車のパンクの原因と費用!未然に防ぐ方法は

punk4

車のタイヤがパンクしてしまう経緯について
自動車のタイヤは安全に走行させるためには非常に重要なパーツとして知られています。走行前点検としてタイヤを見ることは基本とされていますが、普段からタイヤをチェックする癖を付けることも良い方法です。自動車のタイヤに関しては時にはパンクしてしまうことがあるものとしても理解されています。

その経緯に関しては走行中に異物を踏んでしまうことが原因となる場面が多々見られます。例えばネジや釘、他にも金属製で鋭角状で細い物体ならば、タイヤのゴムに刺さってしまうことが多く、その他には割れたガラスなどの上を走行させてしまった場合でも、パンクしてしまうことがあるために、路面状況に関しては常に配慮が必要とされています。

また、長期間にわたって駐車していた場合でもパンクの原因となる場合があるために、小まめに点検作業を行うことが推奨されています。一般的なアスファルトの路面の場合では、パンクの原因となるものが分かりやすい傾向にありますが、山道など路面が土などでできているような道路では、土の中に石が入っている可能性を持っており、走行している速度によってはパンクの原因となる場合も見られるために、注意することが大切になります。

パンクの修理方法と費用等に関して

punk実際にタイヤがパンクしてしまった場合では、その対処方法が状況によって変わることになります。例えば自宅の駐車場で発見した場合では、状態によっては空気が多く抜けてしまっている場合もあり、道路を走行させることが難しい場合があります。

このケースではスペアタイヤに交換した上で、カーショップやディーラー、修理工場などに持ち込むことによって、修理を済ませることができます。また、走行中に気付いた方の場合では、釘やネジなどが刺さっていても、状態次第では抜かずにカーショップ等まで走行した上で修理を依頼することが良い方法になるケースが見られます。

刺さった釘などをプライヤーなどで抜いてしまった場合では、その場で空気が一気に抜けてしまう可能性が高いために、状況を見極めることが必要です。修理費用に関しては一般的には1000円程度から2000円程度に設定されていることが多く、パーツの修理費用としては高いとは言えないものとされています。また、修理費用は刺さっている状態や本数などによっても変わるためにタイヤの消耗度などを考慮した上で、新品タイヤに交換するかどうかを決定することも良い方法になり、場合によっては費用を実質上節約することもできます。

タイヤのパンクを防ぐために行いたい項目について

punk2自動車のタイヤはゴムで構成されているために、自然と劣化が進むものとしても知られています。パンクなどを起こしてしまう原因は、外的な部分と自然劣化による内容、タイヤを縁石などにぶつけてしまった際も引き起こされる可能性があります。

未然にトラブルを防ぐ方法としては、走行中に路面をしっかりと目視することが良い方法になりますが、急なアクシデントによって上手に対応できない場面もあります。基本的にはタイヤを定期的にチェックしておき、溝に関してもゴムのトレッド部分が薄くなっている状態を避けることがトラブルを防ぐためには効果的になります。

タイヤのパンクなどのトラブルを防ぐには

  • スリップサイン

タイヤの溝ので判断!一般的に言われている交換時期は約3mmと言われています。法令違反ですので1.6mmになるまでに交換をしましょう。

  • タイヤのヒビ

ヒビは様々な原因が考えれますが、主に年数による劣化です。また道路の熱や紫外線にタイヤの空気圧の低下によりヒビがしょうじる、また荷重圧や縁石など乗り上げなどでもヒビ割れになるので注意が必要です。

  • タイヤの使用年数

タイヤはゴム製品でできていることは、ご存知でしょうが様々な素材で出来ています。ゴムの特性上どうしても時が経てば使用してなくても、油分が抜ける。新品から使用して交換目安としては3年から4年位で交換するのが最も良いみたいです。

タイヤの使用状況や環境などで変わってきますが、5年を経過したタイヤは専門業者に一度診てもらうことを、お勧めしますタイヤのパンクやスリップの原因にもなる「溝」「ヒビ」にタイヤの寿命である「使用年数」による劣化などで、駆動力に制御力が低下し事故の原因になるので、必ず定期的にタイヤのチェックも忘れずにすることが大切です。

なかには防ぎようの無いアクシデントもありますが、応急処置用としてゴムを接着するための道具や、空気を入れるための道具などが用意されているキットも販売されているために、車内に用意しておくことでもトラブルを防ぐことは可能になります。

また、タイヤの側面に対してもチェックを怠らないこともトラブルを防ぐためには効果的になり、側面の異常に関しては一般的には修復することが困難な場所になるために、異常に気付いた場合では、できるだけ早期にタイヤ交換を済ませておくことによって、安全に自動車を走行させることができます。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*