも買取可能なサービスがあります。

その為、事故車を処分することになった場合は今までの処分方法に加えて買取サービスを活用するというのも一つの選択肢となります。

自分で役所で手続きなどをして処分する従来の方法に比べると、事故車を買取サービスから処分するのはどのような面でメリットがあるのかを整理しておきたいところですが、まず金銭的なメリットがあります。これは当然の事ながら買取サービスなので、事故車でも一つの商品として査定を受けることになります。

その結果、何かしらの利益があると業者側が判断するならしっかりと値段がつきます。もし、買取サービスを利用して値段がつくという結果なら、その金額に関わらず自分で事故車を処分することに比べると大きなメリットになることは言うまでもありません。

また、こうした買取りを行っている業者で査定を受ける場合、その査定は基本的に無料で受けることが出来るので、どちらにしても廃車にするなら一度買取りサービスを行っている業者に連絡をして査定を受けて結果から判断するのが好ましいと言えます。

事故車でも買取りできる理由

jikoshakai事故車を買取りから売ることが出来るのは利用者にとってはかなり嬉しいサービスであり、うまくいけばお金を手にすることが出来ますし、仮に値段が付かなかった場合でも業者が車を無料で引き取ってくれるのであれば自分で処分をする手間を省くことが出来るので便利です。

このように事故車が買取りできるのは利益を得ることが出来るからです。業者は廃車にする車を引き取ると、その車を修理したり解体してパーツを取り出します。どちらのケースにしても国内だけではなく世界規模で考えると、海外にも大きな需要を見込むことが出来ます。

中古パーツが欲しい人にとっては中古パーツを安い価格で購入することが出来るのはとても嬉しいものですし、廃車寸前の車でも中古パーツを駆使するなど、しっかりと修理をすると海外に輸出すれば売ることが出来ます。

このように中古パーツや車を修理することで、海外での需要などから利益を求めることが出来ることから、事故車でも買取りすることが可能というわけです。海外に精通している業者であるほど、買取の実力は高いことが伺えます。

業者選びの際にそうした部分を考慮しながら業者を選んでみると上手に業者を選べます。

中古パーツや車の価値で取引内容が決まる

chuukopa-tsu事故車の買取りというのはどのような車でも必ず良い買取結果となるわけではありません。廃車にする車からパーツを取り出したり修理をして再販をするという仕組みを考えると、やはりそこには需要が無ければなりませんし、価値が無ければ良い結果で引き取ってもらうことが難しくなります。

例えば、人気車の場合だと事故車でも中古パーツの価値や需要が高いと言えますが、全く逆のケースの場合は業者にとってもお金を出してまで買取りするメリットがないことがあります。修理をして海外へ輸出するにしても、これもやはり需要や人気などは大きな影響が出てきます。

要するに自分がこれから廃車にする車がどれだけ需要があり、どれだけ人気があるのか、そして事故車と言っても様々な車の状態があるのでそうした部分によって査定結果が大きく変わってくることは覚えておきたいポイントです。どのような結果になるにしても、査定結果として無料の引き取り以上の結果になるのであれば自分にとってはその結果にメリットを見出すことが出来ると言えます。

そう考えると、廃車にするなら一度は買取を試しておいても特に損をすることもなく便利なサービスだと判断出来ます。

中古車・廃車・事故車をお金に変える方法

廃車買取りの相場は?

haisilya1

廃車買取りを行う前に業者選び
廃車と聞くと不要な車であり、走行距離も長くて車にもダメージがあり、全く価値が無い車で廃棄にもお金がかかるという印象を持つ方もいます。

しかし、廃車は実際に需要がある所にはありますし、お金を払って捨てるのではなく、むしろお金を貰える可能性があり、その為には買取り業者を利用して査定してもらう事が望ましいでしょう。

近くに廃車買取り業者が無い場合でも心配する事はなく、現在ではインターネットを使えば簡単に業者を探す事が出来ますし、複数の業者を探して無料で見積もりをとる事で、相場感が無くても業者の提示する査定額から相場を確認する事が出来ます。

