車の廃車費用の相場は

scrap

廃車費用の相場は高くありません
自動車の廃車費用はそれほど高いものではありません。自動車をスクラップにする費用の他に、運輸支局等でその名義を削除するための手続きに、役所への申請費用が数千円程度かかるだけのものです。場合によっては自動車の買い替えで新しい自動車の購入費用と相殺するケースもありますから、実質無料ということも少なくありません。

つまり、それほど高額で行うものではないので、新しい自動車の購入の妨げにならないように、業者が対応してくれる程度のものだということでもあります。申請書類作成や代行を依頼する行政書士への依頼料を考えても、1万円もあれば十分に対応が出来るものと考えてよいでしょう。なお、自動車業者の中には抹消登録を行うからということで、引き取ったものを抹消登録した後に、中古者として再度販売するケースもあります。

いったん抹消してしまえば、あとはだれがどのように使用しても、手放した側からすれば分からないですし、しかも名義がなくなっている以上は、追いかけても意味はなく、また、実質的に分からなくなるからです。乗れる状態であれば、廃車をただ依頼するよりも、買取を依頼してみるのも有効な場合があります。

抹消登録には一時抹消と永久抹消とがあります

nannba-pure-to自動車の名義を抹消登録するには、2つの方法があります。ナンバープレートを返納して行う一時抹消と、すでに解体してしまったがために、自動車の現物それ自体がすでにないということで、永久抹消と言って二度とその自動車が復活することはないものがあります。このうち一時抹消はその名称のとおり、再度ナンバープレートを付けて使用することがあり得ます。

この一時抹消には運輸支局が職権で抹消を行う職権抹消も含まれています。自動車がまだ乗れるという場合には、この一時抹消登録によりとりあえず廃車しておいて、メンテナンスを行った後に中古車業者が販売していることもありますが、永久抹消はその存在自体が運輸支局によってないこととされるために、永久抹消以後あり得ないために、二度とその自動車が登録されることはありません。
自動車の廃車を依頼した側からすれば、その自動車の名義が抹消されていればよく、その後の自動車について興味を持つ人はまずいないでしょう。特に問題にはならない話です。自動車税などの税金も抹消登録月までの納税で済むために、それ以後自動車税が課税されるkとはありませんから、なおのことその自動車に関する興味はなくなってしまうでしょう。

永久抹消も一時抹消も処理費用相場はほとんど変わりません。

maltusilyou永久抹消登録も一時抹消登録も、運輸支局等での抹消登録費用にはそれほど変わりはありません。役所での申請にかかる費用は変わりがないということです。そのため、申請費用の相場は代行申請を依頼する行政書士等への依頼料がどの程度かかるのかだけです。

その行政書士への代行申請もそれほど高額ではなく、相場自体もほとんど変わりはありませんから、自動車業者経由で依頼する場合も気にする人はまずいないでしょう。ただし、行政書士には得意不得意の分野があるため、元々自動車の登録関係を専門で行っていない場合には、相場が高めになることがあります。

安く上げたいと思う場合には、依頼する先の自動車業者に相談してみるのも一つの有効な方法ですが、業者それ自体もそれほど気にしていないことも多いので、あまり意味があるではありません。むしろ、数百円から差がある場合でも千円程度ぐらいしか差が出ないことが多いので、気にしないで済む場合の方が多いでしょう。

一時抹消も永久抹消も、その自動車の状態や所有者の置かれている環境如何で対応が変わってきますので、よほど依頼料が高額でない限りは、あまり気にしないでもいい話となってきます。

自分で登録を抹消する場合に必要な物

  1. 車検証
  2. 手数料の納付書
  3. 前後のナンバープレート2枚
  4. 委任状(所有者の実印が押してある)
  5. 印鑑証明(所有者の物・発行から3ヶ月以内)
  6. 移動報告番号に解体報告記録がなされた日
  7. 解体届出書(永久抹消登録申請書)
  8. 自動車税・自動車取得税申告書

全国運輸支局 http://www.mlit.go.jp/

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*