一括で見積もり査定出来るサイト等もありますし、そういった所を使う事で無料で複数業者からの査定額を提示してもらえますから、値段を確認した上で業者を選択して依頼すると良いです。

ネットによる査定の場合は、こちらから提供する情報を土台に行う事になりますから、実際につく値段は違っている事は多く、本番の査定としては現物の車を見てもらう必要もあり、出張査定等の予約を行って現物を見てもらう事で本当の値段が決定されます。この出張も無料で行ってもらえますから、遠慮せずに呼んで査定してもらうと良いです。

廃車はお金にならない事は無い理由

haisilya2廃車はすでに中古車として使い物にならないようなイメージがあり、どこにも需要が無いのでお金を払って廃車手続きを行おうと考える人も多いですが、廃車は買取り業者が積極的に買ってくれますし、お金にならない事はありません。

廃車で価値が無いと思っても、業者は中古車自体に車の機能として期待していなくても、鉄等の部品の価値を見出している側面もありますし、鉄等の部品を安く買取って売るという流れもあります。

鉄部品としての需要だけではなく、他にも日本国内で需要が無くても日本車は海外で需要がある事もあり、金銭的な価値が発生しますし、海外では日本車を改造して使ったり、大型車の場合は乗り物としては使わずに、店として改造して使ったりという事もありえます。

非常に人気がある側面もありますから、乗り物としては使い物にならない廃車だとしても、活用方法があり、常に需要と供給のバランスが揺れ動いていて相場を形成しています。

廃車買取りでは鉄相場の変動等のチェックをしてから売るのも良いですし、鉄部品等は常に値段が動いていますし、今ならあらゆるものの相場変動を無料でネットツールを活かして集める事も出来ますから、相場変動を確認して高値売却出来るタイミングを狙うのも良いです。

廃車をお金にするなら

ミスター廃車マン

無料査定で入力1分で申込み完了

https://www.mr-haisyaman.com/

廃車ドットコム

廃車・事故車の査定申込み30秒!

https://www.hai-sya.com/

廃車王

全国150店舗のネットワークで高価買取

https://www.haishaou.com/

廃車になった車から取り出される鉄

まず「廃棄自動車回収解体管理条例」というものがあります。

この条例にそって廃車から外される部分

「ボディ板」「シャーシ・フレーム」「エンジン」「シャフト・ボルト・ギア」「パイプ類」「板バネ・コイルばね」「スタビライザー」「シリンダブロック」「ブレーキキャリパ」

など国の規定によりリビルド部品として利用される。

有利な値段で売却するコツ

haisilya3廃車買取りも通常の自動車の買取りと同様に、有利な値段で売却するにはコツがあり、手順としては似た部分が多いです。通常の自動車買取りを行う時でも業者選択と相場確認という2点を押さえる事によって高値で売る事が出来ます。

業者によって価格提示が違いますから必ず複数社からの見積もりをとって、その上で比較検討して、最も高い評価をもらえる業者と取引を進めていくようにします。

業者によって高い所と低い所では大きな差がありますから、必ず無料で複数社査定を行うようにするのは廃車でも同様であり、中古車自動車ではオークションでの売買額が市場相場を作っており、需要によって値段変動が起こるように、廃車でも鉄等の部品の相場変動等によって価格が違ってきます。

日刊鉄鋼新聞 鉄鋼・非鉄市中相場詳細 http://www.japanmetaldaily.com/market/details/

ですから相場変動や業者の選択という2点に注意すれば、高く売れる可能性が広がりますから、こうした情報収集が有利な値段で売却するコツでもあり、納得出来る取引を行う事が出来ます。廃車はお金を出して処分せずに、需要のあるタイミングで需要のある所に売って処分する事がポイントになりますし、決して車としての機能が悪くなってしまったからと売れないというわけでは無いです。